小林さんの着信履歴

すっかり更新を怠ってしまいました。
不器用なので、心が最低二つは欲しいとナイモノネダリです。
上手に切り替えできる人なら、もっときちんと使い分けられるのに。
そしてその結果、寒さに震える現地をご心配される支援者さまたちに
いつもご迷惑をおかけしてしまいます、すみません。
気持ちを切り替えて。。。いえ、心を入れ替えて、
ここ数日の現地報告させて頂きたいと思いますので
おつき合いくださいね。

仕事中はau携帯の着信音に気付かないことがよくあります。
こちらの携帯は主に小林さんとの通話用にと契約したものなので、
(3名までのau同士で通話料無料サービス設定)
常時身に付けているメインのsoftbank携帯とは違い、
ほとんどの場合バッグの中なんです。
手が塞がっていると着信音に気付いても出られない場合もありますが、
気付かないのとは大違いですね。
小林さんからの着信はほとんどないので、
ついついバッグの中、という待遇です。
けれど、今後はずっと肌身離さず、を心がけなければと
痛切に感じました。

帰宅後、小林さんからの着信履歴に気付きました。
しかも続けて2回。
これはきっと何かある、そう感じて電話をかけました。
1月22日のことでした。
小林さんからの着信履歴はドキッとします。
それは何かしらの問題発生の合図みたいなものだからです。
以前、車ごと転落しかけた時は現場から、
熊さんがご遺体で発見された時は現場検証の途中、
ロウソクの灯がカーテンに燃え移った時は、その直後、
常にそれは「問題発生」を知らせる小林さんからの
心のSOSだったのかもしれません。

今回は、車が突然動かなくなったという内容でした。
すぐにいつもの修理屋さんに連絡するものの
既に夜、お酒を呑んでしまっているので今夜は勘弁して、という
お返事だったそうです。
道の真ん中に駐車しておく訳にもいかず、
近くのボーリング場の駐車場へ一晩置かせて頂くことになり、
そのまま車を押して移動されました。
酷寒の中での犬たちのお世話で疲れきった体に鞭打ち、
徒歩での帰宅をされた小林さん。

そして、翌朝早速修理屋さんが出向いて下さり
結果的には、部品発注ということになりました。
仕方なくその日N地区へは
K地区最寄り駅から富士急大月線にて二駅電車に揺られ
そこから更に徒歩で合計一時間半かけてN地区へ行かれました。

お話を聞いている間、
私は寒さに背を丸め山道を歩く小林さんを、見ていました。
それはまるで古い日本映画の映像を観ているかのように
無音の世界の中で淡々と描き出されていました。
かける言葉は浮かんでは消え、を喉元で繰り返すばかり。
「小林さんの出来事」を鼓膜の奥へ閉じ込めるしか出来ない私。
それは日頃の愚痴とは違い、
「山で生きること」の切実なまでの厳しい日常を
改めて思い知ることにつながってゆきます。
ただ・・小林さんの身に事故など起きないように、と願うしか出来ない自分。
それでも私は、小林さんとの五年間の絆をしっかりとこの手で
握り締めていたいと思います。

何も出来ない ではなく 何が出来るか を探し続けたい

小林さんと地域の方との間にも、長い年月築いてきた絆が存在しています。
修理が済むまで乗ってていいよ。と
地元の方が軽トラックを貸して下さいました。
雪が降らないことを願うばかりでしたが、
25日、車の修理は無事に済みました、とメールがありました。
その直後、現地に雪が降り始めたそうです。
あらゆる人たちと小林さんとの「絆」。
一部の方たちによる「犬たちの立ち退き勧告署名運動」が
展開されたことは事実ですが、
行政の方たちのご尽力によりまして、現在も犬たちの命は守られています。
そして、その影には腹立ちや憤りの感情を押し込め
地域の方たちと出来る限り歩調を合わせてこられた
小林さんの努力が、その姿勢が大きく貢献していると思うのです。

人は決して一人では生きていけなくて、
そして人は、争う為に言葉を与えられたのではありません。
言葉は時として相手を深く傷つける武器にもなり得ます。
私たちも心を寄せ合って「山梨の犬たち」を見守りたいと
心から願っています。
こんなふうな頼りないブログですけれど、どうぞ今後とも
お付き合いくだされば、嬉しく思います。

61頭の山梨wankoたち。
あなたたちは、本当に本当に たくましい。
先に旅立った仲間たちの分までがんばって!

山梨現地に一日も早く、春のやさしい陽射しが届きますように





green.gif 
ponta148.jpg 

 山梨wankoチャリティーショップ 

「ワンコインご寄付」(500円一口となっています)の
チャリティーショップを開設しました。
みなさまの小さなお気持ちが、
やがて大きな輪となりますことを願っています。
趣旨にご賛同してくださった方は、
ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。


green.gif


hhr08.gifご支援につきましてはお手数ですがコチラでご確認ください。


green.gif


「ご質問やお問合せ」はお手数ですがメールにてお知らせくださいね。
右サイドバーの「メールフォーム」又は、
FormMailサービスからお願い致します。   
icon_mail29.gif ←アイコンをクリックしてくださいね。
ご注意FormMailサービスをご利用頂く場合、
合計「送信ボタンを2度」クリックしなければなりません。
お手数ですが、ご確認くださいね。

green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。




テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントYさまへ

そうなんですね、車のことお聞きになっていたんですね。
小林さん、着信のことは勘違いされたように思います。
最近機種変更されたそうですから…
(小林さんの機種は古いので、
貯まったポイントで充分変更出来ると
学生さんに付き添われショップへ行かれたとお聞きしました)。
まだ少し慣れないようですけれど、
負けん気の強いところもあり、孤軍奮闘されているのかもしれませんね(笑)。

いつもありがとうございます。

鍵コメントMさまへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
現地に於きまして小林さんの日々に何が必要か、
いろいろと考えてくださり、多種類のご支援心から
感謝致します。
又、犬たちの為のお気持ち心から嬉しく思います。
ブログを拝見してくださっていたんですね、ありがとうございます。
山梨wankoたちだけではなく、
みなさまの温かいお気持ちにて救われている犬たち・猫たちの何と多いことでしょう。
今世間ではタイガーマスク現象を論じる番組も多いですね、
だけど心やさしい人々の「小さな善意」は何年も前から
メディアに触れることなどなくても、多くの命を救ってきたと思います。
子どもたち、お年寄りたち、絶滅寸前の希少動物たち、
そして、命を弄ばれ苦痛を強いられてきた、いいえ今も
忍び寄る死の恐怖に怯える多くの犬たち・猫たち。
すべての弱い立場に生きる対象への小さな善意が、
どうか途絶えることなく細く長く続いて欲しいと願います。
Mさまのような心優しい方たちの善意の輪が広がりますように
願います。

拙いブログですけれど、これからもお一人でも多くの方に
ご賛同・ご協力して頂けますように
出来る限り発信したいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致しますね。

いつも応援クリックのご協力してくださり嬉しいです。
私への応援メッセージもとても嬉しく読ませていただきました。
お気持ちお伝え下さり、ありがとうございました。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR