スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タロウ、ありがとう

めずらしく、夜遅く小林さんからの着信履歴がありました。
ふっと胸騒ぎがして、すぐに電話をかけました。
「もしや、鈴の身に何か」という不安が過ぎりました。

鈴は無事でした、今夜小林さんが確認されました。
最近N地区へ2~3日に一度ほど、夜も出向かれます。
誰かが侵入している気配を感じられるのだそうです。
犬たちには何も変化はないようですが、
気持ちが悪いので足を伸ばされるということでした。

そして、鈴を発見。
ちょうど車に乗っていたので鈴の後を追ったそうです。
行き止まりになり、Uターンしようとした時、
谷に落ちかけた、と言われるのです。
いつもなら難なくUターン出来たのでしょうが、
雨で道がぬかるんでいた為ハンドルを切り損ねた(とられた)らしく、
一つ間違えば大惨事になるところでした。

受話器の向こう側の声が憔悴しきっているように聴こえた訳がわかりました。
小林さんの力ではどうにもならないので、
車を降り真っ暗な山道を、林に迷いながら3時間かけて降りてこられたようでした。
確か、この辺りは崖になっていたか。。
この辺りは右にカーブしていたか。。などと、勘を頼りに
熊よけの為、大きな音を立てながら汗だくになり
ようやくK地区へ戻った時に、電話をかけてこられたのでした。

怪我をしなくて本当によかったです。
暗いので詳しい状況はわからないと言われていますが、
そのまま車と一緒に落ちてしまうこともあったかもしれません。

タロウだ!!と咄嗟に思いました。
山梨wankoのボスだったタロウ。
小林さんと長い間いつも一緒だったタロウ。
きっとタロウが小林さんを守ってくれたのだと思いました。

いつになく長い電話中に
カイばぁちゃんの声が聴こえます、甘えるような切ない声です。
とても可愛い鳴き声です。
ポンタの咳き込む声が聴こえます。
数ヶ月前に比べると回数も少なくなっていますし、
投薬治療が効き目があるみたいで咳はすぐに治まりました。

川の字になって眠りにつく小林さんとカイばぁちゃんとポンタ。
束の間の安らぎが小林さんの疲れを癒してくれますね、きっと。

タロウ、ありがとう。
小林さんを守ってくれて、そして鈴を見守っていてくれて
ほんとにありがとう。

山梨の夜は音のない世界で静かに更けてゆきます。

明日、車を引き上げる作業を地元の方にお願いされています。
無事でよかったです。きっと小林さんも心の底から
安堵されていると思います。

過酷な現場で生きる小林さんと山梨wankoたち。
二度と災いがふりかかりませんように。
二度と危険な目に遭遇されませんように。
小林さん、お疲れさまでした。
きっと今頃はもぉ、夢の中ですね。

おやすみなさい。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

怖い事ですねぇ、もう、びっくりです。
漆黒の暗闇の中、それも険しい山の中ですよ。
御自身の城に辿りついた時の安堵はいか程だったでしょう。
小林さん、お疲れさまでした。
きっと今朝も早くからお仕事始められているのでしょう。
鈴の無事にも感謝したいです。

安堵と落胆の溜息・・・

小林さんに何事も無くてよかった、という安堵。
と同時に、こんな時に何も出来ないんだナァ・・・という
非力な自分に対する落胆の溜息が洩れます。

慣れない人間は昼間でさえ進入をためらってしまいそうな
木々が鬱蒼と茂り細く暗く、余所者の侵入を拒んでいるような道。
道端の「熊出没注意」の看板・・・
真っ暗闇でのアクシデントに
可もなく不可もなく取れる手段は徒歩での帰路。

車でさえ長く感じた道のりをそんな状況下で歩いて・・・
考えただけで身震いしてしまいました。
本当に怪我が無くてよかった!
ご本人に、と思いましたが
仕事の邪魔をしてはいけないので、こちらへ・・・

ありがとう・・・タロウに感謝!
これからも星になったワンコ達と小林さんやお山を守ってね。

YOSIEさまへ

おはようございます。

コメントのお返事が遅くなりごめんなさい。
熊が出るかもしれないので
それが一番怖かった、と言われていました。
小林さんは以前熊の親子を見かけたことがあります。
川の向こう岸だったので、助かったものの
子熊を連れた母熊ほど怖いものはないと、その時の
恐怖をお聞きした事があるんです。
本当にご無事でよかったです。
暗闇の山道を彷徨いながら、いろいろな記憶が
小林さんの脳裏に浮かんだのでしょうね。
最近よく”疲れる”という言葉をお聞きします。
以前は小林さんの中では「禁句」であったのかもしれませんね。

鈴も無事でよかったです。
いつもありがとうございます。
又、ご連絡致しますね。

バーバMIKOさまへ

おはようございます。

いつもご心配をおかけしてすみません。
是非ご本人にご連絡してあげてくださいね。
N地区から4時頃戻り一日一度の食事をゆっくり摂られ
夜はカイばぁちゃんとポンタと一緒におられると思います。
でも、その日により予定が変わりますから
必ず、ということではないのですけれど。

バーバMIKOさまは現地をご存知ですので、より一層
恐怖感を切実に感じられたことと思います。
これからも、山の神さまがきっと守ってくださると信じています。
もちろん”小林さん大好きだったタロウくん”も。
それにしても、冬は一段と過酷ですね。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。