姫子ちゃん、やすらかに。

whiterose.jpg  


小林さん担当地区ともう一箇所の地区で、
「姫子ちゃん」という老犬が旅立ちました。
最初からいる犬で年齢は不明ながら
かなりの年であるということです。

年明けから山梨では珍しいほどの雪のなか、
誰一人訪れる人もなく静かな山奥で、ひっそりと亡くなった姫子ちゃん。
どんなおばあちゃん犬だったのでしょうか。
私たちの知らない世界で、15年以上過ごしたその生涯は幕を閉じました。
ただ冥福を祈るしか出来ませんが、
今は淋しくもなく、あるいはつらいこともなく、静かに土に還っていくのでしょうか。
姫子ちゃん。どうか安らかに眠ってください。 


line-r3.jpg 


動物と会話出来るという女性のTV番組を、昨夜観ました。
ご覧になった方も多いかと思います。
6月に亡くなった愛犬の姿が重なりました。
何も考えられず、「姫子ちゃんの死」を記事更新出来ませんでした。
仕事から帰宅時、頬を突き刺すほどの氷のような空気に触れながら
孤独に旅立った姫子ちゃんを想いました。
夜遅くなってもみなさんにご報告し、せめて伴に冥福を祈りたい。
そうしたかったのに、出来ませんでした。
「死」は平等に訪れます。私の大切な命は、突然土足でやってきた「死」から逃げられずに
あまりにもあっけなく、目の前から消滅してしまいました。
頭で理解出来ているのに、心がいつまでも現実を拒んでいます。
すべての事柄には、きっと意味があるのだとは思います。
天国の愛犬が、「最期の苦しみ」を番組を通して
私に伝えたかったのだと、そう感じました。
その苦しみは充分にわかっていました。
だけど、それはベールに包まれたまま「確かな現実」とは全く別の、
そう、映画の一シーンであるかのように、脳裏に鮮明に焼きついているだけの
静止画に過ぎませんでした。
愛犬の心の叫びを聞いている気がして、TVから目を離せませんでした。
二度とは戻らない命への想いは、しんしんと振る雪を見つめながら、
山梨と神戸、小林さんと私自身、それぞれの夜空へ放たれていた気がします。

山梨の犬たち108頭。それぞれの心の内側を、心の声を、訴えを、
聞いてみたいです。

姫子ちゃんのご冥福を心より、お祈りしたいと思います。

 




 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

22支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

22現地の様子は学生さんのブログでご覧くださいね☆

  可愛い犬たちの写真が掲載されています♪

22フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

詳細はじゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。 

※記事内容に無関係なコメント、不快な書き込みが多い為コメントは承認制に

設定していますのでご了承くださいね。 

 
 

 

 

 


コメントの投稿

非公開コメント

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR