銀ちゃんのおかぁちゃん

銀1130

銀ちゃんの追悼記事が大変遅くなりました。
銀ちゃんのこと。
いろいろ小林さんからお話伺いました。

小林さんの記録からコピーさせて頂きました。
(※但し、年号につきましては若干の記憶違いも
あるかもしれない、と言われていました)
以下は、平成元年の出来事です。

【富士五湖の1つである精進湖の湖畔に
マラミュート犬12匹が捨ててあったのを保護
(本人は保護したと言っているが、ただ連れて来たのみ)。
その半数をK地区、残りをG地区へと分けました。
敷地内は小屋がなく大きなプレハブ小屋を用意し、
他は廃車の車とかコンパネ板を斜めにして
小屋替わりにしたものでした。
田んぼの跡地ですので、
雨や雪が降ると泥んこ状態で犬たちは
身の置き場がないものでした。】


シベリアンハスキー・アラスカンマラミュート等の大型犬ブリーダーによる
遺棄でした。
※上記記述の”本人”とは、
犬たちのオーナーであったO氏の事です(既に他界されています)

アラスカンマラミュートは一見ハスキーと似ていることから
銀ちゃんとの外見的な違いに、以前少し調べてみたことがあります。
マラミュートの毛色は8種あるようです。
中でも白い毛色のマラミュートは、希少な「オールホワイト」か、
白の遺伝子をもたない親同士の近親交配から生まれた
”アルビノ(色素欠落症)かの何れかだと書かれていました。
アルビノの場合は皮膚(鼻など)がピンク色の場合が多いという事から、
あるいは、銀ちゃんは希少な毛色のマラミュートであったのかもしれない、
と思っていました。

山梨の犬たちはすべてと言っていいほど雑種の子ばかりです。
(すみません、MIXという言い方を個人的に好みませんので)
以前から”マラミュート”であると聞いていましたから、
そんな「純血・銀ちゃん」が山へ辿り着いた経緯を知りたかったんです。
けれど、
えっ?…平成元年?銀ちゃんは15~6歳
平成元年というのは小林さんの記憶違いなんだ。
そぅ思っていました。


これまで幾度も幾度もブリーダーにより放棄されてきた
「命を軽視」された犬たちがいたことを知っています。
ゴールデンもいました、小型犬もいました…
いいえ、殆どと言っていいほど多種犬種の犬たちが命を弄ばれてきました。
その都度
成す術も無くただ、モニターに貼りつくしかなかった非力な私です。
銀ちゃんも同じようにブリーダーに放棄されたんだ、そう思っていました。


”はな”と小林さんに名付けられたマラミュートが12頭のなかにいました。
彼女はとっても小林さんに馴れていて、
マリーちゃんのように”小林さん大好きwanko”でした。
ブリーダーの元、繁殖犬として生きてきたはな。
初めて自由を手にしたはな。

ある日、小林さんは川に足を滑らせ気を失いました。
ペロペロと頬を舐め続けるあたたかい舌。
犬の体温が小林さんを救いました。
気が付いた小林さんの目の前には
やさしい表情のはながいました。

”はな”は命の恩人です。

まるで昨日の事のように小林さんが目を細めて話されているのが伝わります。

その後、はなちゃんは、やさしい里親様とご縁が繋がり
終生、大切に大切に家族の一員として愛されたそうです。

マラミュートのはなちゃんは”銀ちゃんのおかぁちゃん”
銀ちゃんは、現地で生まれた犬でした。
一斉に”去勢・避妊手術”が実施された以前のこと、
との小林さんの記憶ですが、
一番犬の頭数が多い時でもあり、明確ではありません。

銀ちゃんのおかぁちゃんは、やさしい純血のマラミュートでした。
その血を受け継ぎ、銀ちゃんも又とてもやさしい犬でした(小林さん談)
銀ちゃんのおとぅちゃんは。。。わかりません。
12頭のマラミュートは、現地で亡くなった犬、譲渡された犬がいたそうですが、
紛れもなく
銀ちゃんが最後の”マラミュート”の血を受け継ぐ犬でした。

銀ちゃんは、5~6年前、
積雪の為、倒壊した犬舎から山へ脱走しました。
きっと轟音に驚いたのだと思います。
山で自由に生きてきた銀ちゃんが保護された事。
そして、犬舎へ戻った事。
きっと、最期は小林さんの元で旅立ちたかったのかも知れません。

山にいても、小林さんの車がN地区へ到着すると
大きな鳴き声(遠吠え)で、一番に”元気”を知らせた銀ちゃん。
銀ちゃん。
もぉ
おかぁちゃんに会えたん?
あなたが、熊や猪の生息する山で何年も無事に過ごせたのは
仲間やおかぁちゃんが見守ってくれてたんやね。
おかぁちゃんみたいに暖かいお家もやさしい家族もいなかったけれど
銀ちゃんは、きっと”銀ちゃんの幸せ”を感じていたよね。
そぉ信じていいよね、銀ちゃん。
銀ちゃんは、暑い時は左の山・
寒い時は、右の山へ
”ねぐら”を移動していたって、小林さんに聞きました。

101202_1126~0001-0001-0001

※画像は、新種のミニバラを銀ちゃんの為に手向けてくださった
心優しい支援者さまからお送り頂きました(掲載はご了承済みです)。
銀ちゃんの為に本当にありがとうございます。

銀ちゃん
安らかに眠ってね。

銀ちゃんのご冥福を 心よりお祈り致します。




※月末〆の会計報告、ご支援物資詳細などは
銀ちゃんのことがあり、少々郵送が遅れましたと
ご連絡頂戴しています。
今しばらくお待ちくださいね。





green.gif 
ponta148.jpg 

 山梨wankoチャリティーショップ 

「ワンコインご寄付」(500円一口となっています)の
チャリティーショップを開設しました。
みなさまの小さなお気持ちが、やがて大きな輪となりますことを願っています。
趣旨にご賛同してくださった方は、ご協力のほど、
どうぞよろしくお願い致します。


green.gif


hhr08.gifご支援物資の送付先・支援金のお振込先につきましては、
お手数ですがコチラでご確認ください。


green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。



テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

私もふと夏ママさんと同じように
銀ちゃんは小林さんの元から旅立ちたかったのかな、
と思いました。

銀ちゃん、ゆっくり休んでね。
これからおかぁちゃんと一緒に小林さんやお山のわんこのことを見守ってね。

銀ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
夏ママさま、体調を崩されていたようですので、お体ご自愛くださいね。

azuさまへ

おはようございます。

やさしいコメントありがとうございました。
そうですね、小林さんが大好きだった銀ちゃん。
きっと安心して静かに旅立てたのだと思います。

山梨では氷点下の日も多く、これから長く厳しい冬が続きますね。
65頭全頭が揃って、春を迎えられますように。

私へのお見舞い、ありがとうございます。
気をつけなければ!ですね。
azuさまも、どうぞくれぐれもお体大切にしてくださいね。

死期を悟って・・・

以前にマルコさんが
犬捨て山に数十頭のマラミュートとハスキーが持ち込まれたことがある
と記述されていましたが
その中の1頭が“はなちゃん”だったのですね。

銀ちゃんは、山梨のお山しか知らないんですよね。
平均寿命をはるかに超えてから過酷な山中での生活を続けた銀ちゃん。
晩年は、おかあちゃんとの思い出を辿りながら暮らしていたのかしら。
そして自分の最期を悟り、小林さんの元へと帰ってきたのでしょうか。

小林さんに看取られた銀ちゃんは最期まで幸せでしたよね。
過酷な一生といえば、そうかもしれないけれど・・・
銀ちゃんは素晴らしい一生を送ったと心の底から思います。

夏ママさんの忙しい本番は、これからかと思います。
体を壊しては何もならないので
ご自分も大切にしてあげてくださいね♪

バーバMIKOさまへ

バーバMIKOさま、おはようございます。
いつもwankoたちへの想いを届けてくださり嬉しいです。
マルコさんと小林さんは言いたい事を
遠慮せず言い合える仲なんだそうですよ。
長いお付き合いですものね。
随分多くの犬たちがマルコさんのお力で
優しい里親様と巡り会えました。
はなちゃんの里親様もマルコさんからのご紹介だったそうです。
銀ちゃんは、自由に過ごせた分幸せだったのかも知れませんね。

ありがとうございます。
睡眠時間もきちんと取って、年末を乗り切りたいと思います。
バーバMIKOさまもご自愛くださいね。

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR