スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一枚の写真ーモチ、安らかに

ご報告が遅くなりました。
フォックスの死を知った時、支援者さまからのご連絡にて
「モチの死」を知りました。
小林さんへのお電話で聞かれたようでした。
他の支援者様からも同じようにお知らせ頂きました。

2月26日未明、モチ永眠しました。

フォックスの記事更新時に
「モチの死」をご報告するかどうか迷いました。
そして、昨日一日考えていました。
いいえ、犬小屋の壁面に顔を埋めるかのような
モチのたった一枚の写真を思い浮かべながら
モチに関する記憶を辿っていました。

モチを可愛がっていた学生さんの姓名からモチと名付けた。
それだけが、モチに残されたエピソードでした。

学生さん管理のHP内「里親募集」に掲載されているモチを
見たのはもぉ数年前です。
「小屋から出てこない」の文字と
臆病さを全身にまとったモチの姿が哀しくて
脳裏に焼きついている一枚でした。

mochi.jpg

学生さんのブログでのモチの追悼記事に
もう一枚のモチの画像がありましたのでお借りしました。

mochi2

画像をクリックして原寸大の画像を見てあげてください、お願いします。


モチを可愛がっていた学生さんはずっと以前に卒業されたのでしょうか。
犬は大変表情豊かな生きものです。
同じ山梨現場で生きる犬たちにも個々に表情が異なります。
おおよそ、さみしそうな表情ではあるのですが、
それでも時折、”犬らしい”表情を垣間見ることもあります。

モチはなぜこのようなさみしげで哀しい目をしているのか、
写真を見る度気になっていました。
小林さんの口からも「モチ」という名前が上がったのは、
その名前の由来のみだけでした。
印象の薄い犬だったのでしょうか。
モチのこと、何も判らず、
支援者様たちに、ただただ申し訳なく思います。

宮本輝「草原の椅子」の文中に
延々と壁だけ見つめる小さな男の子が登場します。
母親からの虐待を受け、すっかり殻に閉じこもってしまった幼児。
怯えなくても大丈夫な居場所へ保護された後も
気が付けば何時間でも、壁だけ見続けている。

小説の世界のことなので、
男の子は、周囲のやさしい大人たちにより徐々に心を開き
明るく元気な普通の子どもに戻っていきます。

モチの写真を見る度に、その男の子が重なりました。
一体どのような経緯で山に辿り着き、
気の遠くなるほどの長い時間、
ひとり孤独に壁を見つめ生きてきたのでしょう。
臆病な犬は仲間に溶け込むことも出来ず、
人間にしっぽを振り近寄ることも出来ない。

モチ。やっとさみしさから解放されたね。
額を撫でてもらったことありますか?
そっとやさしく抱き寄せてもらったことありますか?
多くの犬たちのなかの1頭に違いないのだけれど、
あなたを可愛がってくれた学生さんとの短い日々の記憶だけが
モチにとっては「かけがえのない幸せな時間」だったんやね。

老いた犬たちの現場です。
残された時間はそれほど多くありません。
言うは易し。だとは重々承知していますが、
学生さんたちに心からのお願いがあります。
どうか現場に行かれた時は、
一度でも多く犬たちの名前を呼びかけてあげて欲しいと願います。
一分でも長く犬たちの体に触れ、
その背中をやさしく撫でてあげて欲しいと願います。
あなたたちの純粋なやさしさこそが、
人間に裏切られ傷ついた犬たちの心に雪解けを齎してくれる、
そう信じています。


mochi0226.jpg

モチ。
笑顔の、いいえ
こちらを見つめるあなたの遺影を作れずごめんね。
せめて、ブライダルピンクという名のバラであなたを送ります。

どうか天国でやすらかに眠ってくださいね。
モチのご冥福を心よりお祈りいたします。



過酷な現場で生きる山梨wankoの全頭数は、
K地区在住、フォックス・モチの死により
59頭となりました。
内、学生さん預かり2頭、えみこさんが1頭預かってくださっていますので、
現地で暮らす犬は56頭です。
カイばぁちゃんは小林さんのところにいますので、
厳しい寒さに耐えながら
老朽化した犬舎で暮らす犬たちは55頭になります。
現地に一日も早く、春の陽射しが注がれますように。



※会計報告・ご支援物資の詳細一式が、昨日郵送にて届いていました。
領収書等のコピーを同封されるのを忘れられたようですので、
会計報告につきましては、少し遅れますことお詫び致します。
届き次第なるべく早急にまとめますので、
今しばらくお待ち下さいね、よろしくお願い致します。



green.gif 

 山梨wankoチャリティーショップ 

「ワンコインご寄付」(500円一口となっています)のチャリティーショップです。
みなさまの小さなお気持ちが、やがて大きな輪となりますことを願っています。

hhr08.gifショップ以外での直接のご支援につきましてはお手数ですが
コチラでご確認ください。


green.gif

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 

山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちにお気持ち寄せていただきたくて
ランキングに参加しました、応援してくださいね。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

夏ママ様
春一歩手前に戻ってくるこの底を突くような寒さよりも冷たい寂しさに涙がでました。
「モチ」という名前は覚えていませんでしたが、この写真は心に焼きついていました。
あるか分からない来世が花いっぱいの春であるようにと祈るしかできないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わんわん大好きさまへ

お返事が大変遅くなりました、ごめんなさい。
そうですね、この写真は心に焼きつく写真ですね。
私もそうです。
いつも思い出すのは、マルコさんが書かれていた言葉、
「今度生まれてくる時は、この国に生まれないで」という
言葉です(多少違うかも知れませんが意味合いはあっていると思います)。
いいえ。今度こそこの国で幸せいっぱいの生涯を送れますように。
と願わずにはいられません。
いつもコメント残してくださり、ありがとうございます。

鍵コメントさまへ

コメント拝見した後、メールを送りましたので
お時間ある時、お読みくださいね。
私もあれからいろいろ考えました。
まだ考え中ですが、「出来ること」が僅かでもあるのなら、
全力投球してみようと思います。
また、
ご連絡いたしますね。

鍵コメントさまへ

ご丁寧にありがとうございます。
かえってお気遣いさせてしまってごめんなさい。
こういう性格なので、どうぞ気にされませんように。。。

おっしゃるとおりかと思います。
背を向けることだけは決してしてはいけませんね、
物言えぬ犬たちの代弁者になれるなら、いいえ
なりたいと思い始めたブログですから。

いつもありがとうございます。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。