スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『山梨wankoチャリティーショップ』のこと

『山梨wankoチャリティーショップ』へのご寄付
誠にありがとうございます。

6月29日開設時よりのご寄付の合計額(実質3ヶ月半)は
101,500円となっています。

一口  の重みを痛切に感じています。
みなさまのお気持ちこそが
「山梨wanko」の”生きる”を支えているのだと強く思います。

「山梨wanko医療費基金」 につきましては、特にご寄付が多く
93口合計46500円の温かいお気持ちが寄せられています。
心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

医療費につきましては、
山梨wankoは、老犬ながらも現地にて暑さ寒さにも耐え
逞しく日々過ごしていますので、
現在までは、フィラリアの治療薬(バロン君)のみに
遣わせていただいておりました。
※ポンタの治療薬は、マルコ氏が持参されています。
よって、医療費のプール金はある程度確保されています。

この度、バロン君が、学生さんに正式譲渡されることになりましたこと、
又、本年度の狂犬病予防注射接種が済みましたこと等を考慮しまして、
現在、新たに”医療費”のご寄付を募る必要性に迫られていない状況
というのが、正直な現状です。
つきましては、一応「山梨wanko医療費基金」へのご寄付の受付を
見合わせることにさせて頂きたいと思います。


そして
「N・K地区環境改善基金」なのですが、
おかげさまで犬舎に屋根のなかったN地区すべてに
雨を凌ぐ屋根が設置されました。
現在、新たに環境を改善する為の予定がないことから、
こちらの方も一応「ご寄付を受け付けておりません」との表示に
変更させて頂きました。

更に、支援者様のお声を反映する形で、
新たに「山梨wanko基金」と称し、
現地にて必要物資の購入等に充てて頂く為の窓口を設けさせて頂きました。

一応 コチラに、簡易記載ではございますが、お知らせしています。

現地に於きまして何がリアルタイムで必要なのかが
残念ながら遠方にて把握できていないのが現状です。
本来ならば、『山梨wankoチャリティーショップ』個別の会計報告を
するべきなのですが 、そこまで詳細な分類事項を小林さんに求めるのも
負担が大き過ぎるのではないかと考え、これまでは
一般のご支援でのお願いと「同じ口座へのお振込み」
ということで、一括しての会計報告をさせて頂いてきました。
しかしながら、心の隅にはいつも、
支援者様のお気持ちに副えていないのではないかと
申し訳なく感じてきました。

上記二つの使途目的のご寄付項目を中断するのなら
しばらく『山梨wankoチャリティーショップ』を休む事も考えていました。
ただ、もしもフードご支援が不足した場合
現地でのフード購入への資金算出等の為に。。というご意見もあり
誠に勝手ながら、
犬たちへのご支援を一括して「山梨wanko基金」として
新たな窓口とさせて頂くことに致しました。


rikushop.jpg
※現地へ戻ったリクの写真を使いました。
画像をクリックすると『山梨wankoチャリティーショップ』に移動します。


これまで同様、ワンコイン・一口500円でのご寄付となります。
又、新たに「ログインフォーム」を設置しました。
レジに進む、より 精算ページへ移りますと
「会員ID」「会員パスワード」への入力項目が表示されます。
ご入力頂くと、次回からご住所などの情報入力の手間が省略されます。
※一般的なネットショップのように会員様の特典、
メルマガ配信はありません、すみません。

決して多くを望むものではありませんので、
出来る範囲でのご協力を、どうぞ宜しくお願い致します。

それから
現地では、犬たちの犬舎に敷く毛布が不足しています。
もちろん中古毛布をありがたく使わせて頂きますので
お家で使わなくなった毛布などを、
お手数なのですがご支援くださると感謝致します。
犬小屋が老朽化していて、底板や側面に穴が開いているものも多いです。
これからの季節、せめて寒さを凌ぐ為の毛布があればと思います。
お願いばかりで大変心苦しいのですが、
猛暑を乗り越えた犬たちが、今度は厳しい寒さに少しでも耐えられるように
みなさまに「中古毛布のご支援」をお願い致します。

送り先は

〒402-0024
山梨県都留市小野974 小林 昭夫(様) 宛  TEL: 090-9386-8528

でお願い致します。

66頭の犬たちが、少しでも穏やかに日々を暮らせますように
それだけを、心より願っています。

山梨wankoたちに オナカイッパイの小さな幸せを!
66頭の犬たちに 温もりいっぱいのささやかな幸せを!

お一人でも多くの方のご協力を、心からお待ち申し上げます。
どうぞよろしくお願い致します。





green.gif 
ponta148.jpg 

 山梨wankoチャリティーショップ 

「ワンコインご寄付」(500円一口となっています)の
チャリティーショップを開設しました。
みなさまの小さなお気持ちが、やがて大きな輪となりますことを願っています。
趣旨にご賛同してくださった方は、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。


green.gif


hhr08.gifご支援につきましてはお手数ですがコチラでご確認ください。


green.gif


「ご質問やお問合せ」はお手数ですがメールにてお知らせくださいね。
右サイドバーの「メールフォーム」又は、
FormMailサービスからお願い致します。   
icon_mail29.gif ←アイコンをクリックしてくださいね。
ご注意FormMailサービスをご利用頂く場合、
合計「送信ボタンを2度」クリックしなければなりません。
お手数ですが、ご確認くださいね。

green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさまへ

いつも山梨wankoへの想い、ありがとうございます。
私個人としましては、鍵コメントさまと全く同じ考えなんです。
犬の医療というものにつきましては、みなさま考えかたが違いますね。
例えば、法律で定められている狂犬病予防注射でさえ、
デメリット考慮の末、義務付けを反対される飼い主さまも
多くいらっしゃいます。
人間の場合でも延命措置を拒む尊厳死の選択が
ようやく認められてきました。

私自身は医療ミスで若い愛犬を失っていますけれど、
それでもやはり、現在の愛犬たちは医療に頼っています。
山奥で数百頭の犬たちをお世話されてきた方たちの
医療への価値観というのでしょうか、必要性という感覚は
一般家庭での飼育とは全く別であると、最近認識するようになりました。

公の場ですべてをお伝えできないのが申し訳ないのですが、
一言で申し上げると、現場に於きましては、今後も
医療費がそれほど必要にはならない、つまり
既に多くの犬たちが18才前後であるということや
獣医師に往診を頼めない事情があるということ、
何より、お世話され続けてきた方が、
慣れた自分の犬小屋で最期を迎えさせてあげたい、
よって延命措置は望まない、というお考えなのだと思います。
もちろん、痛みや苦しみが伴う場合の沈静措置は受けさせて
もらえるようにお伝えしています。
又、現地にはマルコブルーノ氏という心強い協力者がいらっしゃいますので、
安心している部分もあります。
実際に腫瘍摘出の為マルコ氏の元へ行ったポップは、
あちらのご負担で手術も済み現在も山ではなく
マルコ氏の元で暮らしています。
今後、最悪手術云々という事態が起こった場合(年齢的に無理かもしれませんが)
勝手ながらみなさまにご寄付のご協力を
お願いすることになるかも知れません。

現時点に於きまして、医療費の使途予定が無い状態ですので、
一旦、医療費へのご寄付という項目を中止致しました。

ご心配のお気持ち大変感謝致します。
私の説明不足でご心配をおかけしまして
申し訳ございませんでした。
至らぬところが多いかと思いますが、
どうぞ今後とも山梨の犬たちへの応援を宜しくお願い致します。
お気持ちはとても伝わります。
「医療費」として別枠でストック出来ればいいのですけれど。。

コメント、ありがとうございました。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。