山梨の犬たちへ

随分、久々の更新となってしまいました。
パソコン起動も併せて久々です。
小林さんともここしばらくは連絡出来ていません、
何一つ出来ずでとても申し訳なく思っています。

犬たちの穏やかに暮らす様子を毎日のように
スマホから 学生さんのブログ へアクセスして拝見しています。
もちろんホーム画面にブログ・アイコンあります。
村田さんはじめ、みなさん動画をアップされたり
犬たちの表情豊かな画像を掲載されたり、と
一生懸命で、感謝するばかりです。

山梨wankoたちの姿は、私にとっては心の処方箋です。
年老いても「不安」や「哀しみ」や「さみしさ」を感じられない
いい写真がほとんどですね。
頭数が減ったことは、
現実的にはさみしいですが(特に亡くなった場合)、
今も現地で暮らす11頭の犬たちと、預かり犬1頭が
ようやく人間に対して、つらい過去の記憶を消しかけている、
そんなふうにとても感じています。

最後の1頭まで。
当初の意気込みはゆらゆらと揺れ続けているのが、正直な想いです。
(病は)進行していると感じられ、
薬の効き目が弱くなっているようです。
現在ふたつの難病と向き合う日々ですが、
ポキッと折れそうな精神状態になりかけた時は、
いつも山梨wankoたちの写真を見ます。
2頭の愛犬へは、愛情と飼い主としての責務全う。
這いつくばってでも、石にかじりついてでも
その信念を遂行したい、しなければ、と強く思います。
そして、
12頭の山梨の犬たちへは、
穏やかな日々がつぐむ幸せな生涯を心から願い、
いつも私の心の支えになってくれた何年間もの日々への感謝です。
どうか、最後の1頭が穏やかなままで幸せに旅立つその日まで
(願わくば譲渡という形で)、
みなさまの心の片隅に 12頭 の居場所を設け、
その小さな居場所を守ってあげて欲しいと、心からお願いいたします。

私も出来る限りブログを継続できるように
努力したいと思います。

かつて現場の土に還っていった多くの多くの山梨wankoたち
私たちは、そこに至る経緯も、当時の過酷な環境も、
恵まれてはいなかった日々の食餌と、常に耐えていた空腹感も
一生涯決して忘れません。

12頭の幸せを、穏やかな日々を、
今は亡き山梨wanko・ボスのタロウと共に
心より祈っています。

tarou


ありがとうございました。

現地のこと(台風11号)

今回の大きな台風11号上陸のニュースで
山梨現地をご心配下さっているみなさまへ、
今朝小林さんと連絡がとれましたので
ご報告したいと思います。

実は昨夜遅く何とかメールでは連絡取れたのですが
何しろ天候不順の時には電話がより一層繋がりません。
小林さんが町へ下りられる頃を待ち、早速電話をしてみました。
犬たちも変わりなく、以外にも風も吹かず
雨もそれほどの雨量ではなかったそうです。
やれやれですね、よかったです。
何しろ犬舎のすぐ後方に、川があるので心配していました。
でも、その心配は過去にまさか川が氾濫して
流された犬がいたことなど予想もしないようなものだった
と思い知りました。

川といっても小川なのですが、
何年か前に台風の時川の水があふれ
犬舎の方へ押し寄せて、1頭が流された、との話を
今日始めて聞きました。
きっと私には真実を語られなかったのだと思います。
おそらく、亡骸を発見できなかったからでしょうか、
訃報のお知らせはなかったと記憶していました。
だけど、
自分が体調不良でブログを休みがちだった頃かもしれない、
そう思って、学生さんのブログで確認してみました。
やはり、その犬・ムクの訃報記事はありませんでした。
あるいはムクはそのまま、山中で過ごしていたかもしれません、
きっと小林さんの無事でいて欲しいとの願いが
亡くなった犬としての報告ではなく、
元気な犬たちの頭数から1頭を外したのだと思います。
なぜなら、8月27日という日付を覚えておられるからです。
二年前とも言っておられました。

muku_20140811145253000.jpg

ムク です。(学生さんのHPからお借りしています)
アスカや伸くん(旧シン)と兄弟犬でしょうか、
毛並みや顔が似ていますね。
山の中での写真ということは、そうなんです、
ムクはギンやハヤブサと同じ裏山への脱走組でした。
(2010年10月には、犬舎にいたムクです。)

http://yamanasiwanko.blog3.fc2.com/blog-entry-461.html

その後記事に登場している犬たちは、
すず 以外はもぉ亡くなりました。
(ハヤブサを快く受け入れてくれた同居犬のソウタもお星様に)

今日は一時間会話した最後の方に
ムクのことを聞きましたので、詳しくは聞けていませんでした。
今度ムクについての思い出やエピソードを
お聞きしたいと思います。

さまざまな生涯を辿ってきた山梨の犬たち。
400頭を越す頭数の頃には
人知れず死んでいった犬たちがどれほど多くいたことでしょう。
そのことを想う度に、
すべては、私たち人間の責任、罪なのだと憤ります。
学生さんのブログ・訃報記事のカテゴリーを
リンクさせていただきたいと思います。
是非、お時間ある方は、
現地でその生涯を閉じた犬たちの在りし日の姿を
ご覧いただければと願います。

http://tatou0225.blog81.fc2.com/blog-category-21.html

それから、
大切なご報告が最後になりました、ごめんなさい。
前月27日に亡くなったカナの大の仲良しのコロン。

koron.jpg

その後元気がない様子を小林さんも心配されていたのですが、
コロンは元気になったようです。
暑い日中は、ジョウロで頭に水をかけてあげると
大喜びしたり、食欲も戻ったようです。
頭数が少なくなり小林さんが1頭1頭に向き合う時間が増えたのが
やはり犬たちは嬉しいのだと思います。
先日より、レトロが学生さんのおうちで家庭犬トレーニングです。
小林さんお墨付きの「譲渡可能」な気立ての良いレトロ。
がんばって、きっと幸せをつかんでね!

現地で暮らす山梨wankoは11頭です。
台風を心配されたマルコさんから連絡があり
犬たちの頭数を聞いたマルコさんは驚かれたようでした。
マルコさんは室内で現在17頭いて、
多分屋外にも保護犬がいるようで、
小林さんに何れは手伝いに来て!と言われるそうですが、
小林さんは山梨からは離れないと、
私は思っています。

と、少し横道に逸れてしまいましたが、
台風の影響は全くなかった(倒木もナシです)ことと、
過去に台風の犠牲になったかもしれない
山梨wankoがいたことを
お話したいと思いました。

いつも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

すずは正真正銘の♀

台風11号の影響が現れてきていますが、
九州・四国にお住まいのみなさんは、どうぞ
くれぐれもお気をつけてくださいね。
と、言いながら神戸でも大雨と強風!
一時間ほど前に「土砂災害警報」が発表されました。
自宅の、遥か後方ですが、六甲山が連なり
何でも大昔にかなりの水害があったそうです。
今夜あたりから中国・近畿地方も暴風域圏内とか。
山梨が気になりますが、時間的なことかもしれません、
現在は電話がつながらない、というか電波状況が悪いようです。
関東甲信越はまだ明日以降なので、大丈夫かなぁ。

suzusan.jpg

 現在すずを預かっている学生さんから送られてきた写真です♪
クリックすると拡大すずが見られますヨ。

小林さんに、まさかすずも♂犬じゃぁ?とお尋ねしたところ
「いえ、すずは正真正銘の♀犬ですよ!!」とのお応え。
預かり学生さんから、すずは♀でしたよ!って聞いていたから
自身満々だったのでしょうね。
さちほの時もお風呂へ入れてる時に
♀ではなく♂だと村田さんが報告され大笑いの小林さんでした。

何しろ、ここへきて現場ワンコ性別詐称疑惑?が多発。
まぁ、本当は♂犬なのに、
「さやか」「雪」「さちほ→現在はさっちゃん」たちは
本犬たちも、完璧女子名でも許せるのかもしれませんね。
それに比べて♀犬に生まれながら
「コテツ」「ベン」「ポチ」「アスカ」。。。。
でも、名前つけてもらってるだけでもいいですもんね。
小林さんはいつも楽しそうに性別と名前の不一致を語られますから。
それも個性的でいいかなと思います。

実は、私も初代の愛犬は、
(通り過ぎる女子高生の黄色い悲鳴が飛ぶほどに美形だった)
つぶらな瞳の♀犬に「コロ」と名付けていたのでした。
理由は単純、コロコロして可愛かったから。
どこかのおじさんが歩いていた私を突然引きとめ、
「おい、ねえちゃん、この犬やるわ」って仔犬を押し付けて
自転車で走り去ったのでした。(当時はまだねえちゃんでした)
思えば、それから私の犬人生が始まったのでした。
※ほんとうは猫好きだったのですが。。。
余談はこのへんにしておきますね。

さて、お嫁入り間近の すずさん ですが、
中々以前は相当なオテンバさんだったのですヨ。
オテンバというより、旅好き?逃避行癖?
何しろ、小林さんとの電話では必ず
すずの安否確認からでした。

suzu_201408091117351ce.jpg

↑裏手の山で悠々自適の日々を満喫するすずさん。
(小林さんからの写メです、件名は「すず発見!」

すずN

まだ初期のガラケーの頃なので画質は劣るかもしれませんが
小林さんの力作だと思います、すずさん、凛々しい!

逃走中もごはんの時にはすぐ近くまでやってきては完食。
気がつけば、すずさんの姿はソコにはなく。
無理にでも捕まえようとすれば、
あるいは可能だったかもしれませんが、
それは小林さんの意に副わない方法と思われ
すずさんは、長い長い旅に出ていたのでした。
多分、徐々にすずさんも、
冒険より平凡ながらも安心できる居場所を選んだように思います。
いつの頃からか、
小林さんの視界にちょこちょこ登場するようになったすずさん。
「ねぇ、いい加減にワタシをつかまえてよぉ。」
きっとそう言いたかったのかな。
自らの意思で小林さんの元に戻ってきた、そんな気がするのです。

よかったね、すずさん。
あなたは幸運の持ち主。山中で熊に襲われることもなく
野生の猪と出会うこともなく、戻ってこれたのだから。
そして、これからあなたを迎えてくれるご家族が待っていてくださる、
そのことに、心から感謝しましょぉね。
すずさんの幸せな旅立ちが一日も早く訪れますように。

いつも最後までお付き合いくださりありがとうございます。

カナさん、やすらかに。

小林さんから訃報が昨夜届きました。

今日午後2時カナが死去しました。
享年 16歳 雌
3日前より食欲なく水を嘗める程度で哺乳瓶より
又レトルトを水で薄め食べさせたりしましたが力尽き旅立ちました。
学生たちが最後看取ってくれました。
カナの冥福を祈りご報告致します。

尚 火葬は明日10時に予定してます。

平成26年7月27日 都留市 小林


カナさんの死を知り、表現できないような感覚に陥りました。
6月25日に亡くなったらん丸の時も同じでした。
いえ、厳密には少しだけ異なります。
きっと、それはらん丸の死からカナさんの死までの一か月、
幸せな山梨wankoたちの「現在」に
日々私自身も幸せを感じていたからのような気がしています。
ベンちゃんの仮譲渡も含め、又行く先の決まっているすずさん、
そしてまるで真夏の太陽のように降り注がれる愛情を知った
あきちゃん、伸君、さちほ=さっちゃん、たちの様子に
ふと、小林さんとの会話を思い出していました。

「山梨の犬たちはみんないい子ですね、予想とは違い
人間にも友好的で、他の犬に対しても攻撃性もないですものね。」

「そうですねぇ、それは頭数が減り
僕が1頭ずつかまってやれるようになったからでしょうね。
以前は、そうしたくても中々1頭ずつ、
という訳にはいかなかったですからね。」  小林さん

「そうですよね、
8年前私が初めて小林さんとお話しした時の頭数は
145頭でしたから。
いろいろ。。。ありましたね。」

「ほんとにいろいろとありましたね。
みんないい子です!今すぐにでも譲渡可能な犬が3頭います。
幸せな旅立ちは大歓迎ですよ、
でも慎重にやっていきたいと思っています。」   小林さん

そんな会話の内側で、
幸せな旅立ちから距離を置いている犬たちがいます。
先日の記事でお伝えしたエース。
そして、カナもまたエースと同じように
生涯現地で過ごす(だろう)犬でした。

犬の幸せは、犬にしかわかりませんし、
個体差(性格の差)もあるので
一概に人間の価値観を押し付けるものではないと
心に命じています。

それでも、やはり今幸せそうな山梨wankoたちを目にする度に
心の一番深い部分が疼いてしまいます。
もちろん、小林さんの深い愛情があればこそ
現地で暮らす現実も
犬たちにとっては幸せなのだと思っています。
学生さんたちからおやつをもらったり、
声掛けしてもらったり、そんな時間も
現地の犬たちにとっては
幸せなひとときだと思うのです。

上を見ればきりがないのかもしれません。
カナさんの写真があまりないので
せめてカナさんのことをお尋ねしようと
朝早くにお電話したのですが、
繋がりませんでした。
今頃は、火葬され白い煙になり
たくさんの仲間がいる世界へ。(10時20分です)

中断します、小林さんからのコールのようです、
すぐにかけ直してみますね。

ここからは、小林さん談から
私が感じたことです。

カナさんは、数日前から急にごはんを食べなくなり、
それでも最期は学生さんが献身的に看病され、
とても幸せだったように思います。
スプーンでレトルトフードを口元に添えると
ペロペロとなめたカナさんは、
精一杯のお礼の気持ちで、
学生さんの望みに応えようとしていた、そんな気がします。

そして、カナさんは
アスカや伸くん(旧しん)と同じように
ビルで共に過ごしました。
現在少し体調の悪いコロンも、みんな
同じビルでぎゅうぎゅうに詰め込まれて
過ごしていました。
前犬たちの飼い主の飼い方に問題が多く、
近所からの苦情もあり、
市と小林さんが動き、現在の居住区へ
移ったとのお話でした。
カナさんの分まで今
伸君はとても幸せに暮らしています。
これからもどうか先に旅立ったアスカと共に
見守ってあげてくださいね。

さみしくなりました。との言葉は
小林さんとの会話中必ず幾度か聞こえます。
数百頭の犬たちを長い間お世話し続けた小林さんは、
わずか十数頭になった現実と向き合い
どのような想いを山梨現場の空に放っているのでしょうか。

20140727kana1.jpg

甲斐犬のような毛色のカナさん。
カナさんには、ひまわりがとっても似合う、と
そう思いました。
ひまわりが咲き乱れる広い広い世界で
心ゆくまで楽しそうに走ってね。
その世界には、カナさんが引きこもる理由などないのだから。

カナさん、長い間がんばってくれて
ほんとにありがとうね。
どうかやすらかに眠ってくださいね。

カナさんのご冥福を心より
お祈りいたします。

※カナさんの画像と以下のプロフィールサイトは
学生さんたちのHPよりお借りしています。

カナさんのプロフィールです。

長々とまとまりのない記事を
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

ほんとうの幸せ

「この世の最大の不幸は、貧しさでも病気でもありません。
自分が誰からも必要とされないと感じることです。」

有名なマザーテレサの言葉です。
私自身、誰からも必要とされていない、そんなふうに感じることは、
特にここ数年幾度もありました。
その心が更に精神までも、を病ますのだと気づいたのは
僅か一ヶ月ほど前のことでした。

殻に小さなヒビを決意の元いれてしまえば、案外殻はペリペリと
私一人が這い出るほどの隙間が作れる、そんなことにも
まるで他人事のように知らぬ存ぜぬを決め込んでいたようでした。

ひとつ言えることは、
自分は誰からも必要とされていない、と感じる時でも
うちの犬たちにとっては誰よりも
私は必要な存在であり続けているということです。

孤独を感じるのは
人だけなのだろうか?
そんな自問をもぉ何度も何度も投げかけてきました。
なぜなら、
その自問の先には、125頭の山梨wankoたちの姿があったからです。
あれから8年。
現在の(多頭登録犬数)14頭
(預かり先のベンちゃんをいれると15頭です)
は、以前と異なり小林さんが傍にいてくださるので
孤独を感じることもないと思います。
125頭の犬たち。
おそらく声をかけてもらうことのない日が続き、
毎日同じ景色をうつろに眺め、
人恋しくても額を撫ぜてもらうこともなく、
そんな環境に置かれた犬たちの姿を
ずっと心に貼り付けてきました。

もちろん、譲渡先への条件が多少厳しいのは当然だと思います。
けれど、何よりも大切なのは
人に関心を抱いてもらうこと、名前を呼び、声をかけてもらって、
やさしく背中や頭を撫ぜてもらうこと。
孤独を感じない、人との家族との関係こそが
何よりも大切であり、
最も里親様に求められることのように思うのです。

小型犬なのに、屋外で繋がれたまま飼われている犬もいます。
まるで虐待!と思います。
繋がれることにより自由は奪われます。
短いリードで動ける範囲だけが、その犬の居場所です。
ひどい環境だと憤ります、
けれども飼い主に注意することは出来ません。
私ごときに言われたからといって、
改善するとはどうしても思えないからです。
以前にも、
屋外で劣悪な環境化で飼われていたミニダックスがいました。
飼い主にそれとなくやんわりと言ってみましたが、
人がどなんなふうに犬を飼おうと自由だ、
昔から犬は外で飼うもんだ、と
おばあさんは憤慨して言葉を投げつけました。

ある日、その犬(シーズーです)が
嬉しそうに散歩をしている姿と出会いました。
それでも、その犬は時折飼い主の顔を見上げて
ほんとうに嬉しそうに(まるでスキップしてるかのように)
散歩しているのを目にした時、
あぁ、自分の物差しですべてを判断するのはやめよう、
自分のあくまでも理想論を目の前の現実に重ねるのはやめよう、
とそう思いました。

犬にとっての
ほんとうの幸せ
それは当の犬にしかわかりません。
けれど、
自分が愛されていること、必要とされていること、
それらをきっと充分に感じ取り受け止めて
出来る限りその想いに応えようとする、
そんな豊かな感受性を兼ね備えるいきものであると思うのです。

特定の人に愛されぬままに
その生涯を閉じた多くの山梨wankoたち。
哀しい命たちの為にも、
譲渡された山梨wankoのイマの幸せを
心から 私は幸せに思います。

これまで、山梨wankoたちの里親様になって下さった
すべての方々に、この場をお借りして
小林さん共々、心より厚くお礼申し上げます。
犬たちに、本当の幸せ を授けてくださって
ありがとうございました。

最後までお付き合いくださり感謝いたします。

台風の影響は?

連日の台風情報に、山梨現場をご心配下さっている方たちも
多くいらっしゃるかと思います。
中々電話が繋がらず、ようやく10時を過ぎた頃に
小林さんとお話出来ました。

大丈夫でした、「台風ほんとにきたの?」
という感じだったようでした。
小林さんは、それでも大雨予報にたいそうご心配され、
というのも河が氾濫するおそれもあるからでした。
いつでも迅速に対応、動けるようにと
昨夜は着替えもせずに、一晩中起きておられたようです。
何もしないと眠ってしまうかもしれないので
ずっと朝まで本を読んで眠気と闘っていた小林さん。
それでも、いつもと変わらないお元気な声だったので、
安心しました。

簡単なのですが、
取りあえずは、台風の影響のなかった事だけを
お知らせ致しますね。

あまりに簡易記事で愛想がないので、
私の大好きな写真を掲載させてくださいね。
瀕死のさちほが、元気を取り戻した頃に
学生さんが写した写真を以前に送っていただきました。

2ショット

その他にも、ボスのタロウと小林さん、
ポンタとベッドの上でくつろぐ小林さん、
カイばぁちゃんと寄り添う小林さん。
それらの写真を見る度に、
山梨の犬たちと小林さんは、大きな大きな家族なのだと
そんなふうに思います。
これから、台風シーズンの到来です。
山梨現地がどのような自然災害からも、
山の神さまに護られますように。
そう願わずにはいられません。

ご心配下さったみなさま。
現地の犬たちはみんな無事ですので
どうぞご安心くださいね。

ありがとうございました。

エースのこと

久々に、小林さんと約一時間ほど話しました。
やはり活字だけのやりとりでは感じ取れない話題も
多く聞かせていただきました。

まず第一声は「今、入院中です」
という小林さんの電波に乗った発信でした。
驚く私に、笑いながら(多分) 「車ですよ」の応答。
やれやれ、でした。
何しろ10万キロ以上の走行距離プラス諸事情により
愛車は現在、快復を目指して入院中です。
一応代車があるようです、なので
秘境ともいうべき山奥の現地と町との往復は
今のところ支障なしですから、ご心配されませんように。

話題は、再び瀕死の状態で発見されたさちほのこと。
私もさちほの強運にあやからねば。との言葉に、
「いや~ぁ、むしろ
さちほが夏ママさんの強運にあやかったんですよ」。
と言葉を返す小林さんです。
ふぅむ、あるいはそうかもしれない…
などと後に思ったのは、
今のところ生存率30%をクリアして
こんなふうに生きているのですものね、
もしかすると凄い強運の持ち主なのかも?
強運というより、
天国のうちの犬たちが守ってくれているのかなぁ。
小林さんのお手紙には、いつも
山の犬たちと祈っていますよ、と書き記してくださっています。
生かされている命を無意味に使い果たさないように
がんばらねば!



前置きが長くなりました。
今日は、エースのお話を。
昨日の会話で最も心に残りました。

easu.jpg
※写真は、学生さんのHPからお借りしています。

エースは、中々のイケメンわんこで、サニー、ひかりとの
兄弟わんこです。
以前にも記事で紹介しましたから、既に読まれた方は
重複記事内容になります(ごめんなさい)。
学生さんが書かれているように
おそらく現場では一番若い犬なので、
何とか家庭犬としての幸せを、ご縁を繋げてあげたいとの
そんな強い望みの中、一時預かりをスタートされました。
学生さんの預かり日記を読み、
エースもいつかは譲渡された仲間たちのように!と
いつも願っていました。けれど、
小林さんが、「エースは現場へ戻ってきたんですよ」
との突然の言葉に、エースの生い立ちが記憶から這い出てきました。

エースの話はこれまでも幾度となく小林さんとしていました。
山で生まれたエース。
母犬はあるいは元家庭犬だったのでしょうが、
野犬として生きるしか術もなく
懸命に山中で生き延びたと思われます。
母犬は、エース、サニー、ひかり、の3頭の仔を産み、
その仔たちを大木の祠(のようなわずかな空洞)に残したまま
仔犬たちを守る為に野生の猪と闘って、死んでしまいました。
小林さんはすぐさま仔犬たちを保護して
連れ帰ったのだそうです。

その後、逃走したエースは山中でトラバサミに捕らわれました。
何とか麻酔(吹き矢)で暴れるエースを保護。
やがて麻酔から覚めた目の前に小林さんが。。。
「エースは、痛かったり怖かったりは
すべて僕の仕業だと思ってるんですよ」と小林さん。
以来、人間に心を開くことに背を向け続けたエース。
学生さんの懸命な努力と愛情を受け入れられず、
人馴れも厳しいとの小林さんの判断で、
譲渡をあきらめ生涯山で共に暮らす為に
現場へ連れ帰ったようでした。
現地へ戻ったエースは幸せそうにしていて、
ようやく小林さんには心を開たエースは、
山で生涯を送ることになりました。

※以前K地区に居たエースは、
仲間たちが旅立ったり移動してゆく中
遂に最後の一頭になり、N地区へ移動しました。
その頃より、小林さんに少しずつ心を開いていったようでした。

あきちゃんや、伸くんや、さちほのように
新しい環境に馴染み、幸せな日々を得る犬もいれば、
エースのように、
山で生まれ山で生涯を送ろうとする犬もいる。
あきちゃん、伸くん、さちほが今幸せなように、
エースも又、小林さんの傍で過ごす幸せを
感じているようにも思うのです。

犬はとても感受性も豊かで頭脳も発達していますね。
エースが、今後も穏やかに山の神さまに見守られながら
その生涯を過ごせますように、と
祈らずにはいられません。
エース、小林さんの傍で幸せにね。


最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

らん丸遅くなりごめんね

                  ティネケ

既に
ご存知の方も多いかと思います。
学生さんのブログでも、
村田さんが追悼記事を更新して下さっています。

http://tatou0225.blog81.fc2.com/blog-entry-1169.html

現場で犬たちと触れ合っているからこその文章と
在りし日のらん丸の姿に心打たれます。
動画では、らん丸の最期の姿、
おやつをもらう場面が映されていました。
最近ほんとうに
多方面で行動してくださってる村田さんはじめ学生さんたちに、
すっかり甘えてしまい、更新を怠ることこの上なし、
でごめんなさい。
というか、もぉ自分の役目は終わったのかもしれない、と
都合良く考える日々でした。

頭数も信じられないほど減少してしまいました。
哀しいお知らせもあります。
でも、10才を過ぎた山梨の犬たちが譲渡される現実が
最近続いています。
過酷な環境で生きてきた山梨の犬たち、
その余生を受け止める覚悟・決断をしてくださった里親様たちには、
心より感謝しています。
余程の想いが重ならなければ実行出来ることではない、
そんなふうに思うのです。
それと同時に
ここ数年、山梨の犬たちの「受ける印象」が
随分以前とは異なってきています。
十分、家庭犬としてこれからの日々を
幸せに過ごせることが可能だと、
小さな光がみるみるうちに大きく光り輝いてきたような感覚に
心から嬉しく幸せに思います。
山梨の犬たちは、決して飼うことが難しい、そんなことは断じてない!
そんな印象を与える学生さんのブログ、そして
里親さまのブログだとつくづく感じます。

伸と一緒に譲渡された(まだ仮だったかもしれません)さちほ。
さちほは、まさしく生命力の強い強運の持ち主です。
実は、みなさんに隠していたのですが、
さちほはあの大雪の頃に逃走しました。
もぉだめかもしれない、と小林さんがあきらめかけて、
それでも思い直してあきらめずに
山へ探しに行かれたところ、
瀕死のさちほを発見されました。
その時の画像を送って頂いたのですが
とても生きているようには見えず、一人案じていました。
ところが、数日後には
大好きなジャーキーを笑顔で頬張るさちほの写真が。

そして、
瞬く間に村田さんのおうちで伸(旧姓しん)、さちほは共に
家庭犬としての訓練?をスタートさせました。
今では、うらやましいような環境で伸とまったりと過ごしています。
あぁ、さちほの強運に私もあやかりたい!いえ、あやかろう!と
思う今日この頃です。
伸とさちほの里親さまのブログは、
こちらの トトの間へようこそです。

らん丸は家庭犬としての幸せは知らなかったかもしれません。
そのことを学生さんの村田さんは悔いておられます。
でも、私は思います。
慣れ親しんだ現地と犬舎と、そして何よりも最期まで
「小林さん」を感じられる場所で生涯を閉じたこと、
決して不幸だとは、どうしても思えないのです。
週末には若い学生さんたちの姿もあり、
平日は、いつも同じように時間が流れ、
生活のリズムを崩すことなく
一日のほとんどを夢の世界で過ごす、
そんな日常はらん丸にとって、
当たり前に「生きること」の穏やかさを
与えてくれたように思うのです。
村田さんはじめ学生さんたちは、
ほんとうによくやってくださっていますね。
支援者の一人として、心から感謝するばかりです。
ありがとうございます。

犬にも、そして人にも様々な生き方がありますね。
私もいい加減あまりくよくよせずに、我が家の犬たちの為に
少しでも前向きにがんばってみようと思います。

らん丸
訃報をお知らせする記事の更新がとても遅れてしまって
ごめんなさい。
らん丸は、唯一最後まで小林さんに噛み付いていたようですね。
もちろんもっと若い頃でしょうけれど。
らん丸、と言えば、
小林さんからお聞きしたそのエピソードを思い出します。
長い間、お疲れさまでした。
どうか、やすらかに眠ってくださいね。
らん丸のご冥福を心よりお祈りいたします。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

あすかの旅立ち

                      ティネケ



さきほど、小林さんから
訃報が届きましたので
お知らせいたします。


本日朝 あすか死去しました。
昨日のみ餌を食べず、若干手から缶詰を舐める程度でした。
相棒のしんが学生宅に引き取られた日から元気が無かった。(12日)
一緒に行く予定でしたが便検の結果色々種類の虫が見つかり、
完治後に成った矢先です。
あすかの冥福を祈りつつご報告致します。
享年 15~16歳

平成26年4月16日 都留市小林

追伸 埋葬は明日17日に致します。



すぐに電話をかけました。
泣いてしましました。
本来なら、あすかは幸せな旅立ちをする予定でした。
しんとあすかを迎えてくださる、との申し出が
支援者さまからあり、小林さんはとても喜んでおられました。
そして、山梨の犬たちのなかで、
あすかとしんほど仲の良い犬たちはいない、
そのお話に涙が止まらなくなりました。
けれども、
現地の犬たちのほとんどが老犬である為に
死去の原因は明確にはわかりません。
些細なことであっても、
引き金になることもあり得るでしょうし、
あすかの場合は、しんが学生さんの家に行った日から
少しばかり元気がない様子、それでもごはんは
残さず食べていたようでした。
しんがいなくなったからかもしれないし、
病院で検査したことへの恐怖心からかもしれません。

目の前に「幸せな家庭犬」としての日々が待っていたというのに、
あまりに、あすかが不憫でなりません。
小林さんはどれほどやりきれないでしょうか。
犬たちの幸せを願い、
大雪の日も懸命に犬たちに寄り添ってこられた
小林さんの無念さを思うと、ただただ気持ちが震えます。

10分足らず話をしていて咳き込みが止まらなくなり
申し訳なかったのですがとりあえず電話を切り、
こうしてご報告の記事を書いています。

余談なのですが、
WindowsXPサポート終了に伴い、
ネット接続は危険ということで、
何度かiphoneから更新しようとしたのですが、
最近では、薬の副作用の為、
著しく視力が低下してしまい、どうしても無理なようでした。
支援者の方たちには、重ね重ねご迷惑をおかけしてしまい
ごめんなさい。
先日、ようやくWindows8.1搭載パソコンを購入しましたので
もう少し、体調がよくなれば、
更新しようと思っていた矢先の訃報でした。

本来なら、
あすかとしんの「幸せ」をご報告する記事を更新したかった。
とても残念です。

あすか。
きっと、しんの幸せを見守ってあげてね。
譲渡ご希望の心優しい支援者さま。
学生さん宅でしんが家庭犬としての訓練を終えた後には
どうぞよろしくお願いいたします。

あすか、ニア、しん、の三頭は
以前小林さんたちが「牧場」とよんでいた敷地内で
共に長い長い年月を過ごしてきました。
そんな中、
ニアが正式譲渡されました。
そして今度はしんとあすかの2頭が同じお家に行ける筈でした。
残念でなりません。
あすか。
どうか、安らかに眠ってくださいね。

あすかのご冥福を心よりお祈りいたします。


※学生さんが預かっていた「あきちゃん」は
無事に譲渡希望の方の元へ行ったようです。
詳しいご報告は、学生さんの方からあるかと思いますので
また、そちらをご覧くださいね。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

ご報告とお礼

          illust4129_thumb.gif


こんにちは。
昨日あたりから暖かくなりました。
今日は全国的に雨降りのようです。
山梨現地も雨模様、と先ほど小林さんからメールが届きました。


メールには、
とても嬉しいご報告が書かれていました。
金額などの詳細につきましては
私が記載することは控えたいと思いますが、
ほんとうは飛び上がるほどに嬉しかったんです。

多くの方たちが、小林さんと山梨wankoたちの為に
ご支援くださったこと、心から有難くて嬉しくて。
このように大勢のみなさまが、
除雪費用ご支援に賛同して下さったのは、
ひとえに、無垢な気持ちで小林さんを支え、
犬たちに寄り添ってこられた学生さんたちの存在と力のおかげだと
改めて痛感しています。

山梨現地へ想いを馳せ、ご協力くださったみなさまに
心より厚くお礼申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。

微力ながら、私も出来る限り小林さんと連絡を取り、
少しでも支援者さまたちに現地の様子をお伝えしたいと思います。
もぉ!!病気になんて負けてられません!
こんなにも多くの方たちが、
山梨wankoを温かく見守ってくださっているのですから、
少しでもお役にたてるように努めたいです。

山梨県T市の山奥で
つつましく生きてきた犬たち。
そしてその犬たちを
無償の愛で応援してくださる支援者のみなさま。
小林さんと伴に厚く厚くお礼申し上げます。
感謝の想いしか綴れないのですが、
ご協力くださいまして、ほんとうにありがとうございました。

人の手により棄てられた命たちは、
人に手を差し伸べられて今尚、たくましく
生きようとしています。
どうぞ、今後とも山梨wankoたちを
温かく見守ってくださいね。



           illust750_thumb.gif


ここからは、余談になります、ごめんなさい。
今日は、わずか4才で突然亡くなった愛犬の
ブログ記事を読み返していました。
あれから6年。
私の日常生活はめまぐるしく環境が変わり
立場も変わり、体調さえも変わり、家族の数も変わりました。
そんな中で、唯一変わらないもの、変わってゆかないもの、
それは山梨wankoたちへの想いであり、
現地で過ごす犬たちの存在そのものです。
これからも、20頭の犬たちの幸せだけを願いながら
傍にいる愛犬2頭と一日一日を大切に過ごしたいと思います。
夏ちゃん!かぁちゃんはがんばるからね、
お空の上で見ていてね。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR