スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N地区ルビちゃん永眠

whiterose.jpg


4月8日 N地区のルビちゃん♀ 推定10歳
お星さまになりました。

メールの件名には「又、哀しいお知らせ」とありました。
最近、N地区で亡くなる犬が続いています。
厳しい寒さからやさしい春に向かう谷間で
ひっそりと咲く野の花のように旅立った老犬たち。


山梨県都留市・多頭飼育問題に於ける犬たちの頭数は、
K地区   52頭
N地区   46頭  計98頭
学生さんの預かり    7頭
全頭数は       105頭  です。


1頭の命の重みをしっかりと感じなければいけないのに
いつしか老犬の死そのものに対する感情に
波風が立たなくなっているのではないかと、ふと感じます。
それはもしかすると口に出してはいけないことなのかも知れません。
心を偽る事が苦手なので、正直に書いています。
嫌悪感を覚える方がいらしたならば謝ります。
すみません。

例え写真であったとしても「存在感」のある犬たち。
そして顔さえ知らない、様子さえわからない、そんなN地区の犬に対して、
一般的な感情のみで言葉を飾る事は、とてもいけないのではないかと
そんなふうに感じるようになりました。

日々どんな暮らしをしていたのだろうか。
世話人さんは時にはやさしく額を撫でてくれたのだろうか。
どんな寝顔で寒く長い夜を彷徨っていたのだろうか。
時々、さみしげな声で鼻を鳴らしていたのだろうか。
おなかはいつもいっぱいだったのだろうか。
喉が渇いた時、水はすぐに飲める環境だったのだろうか。
さまざまな感情がさざ波のように生まれます。
けれど、それらは自身の感傷でしかありません。
遠く離れた地で生きてきた老いた犬の生涯の
ぬくもりを知りません。においを知りません。
澄んだ瞳も、あまり振ることのなかったであろう尻尾の感触も、
固体の小さな、けれど確かに脈打つ鼓動を知りません。
だから、私はただ祈ります。
ルビちゃんの冥福を。静かな旅立ちを。
穏やかな最期であったと、心から願います。
どうか、ルビちゃん。安らかに眠ってください。
そんな言葉しかかける事ができない私です。

支援者のお一人に、
現地で亡くなった犬の為に、毎回
花を購入して静かに冥福を祈って下さる方がいらっしゃいます。
山梨、山梨、と言い続けながら、
そういう真のやさしい気持ち・思いやりが自分には欠けていると
気付きました。
もう一度、自身の心にきちんと向き合わなければ、とそう思います。
細く永く。と言ってきました。
いいえ。永くではないのです。
いつかは命の焔は燃え尽きます。
その日までの時間が少しでも長く続きますように、
そしてその日までの時間がオナカイッパイでありますように。
心から願いながら、一から出直したいと思っています。
更新が怠る時もありますが、
出来る限り現地の様子をお伝えしたい気持ちは変わりませんので、
お付き合いくだされば心強く思います。

山深い地で逝ったルビちゃんのご冥福を、心よりお祈り致します。

コメントの投稿

非公開コメント

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。