スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス室生還・奇跡の犬

数年前、新聞に掲載された記事

「ガス室生還 奇跡の犬 -
 扉開けたらシッポ振り、処置中止 米」


気がつけばその記事を切り抜き、以来大切にクリアファイルに収め
机の引き出しにしまっていました。


kisekinoinu

バセンジーの雑種との記事内容から「バセンジー」という犬種を調べたのを覚えています。
ニューヨークでの出来事です。
地元メディアで報じられ、700人以上が里親になりたいと申し出ている。と書かれています。
国は違えど、人の意識は同じだと当時は思ったものでした。
その700人の人がセンターに収容されている犬達を家族として迎え入れてくれれば
人口35万人のセントルイスで年間約4000匹の犬達が処分されることはなかった筈。
他の犬達が息絶えた同じガス室の中で、生き残った1頭の犬。
「再び扉を閉めて殺す気にはなれなかった」
と担当職員さんのお話も記事では紹介していました。

生還した、一瞬笑っているとも見える奇跡の犬。
身勝手な人間達に対する強いメッセージが込められている気がします。

あれから、数年。
ここ日本に於いても、同じように「ガス室から生還した1頭の犬」がいます。
(保護団体さんへのリンク、ご紹介はご迷惑がかかるといけませんので
控えたいと思います)。
奇跡・強運・さまざまな言葉を勲章に1頭の犬は生き延びました。
本来なら喜ぶべきことなのでしょうが、
あまりにも哀しくせつない出来事として、犬の顔が脳裏から消えません。
仲間がばたばたと倒れるのを目にしながら
酸素不足で苦しくなる状況のなか、一体彼は「生きる望み」をどのようにして
持ち続けることが出来たのでしょうか。
確かに強運であったとは思います。奇跡であったとも思います。
けれど、彼の「生きたい!」という強い意志、魂こそが
生還へと命を繋いだ、つまり偶然とか運命とかではなく
それは紛れもなく
「一つの命」の心からの叫びが自らの力で勝ち取った、
真実であったと思うのです。
よくぞ生き抜いてくれたと感謝します。
そして、心から謝りたい。
どうか、人間へのメッセージを秘めた1頭の犬に
モニター上で出会えることがあるのなら、
同じ人間としてお一人でも多くの方に謝って欲しいのです。
ケージには自ら入るものの、扉を閉めるとパニックになると書かれていました。
彼の心の傷がいつの日か、
きっとどこかで待っている新しい飼い主さまの愛情により
ゆっくりと癒えることを心から願います。

山梨の犬たちも、同じように命を絶たれたかもしれない過去を背負っています。
決して恵まれた環境でないにしろ、
犬たちは「生きている!!」のです。
支援者のみなさまのお力で老犬となった今も
その命を繋いでいられるのです。
この現実に対しまして、
とても言葉では言い表せないほどの感謝の気持ちを抱いています。
生きていられる命たち。
この世に生まれ、生きるという当たり前のことが遂行できない
あまりにも身勝手な人間社会。
哀しい目をした、すっかり諦めた目を向ける、そんな
全国でガス室へ送り込まれる多くの命たちへ、
無力を詫びせめて黙祷を捧げたいと思います。

****さんに保護されているミックスくん。
生きていてくれて
本当に本当にありがとう。





green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。




テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。