スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pハウス問題につきまして

ご存知の方も多いかと思います。
小豆島にて女性二人が行き場のない老犬たちを保護され
誠心誠意お世話されていたPハウスが、
支援金横領・詐欺などとの言葉が飛び交う渦中にて
大変問題になっています。

某多頭SOSサイトにて
Pハウスを応援した者にも責任があり詫びるべき。との
コメント読み、以来きっちりと記事にてお詫びする責任がある、
そう思ってきました。

けれど、短時間で記述できる内容でもなく
今日まで時間が経過してしまいました。
私事で申し訳ありません、本来ならば
本日も区役所での各保険証更新手続き・
介護事業所契約といろいろと予定があったのですが、
昨夜、胸が痛み続け眠れず、早朝から頭痛も酷くなった為、
所用は主人一人に任せ、家で休養出来ることになりました。
といっても、頭を埋め尽くすのは
山梨のこと。そしてずっと気になり続けているPハウスのことです。

前置き、すみません。

私はPハウスの支援者でした。
寄付はもちろんのこと、物資なども送っていました。
カレンダーも購入して配りました。
女性二人の保護活動、ということで
信じて疑わず、私的ブログでもリンクを貼り、
事ある毎に応援記事を掲載していました。
山梨に関与するようになり、
それでも並行して支援していました。
途中幾度か、延命治療につきましての考え方の相違から
支援し続けることに疑問符が現れ始めました。
それでも、
人間の為に苦痛を強いられてきた犬たちに
せめて一日でも長くPハウスという名の天国で
余生を全うさせてあげたい、とのMさんの言葉に
「そうかもしれない」と思い直したりもしていました。

ある日、Pハウスの日記上で
血の海で倒れている老犬の画像がアップされていました。
口にはペットボトルを利用した酸素吸入器のようなものが
はめられ、苦痛に満ちた表情の老犬を目にした時、
私は、Pハウスから離れることを決めました。
それまでも、瀕死の状態の老犬の姿が幾度も掲載されていて
違和感を覚えていました。
又旅立った犬の遺体の画像アップにも抵抗を感じていました。

真実かどうかはわかりませんが、
その痛ましい老犬たちの姿の公開そのものが
支援金を集める為の広告塔に使用されていたという書き込みを読みました。

正直、とてもショックを受けました。
ネット上では様々な愛護団体や個人活動家の方達が
誹謗中傷の的になっています。
でも、私はPハウスだけは!と信じて疑わなかったのです。
もちろん、痛ましい姿の公開には憤ることもありましたが、
やはり、すべてを老犬たちに注ぎ犬たちだけの為にPハウスが存在する、
そう信じていたからです。

よくない話も耳に届きました。
山梨の支援者さまが、フードをPハウスへとと
お申し出下さった時、銘柄指定され
それ以外はいりません!と高飛車に言われたことや、
知人友人からよくない噂も聞いていました。
ただ、
延命治療への考え方の相違・保護への姿勢の相違などは
仕方ないことであり、
自分が支援をやめたからと言って、
その意見を押し付けることは出来ませんでした。

いつしか、多くの支援者さまから祭り上げられ
崇拝されてきたPハウスのMさんですが、
確かに一度お電話にて話した時、
あまりのネット上にて抱いていた印象と違ったことに
驚いたのも事実です。

本当なのだろうか?
本当に犬たちの為に、と寄付してくださった多額の支援金を
自分の贅沢に遣ったのだろうか?
今も信じられない気持ちです。
信じられない気持ちなのですが、
やはり、Pハウスを応援する記事を書いた者として
そして、このブログ上でもご紹介記事を記載した責任として
ご迷惑をおかけしましたこと、
心よりお詫び申し上げます。
精神的に傷ついた方もおられ、ほんとうに申し訳ございません。
又、こちらの山梨wankoたちの支援者さまのなかには
同時にPハウスを支援してこられた方もいらっしゃいます。
ご迷惑をおかけしてしまい、ほんとうにごめんなさい。
もっと早くにお詫びするべきだったのですが、
どうぞお許し下さい。


☆.。*・゜゜・*。.★.。


支援するということ。

一生懸命働き、得たお金の中から
せめて。との想いから
救命の為、願いを込めて寄付をする。
その尊い気持ちを踏みにじる人は
許せません。

日本は今、国難に曝されていると言われています。
自分達の生活を守ることさえままならない状況の中、
無垢な命を救う為、奔走されている方達がおられます。
そして、せめてものお手伝いにと、
知らん顔して通り過ぎることなく立ち止まり、
財布の中身、あるいは通帳を目で追う人たちがおられます。
そこから、その気持ちから生まれるお金は
何よりも尊いのではないでしょうか。
人は、善意の心を土足で踏みつける為に
生かされているのではない筈です。
そして、お金の価値はゼロの数で決まるものでもありません。
ワンコインのご寄付を、手縫い雑巾の支援物資を
ないがしろにする人を、
私は軽蔑します。心の底から蔑みます。

Pハウスのことが起こってから
山梨wankoたちへのご支援にもより一層
神経を使うべきと痛感しています。
私自身がお金の管理をしている訳ではないですが、
毎月きちんと収支報告してくださるので
それを全面的に信じてこれからも
会計報告を続けさせて頂きたいと思います。
すべてに目を通しているつもりですが、見落としている場合も
少なからずあるかもしれません。
ご不明な点など、お気付きの場合は
いつでもご連絡くださいますよう、お願い致します。

山梨wankoたちの「生きる」すべてが
みなさまからの温かいお気持ちにて成り立っています。
どうぞ、今後とも山梨の山奥で酷暑に耐える老犬たちを
細く長く見守ってくださいますように、
心からお願い致します。



今日も『LOVE!!yamanasiwanko』へご訪問くださり
ありがとうございました。

台風の影響はなかったでしょうか。
四国・九州地方ではかなりの被害が出ているようですね。
被害に遭われたみなさまには
心よりお見舞い申し上げます。





green.gif 

          ご協力をお願い致します

green.gif




 山梨wankoチャリティーショップ 

「ワンコインご寄付」(500円一口となっています)のチャリティーショップです。
みなさまの小さなお気持ちが、やがて大きな輪となりますことを願っています。

hhr08.gifショップ以外での直接のご支援につきましてはお手数ですが
コチラでご確認ください。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 

山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちにお気持ち寄せていただきたくて
ランキングに参加しました、応援してくださいね。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさまへ

おはようございます。

先日お元気な声が聞けてよかったです。
体調を崩されておられたので心配していました。
この度のことで、大変ご心配をおかけしました、
ごめんなさい。
相変わらずの日々を過ごしておりますが
たまにはゆっくり休みたいな~なんて
真夏の入道雲を見上げながら思っています。
お互いに!健康に注意しながらイロイロ乗り切りましょうね。

いつも私のことたくさんご心配いただいて
ほんとうにありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさまへ

おはようございます。

お忙しい日々、体調など崩されていませんでしょうか?
(御祝いごとのご多忙は、あまり心身への負担も少ないのかもしれませんね。)
その件につきましては、ゲストブックへとも思いましたが、
文字制限がありますから、又パソコンへメールさせて頂きますね。
私へのご心配は心から感謝致します。
ありがとうございました。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。