スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地雷探知犬アターに想う

この時期は早く起きて犬たちの散歩へ出かけます。
目覚まし時計は5時にセット。
まだまだ日中は「猛暑」ですが、
季節はまるでスローモーション映像を観ているかのように
確実に流れていますね、だってついこの間まで明るかった空が
灰色一色で陽の誕生を待っている感じだったのです。

早朝のTV画面に1頭の犬。
どうやら外国のようでした。
地面に一本のロープを這わし、その脇をゆっくり歩く訓練をしていました。
落ち着きなく凄く焦りながら犬が急ぎ足で歩いています。
何だかうちの犬たちの散歩風景を、
外野的に覗き見しているような気がしました。

リードを持った青年が無言のまま
犬の歩行に付き添っているように見えました。
上官からダメな行動をした場合は叱らなければと、
厳しい声が飛びます。
青年は上官に訴えます。
「この犬は叱ってはダメです。
時間はかかるけど必ず試験に合格します。」


地雷探知犬アター。
今も多くの地雷が埋め込まれたままのカンボジアで
アターは初めて国内繁殖された犬です。
失敗は許されない。訓練は続きます。

決して怒らない。
青年は根気強く何度も何度もアターに教えます。
ゆっくり歩く事、決して焦らず火薬の匂いを嗅ぎわける事。
訓練以外の時間ではアターの好きなことに延々付きあいます。

人と犬の信頼関係が日毎に強い絆に変わっていきます。
4ヶ月後の試験当日。
アターは試験に挑みますが、突然青年が「一時中断」を伝えます。
アターが焦っていると言うのです。
青年は何も指図せず、ただアターの隣にしゃがみこみ無言のままに
アターにそっと寄り添っています。
無言の10分間が過ぎ、
まるで言い合わせたかのようにアターと青年は試験コースへと戻ります。

落ち着きを取り戻したアターは
すべての地雷を嗅ぎわけ、見事試験に合格したのです。
カンボジアで繁殖された第一号の地雷探知犬として
アターはこれから青年と共に
地雷撤去作業に向かいます。

カンボジアは地雷被害者が多い国の一つです。
地雷探知機での撤去作業に加えて
麻薬を嗅ぎわける犬たちのように
火薬を嗅ぎわけ人々の命を救う為に
「地雷探知犬の必要性」が注目されているそうです。


人と犬との信頼関係の深さ、犬の感受性の豊さ、
そして犬の個々に違う性格をきちんと把握しようと努める青年
あるいはアターは教訓通りの訓練法では
「失格」の烙印を押されていたかもしれません。
番組の中で、青年は「アター、がんばろう、
失敗すれば将来はないんだよ」と
やさしく言い聞かせる場面が印象的でした。


なぜ、このお話を記事にしたと思われますか。
少し余談になりますが、娘は小学一年生の時、登校拒否児童でした。
親娘は運良くとても熱心な担任教師に恵まれ、
夏休みの頃には、嫌々ながらも娘は学校へ行けるようにまでなったのです。
その時、先生は次のように言われました、
「おかぁさん、子供はね、お尻叩いてぐんぐん伸びる子と
褒めて褒めて伸ばしてあげなきゃいけない子がいるのよ。
○○ちゃんは、後の方。とにかくどんな小さなことでも
褒めて褒めてうんと自信をもたせてあげてね。」

今も心にしっかり残るその言葉です。
犬。という生きものは、
あるいは「褒めて育てる」が理に適っているのではないかと、
アターの番組を観ていてそう感じました。
個体差という問題があるでしょうが、
厳しい訓練後の褒め讃えを求めて、
警察犬、災害救助犬、盲導犬、介助犬、麻薬探知犬、地雷探知犬などは
私たちの知らないところで、日々努力しているのだと
改めて、日夜訓練に挑む犬に拍手を送りたいのです。

そして、山梨wankoにも
一生懸命がんばっている犬がいますね。
そうです、サニーです。
サニーの表情の変化にきっとみなさまもお気付きのことと思います。
犬は必ず「応えて」くれます。
多頭のなかの一頭ではなく、個別に愛情をかけてもらえる幸せを
サニーは徐々にかみ締めているのだと思うんです。
えみこさんご家族の深い愛情に応えようと
サニーは、がんばっています。
きっと、赤い糸が繋がる。そう信じています。
犬ってこんなにも数日で表情が変わるんだな~って、
いつも感心しながらブログを拝見しています。
犬は、必ず人を信じようと一生懸命なんですね。

山梨wankoのほとんどは、
やはりさみしい犬生を送ってきたのだと思います。
もちろん無理もありません。
頭数が多過ぎますから、よくお世話してもらっている方ですね、
あのような不便な環境に於いて。
だからこそ、「サニーのイマ」が嬉しくて仕方ないのです。
えみこさん、本当にありがとうございます。


裏切られても裏切られても人を信じる心をもつ
そんなすばらしい私たち人間の友だち。
人が犬を信じ、犬が人を信じる。
この当然の関係がなぜ、いとも簡単に崩れるのでしょうか。
犬はどのような状況であっても人間を信じる。
その心に応えるのが私たち人間の役目だと
そんなふうにすべての人たちが思ってくれるなら。
もしも今、絆を絶とうとそんな選択肢を思い描く方がいるのなら、
どうか、言葉で訴える事が出来ない犬たちを、
そのまっすぐな気持ちを裏切らないで、欲しいのです。
心からお願い致します。

地雷探知犬アター
人々の為、勇敢に日々地雷撤去作業に挑んでいる事と思います。
大好きな青年と共に。

いつの日か、すべての犬との共存共生が実現出来ますように。
殺処分される犬や猫の頭数ゼロ。
その現実がきっと常識になる日が訪れますように。






green.gif 
ponta148.jpg 

 山梨wankoチャリティーショップ 

「ワンコインご寄付」(500円一口となっています)の
チャリティーショップを開設しました。
みなさまの小さなお気持ちが、やがて大きな輪となりますことを願っています。
趣旨にご賛同してくださった方は、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。


green.gif


hhr08.gifご支援につきましてはお手数ですがコチラでご確認ください。


green.gif


「ご質問やお問合せ」はお手数ですがメールにてお知らせくださいね。
右サイドバーの「メールフォーム」又は、
FormMailサービスからお願い致します。   
icon_mail29.gif ←アイコンをクリックしてくださいね。
ご注意FormMailサービスをご利用頂く場合、
合計「送信ボタンを2度」クリックしなければなりません。
お手数ですが、ご確認くださいね。

green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こういう番組こそゴールデンタイムに・・・

私も見ました。
アターへの思い、地雷探知犬への思いはともかくとしても
こういう内容の濃い番組は沢山の人が見られる時間帯に流してほしかったなぁ・・・
と番組終了後に感じました。

でも、夏ママさんも見られたっていう事は
結構視聴率高かったのでしょうかねぇ・・・

戦争のこと 国家間の問題 経済のこと 犬との関係 行政の在り方・・・ 
いろいろ考えさせられる内容だったと思います。
再放送して欲しいなあ。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サニーくん

ご苦労様です。
サニーくん毎日元気に散歩に行っています。最近ではドライフードも食べるようになりました。
本当は甘えたいけど、どうしていいかわからないという感じですが、最初の比べるとデッキの下から出てきて様子を伺ったり、慣れたようで安心しています。とっても可愛いです!!
ゆっくりでいいので赤い糸が繋がるまで、人間を信用してもらえるよう努力したいと思います。

私の一番の夢でもあります。出来ることからコツコツと続けて殺処分ゼロになるよう頑張りたいです。

バーバMIKOさまへ

記事作成後早々にコメント頂戴していながら
お返事が遅くなりごめんなさい。

ご覧になられたのですね。私は途中からしか観ていないので
とても残念に想い、検索してみたんです。
既に5月放映の再放送だったようでがっくりしました。

http://www.nhk.or.jp/asiansmile/onair_sogo/20100516.html

戦争は、終結後も人々の心と体を苦しめます。
8月はやはり「戦争」を取り上げた放映が多いので、
時間の許す限りは観たいと思っていました。
先日は録画していた「シベリア抑留」について取材した番組を観ました。
生きて日本へ帰還した元兵士たち。あれほど夢見た帰国なのに、
まさか同じ国民に差別を受けていたなんて。
戦争は終わっていない。そう強く感じました。
この事は何れyahooブログで書きたいと思っているんです。

楽しい番組も大切ですが、問題提起する番組作りにも期待したいですね。

何かしら、筋違いなリコメントですみません。

鍵コメントさんへ

こんにちは。
その節はご苦労さまでした。
はい、ご報告して頂いています。
そうですか。。随分嫌な想いをされたんですね。
同じような内容の経緯を他の方からもかつて何度か
お聞きしたことがあります。
みなさん「目標」は一つなのに、いつしか進む道、いえ
選ぶ道に希少なずれが生じるものかもしれませんね。

毎朝行く散歩コースで野良の猫たちに会います。
その事につきましては、又メールでお話させてくださいね。

今年は残暑が厳しいようですので、
どうぞくれぐれもお体大切にしてくださいね。

暑い中、本当にご苦労さまでした。

えみこさんへ

お世話になっています。
サニーの表情が日に日に豊かになってきましたね。
えみこさんのコメントを拝見後、
ブログ記事にありました、サニーは高いところがお好き?
について小林さんにお聞きしてみました。
答は「高いところが大好き」なんだそうです。
山でも、気がつけば犬小屋(四角)の屋根に飛び乗っていて、
「俺様はえらいんだい!」っていうふうなサニーなのですが、
とてもとても臆病ワンコ。
ある日、蛇が犬小屋の屋根に現れ、かま首を持ち上げた姿に
たじろいで飛んで犬小屋の中へ逃げ込んだそうなんです。
他の犬はやっつけちゃうそうです。
愛すべきサニーのエピソードですね。お茶目です。
暑い中大変だと思いますが、どうぞサニーをよろしくお願い致します。

えみこさんの活動実績は、行政の方たちも認めてらっしゃいます。
信頼関係を築くには相当なご苦労があったことかと思います。
私の知っている個人活動家の女性も
根気よく行政側との信頼関係を築く為努力されていました。
その姿勢が認められ多くの譲渡対象外の命を救ってこられました。
その自治体では仔犬の譲渡が出来なかったことから
たったお一人で誠実に地道にやってこられました。
えみこさんのような方がいらっしゃる限り
殺処分ゼロは、決して「夢」で終わる事はないと信じています

どうぞまずはご自身のお体大切にしてくださいね。
ご活躍を応援しています。
がんばってくださいね。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。