スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年早々の訃報

寒さの厳しい日々が続いています、今夜からは
この冬一番の寒気に北海道から九州まで覆われるとの予報を聞き、
そんな瞬間はいつも 山梨 を想います。
犬たちの背を丸め鼻先をお腹へうずめているだろう姿。
もぉ、これ以上は丸くならないだろう、と思われるほどに
カラダ全体をまあるくまあるくして、ひたすら
寒さを堪える老いた犬たち。

何も出来ない非力な自分を、うとましく感じる瞬間です。
ただ願うのは、苦しみのない最期であり、そして何よりも
家庭犬としてその生涯を全うして欲しい、それがそれだけが
心の底からの願いです。

先日、その が譲渡先で飼い主さんに看取られて
天国に旅立ったことを、小林さんにお聞きしました。
幸せな日々は短い時間だったかもしれない、だけど
その にとっては幸せが濃縮された素敵な時間を
きっと贈りものとして授かった、そう思うんです。
その はとても幸せな最期を迎えました。
学生さんたちの努力のおかげです、そして
長年、その をお世話し続けてこられた小林さんの
変わらぬ愛情と、延々と続く「飼育」の賜物であると
心から思います。

そんな年明けに、今朝、訃報が届きました。
1月8日、ラン が突然亡くなりました。

  訃報
昨日午後4時ラン死去しました。
午前中に足を傷め骨折の可能性大のため、
病院へ行き診察の結果やはり骨折(大事でなく)
連れ帰り一時間後に死亡
何がなにやら 解らなかったです。
ランの冥福をお祈りしご報告致します。
山梨・都留 小林 昭夫 



理由は、わかりません。
骨折した状態での
今夜からのこの冬一番の寒波に遭わせるには
あまりに忍びない、
そんな山の神さまの配慮なのだとすれば、
せめて苦しまずに、耐え忍ぶことから解放された
ラン の最期に手を合わせ
冥福を祈るばかりです。
だけど、
小林さんはどのような想いで今おられるのだろぉ、と
胸を過ぎるとやはり言いようのない感情が
どんどんと広がってゆきます。

学生さんたちが懸命に作成された
犬たちのプロフィールサイトから、
ランの写真だけをお借りするつもりが、
ページすべてが保存されてしまいました。
事後報告になりますが、ご都合悪ければすぐに
削除しますので、ごめんなさい。
ラン がどんな犬だったのかを知って欲しかったのです。

ran.png
※サムネイルで掲載していますから
画像上でクリックしていただくと
拡大します。そして、
モニター上のランを
どうか撫ぜてあげて欲しいのです。
そしてそっと名前を呼んであげて欲しく願います。
きっと、ランの魂に届くと信じています。
ラン、長い間お疲れさまでした。
天国でゆっくり安らかに眠ってくださいね。

ニアがトライアルに入り、ランが亡くなり
現地の山梨wankoは、22頭になりました。
犬たちについての詳しい記事を
学生さんたちが更新されています。

http://tatou0225.blog81.fc2.com/blog-entry-1043.html#more

ランのご冥福を
心よりお祈りいたします。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメントさまへ

こちらこそご無沙汰しています。
あまり連絡もしないでごめんなさい。

今日ランに続いてポチの訃報をお伝えしなくてはならず
とても哀しく想います。
現場の犬たちは高齢の子が多いので
この冬、厳冬であることがより一層心配です。
小林さんも同じお気持ちのようです。
せめて、突然の旅立ちは寿命だったかもしれない、と
自分に都合よく考えてみたりしているのですけれど。
早く春が訪れることを祈るばかりですね。

いつもありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさまへ

そうだったのですね、そのことについては
知りませんでした。

もぉ今は埋葬も済み、ランと一緒に現地の土に
眠っています、ポチ。

私たちは、想いを馳せることしかできませんけれど
それも大切なのかなぁ、継続して山梨を想うこと。と
最近では考えるようになりました。

あまりお心傷めないようにしてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさまへ

はじめまして、こんにちは。

ランとポチへのやさしいお気持ち、
小林さんへの想い、をお伝えくださり
ありがとうございました。
きっと、ラン、ポチとも喜んでいることと思います。

私事の諸事情によりまして、
現在は訃報をお伝えすることしか出来ていませんが、
お一人でも多くの方たちに
山奥でひっそりと生きてきた、そして
家庭の温もりを知らぬままに
生涯を閉じた犬たちがいたことを、知っていただきたくて。

今後とも、山梨wankoたちを見守ってくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。