それぞれの「老い」

みなさまには大変ご心配をおかけしています。
車は昨日小林さんの元へ戻りました。
支障はなさそうです、大丈夫でしょう。と言われていました。
お付き合いのある自動車整備工場の方がおられるので
そちらの方は安心しています。

「老い」
小林さんがネット環境にないことに甘んじて
このようなタイトル記事を更新する事に若干の後ろめたさを感じます。

咄嗟の判断能力、運動能力、全体的な体力の衰えなどを
誰よりも感じているのは、ご本人であると思います。
それは誰の身にも何れは訪れる現実ですから
認め、受け止めるしか仕方ないものかもしれません。

私が一番危惧していることは、気力の衰え、と言えば生意気なのですが、
熊さんの急死以降、小林さんの心が少しずつ「老い」に向っているように
感じています。
身元が判明せず数ヶ月間、霊安室にて安置されていた熊さんの亡骸への、
小林さんのつらくせつなかった気持ちを想います。
明日は我が身。そんな言葉がきっと心に住み着いてしまったのではないか、
そんなふうに案じています。

私の知り得る限りの小林さんは、気丈で冗談好きでちょっぴりわがままで、
プライドが高く、いつもその心根は凜と背筋を伸ばし決して弱みを見せない。
そんな「強い人」でした。
あの夜。
あんなにも弱々しい小林さんの声を初めて聞きました。
話の端々に「弱さ」が充満していました。
途中カイばぁちゃんが小さく鳴くと
「おぅ、どぉしたんや、ほぃ、カイ、おいで、カイ、おいでおいで」と
やさしく語りかけられました。
その声は私の知らない人の声のように弱々しく、
いつまでも鼓膜の奥に余韻を残しています。

大変失礼なのですけれど、小林さんの「精神力の老い」を感じています。
過酷な現場での張り詰めていた緊張の糸が
ぷっつりと切れたのかもしれません。
それでもご自分を奮い立たせ、犬たちの待つN地区へ向われます。
その途中、一日2度は「熊さん滑落死」の現場を通らなければなりません。
そんな日常は決して慣れるものではなく
むしろ悲しみはもちろんのこと、
複雑な想いが甦るのではないかと思ってしまいます。

小林さんと犬たちの
それぞれの老い

私たちに一体何が出来るのか。小林さんの折れそうな心を
何をもって励まし応援すれば、
少しは心に生まれつつある亀裂を埋められるのか。
ここ数日そんなことをずっと考えていました。

そこでみなさまにお願いです。
小林さんに自筆のお手紙・ハガキをお出し頂けないでしょうか。
クリスマスカードなどもいいかもしれません。
直接みなさまのお声が届くことこそが、
何よりの贈りものになるのではないかと思います。

少しのお時間頂戴して、どうか小林さんへ
励ましや労いのお便りを届けて頂ければとお願い致します。
みなさまとご一緒に小林さんを支えていければとの想いの元
一方的な感情を押し付けるようで、大変申し訳ないのですけれど、
どうぞよろしくお願い致します。


    ***


ギン



銀の体調が少し悪いようです。
小屋から出てこず、じっとうずくまり体に触れると
うーと唸り、抱きかかえようと胸に手を入れると
噛みつかれそうになったと言われていました。
ごはんは食べていますので、
”少し悪い”という表現をされたのだと思います。
「捕まえたのが銀にとっては不幸だったかもしれませんね」と
ぽつりと言われていました。
昨夜銀の様子を見にもう一度N地区へ行かれるというので、
心配しましたが、N地区への道は慣れているから大丈夫、とのことでした。
あの日は、鈴を追って更に奥地へ向ったので。。。

今日は現時点ではまだ連絡は取れていませんので、
又ご報告致します。

銀は40キロ近くあるマラミュートであろうというお話です。
何度も何度も脱走を試みながら、遂に諦めたように感じていたのですが
もしかすると「山」が恋しいのかもしれません。
子猫と寄り添うようなやさしい銀。
きっときっと、元気になってね。




green.gif

お手紙の宛先です。
〒402-0024
山梨県都留市小野974 小林 昭夫(様) 宛

green.gif



お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為に応援してくださいね。
一日一度クリックして頂けると嬉しいです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR