スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨wankoチャリティーショップについてのご説明

 どしゃ降りの週末を迎えました。
じとじとしていて気持ちも沈みがちになりますね。
真夏の暑さも苦手ですが、梅雨よりはいいかな、なんて身勝手に思ってしまいます。
人は(私だけかもしれませんが)、
どこまでもナイモノネダリ症候群なのかもしれませんね。

6月27日に開設しました「山梨wankoチャリティーショップ」

shopbanaresize.jpg

バナーは、規格対象外サイズですが、
どうしても笑顔のポンタの画像を使用したかったんですね。
(リンクのご協力もお願いさせてくださいね、一言お知らせくださると嬉しいです)

おかげさまでみなさまからご協力を頂戴しています。
6月27日~30日のご支援のご協力は

山梨wanko医療費基金  16口
N・K地区環境改善基金  1口
労い支援        14口  合計31口 となりました。

7月に入ってからも現時点で 合計 42口 のご協力を頂戴しています。

説明もままならない状態でのみなさまからのご協力、
心から感謝しています。
詳細につきましては、月末〆の会計報告(明日中には更新致しますので
今しばらくお時間くださいね)にて
同時に報告させていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。

ショップという事ですので、
寄付内容を商品に見立てる必要があり、
犬たちへのご寄付は、「医療費」と「環境改善」とに大きく分けました。
お振込み口座は一口座となりますことから、
会計報告に於きましては、支出内容にてご確認して頂くことになりますので
そのご説明をさせて頂きたいと思います。

例えば、6月の医療費のご寄付合計が16口x500=8000。そこから
実際に遣わせて頂いた、つまり領収書の金額と並行しての項目別(商品別)の収支内訳を
作成して頂く事は、口座管理の小林さんのご負担があまりにも大きくなります事から、
個々にみなさまに「会計報告」を見てご確認いただく事になるかと思います。
では、なぜ区別してのご寄付公募へなるかとお思いになるかと思います。
実は以前より、犬たちの医療費に遣って頂きたいのだけれど
そういう場合はどのようにすればよいのか(誰に何を伝えればよいのか)という内容の
お問合せを多く頂戴していました。
みなさまの犬たちへの愛情を考慮させて頂き、ご自身のお気持ちとしての
「医療費へのご寄付」という形式をとらせて頂きましたので
どうぞご理解くださいね。
まだ開設して間がないのですが、みなさまの「犬たちへの医療」につきましての
切なる願いがとても強いことを痛切に感じています。
このことに関しましては、正直にみなさまにお話したいことがあるのです。
順を追ってお話したいと思います。

先に、小林さんたちへの「労い支援」へのご寄付につきましてご説明致します。
労い支援へのご寄付は、月末〆にて合計金額を小林さんにお知らせ致します。
同額を犬たちへの支援目的口座より
小林さん個人口座へ移していただくという方法を考えました。
そして、チャリティーショップのご支援の詳細につきましては、
活字ではなく自筆にて小林さんに郵送するつもりです。
そして、「医療費」が最も多いことをご確認頂き、小林さんのお気持ちというか
医療に対する考え方などにある種の「余裕」が生まれれば良いな、と思うのです。
高額な医療費。というものにつきましては、
おそらく私たちの世代、又は生活環境と、
小林さんのそれとは大きな隔たりがあると感じています。
その現実は決して責められるべきものではありませんし、
長い間の、ご自分達の食べるものさえ底をつくような生活環境の内側で
あまりにかけ離れた「金銭感覚」を求めるのは筋が違うのではないかと感じています。
犬たちへの医療費。というものへの支援者様の願いも含めまして
今回このようなチャリティーショップという形をとることに致しました。

人生経験も豊富であり、学生さんたちからも大変慕われています。
犬たちへの愛情もやはり半端ではないのだと思うのです。
すべてを捨て山に篭り余生を犬たちと共に生きる道を選ばれました。
確かに「犬たちへの扱い」につきまして、私自身小林さんに疑問を感じた時期もありました。
「理想論」を展開しながら頭でっかちになりゆく自分と
「現実」に向き合い、出来る範囲で可能な限り犬たちへの愛情を貫く小林さん。
小林さんを後追いするマリーをはじめとする犬たちからの信頼が
そのすべてを物語っているのだと、気付いたのです。
長年関与していながら、ずいぶんと情けないお話ですね。

話が横道に逸れましたが、
犬たちへの医療に対する姿勢を、
微力ながら少しずつでも緩和できるように努めたいと思います。
決して獣医師に背を向けている訳ではなく、
医療に反対という訳でもないと思うのです。
現実には、譲渡可能性のある預かり犬たちにはきちんと病院で
検査や投薬治療など実施されています。
現地で生きるすべての犬たちへも、
同じように身体の異変を治癒する為の治療を受けさせてあげたい。
それが私の願いです。

決して焦らず時間をかけて、小林さんの気持ちの変化を期待しながら
この問題に向き合っていきたいと思っています。

さまざまな経緯、生活環境、などが生み出す「生きる為の術」。
犬たちへの想いは、みなさまと同じ方向を目指す小林さんです。
1頭でも多くの犬を譲渡での旅立ちへ。
ご理解くださいますように心からお願い致します。

チャリティーショップにつきまして、
疑問に感じられることなどございました時には
いつでもお問合せくださいね。

最後までお読み下さりありがとうございました。







green.gif 
ponta148.jpg 

 山梨wankoチャリティーショップ 

「ワンコインご寄付」(500円一口となっています)のチャリティーショップを開設しました。
みなさまの小さなお気持ちが、やがて大きな輪となりますことを願っています。
趣旨にご賛同してくださった方は、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。


green.gif


hhr08.gifご支援につきましてはお手数ですがコチラでご確認ください。


green.gif


「ご質問やお問合せ」はお手数ですがメールにてお知らせくださいね。
右サイドバーの「メールフォーム」又は、
FormMailサービスからお願い致します。   
icon_mail29.gif ←アイコンをクリックしてくださいね。
ご注意FormMailサービスをご利用頂く場合、
合計「送信ボタンを2度」クリックしなければなりません。
お手数ですが、ご確認くださいね。

green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。



テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

賛同します

夏ママさん、こんばんは。

心くばりたっぷりの説明をして頂きまして、ありがとうございました。

支援とか 協力というのは
しようと思う人の数だけ 方法論があると思うので
1つの形にまとめていくという作業は、並大抵の事ではないでしょう。

しかし、何とかして推し進めていかなければならない。
それも早急に・・・という状況下で
現段階では、この方法が最善かと思い賛同させて頂きます。

小さな小さな命たちが少しでも穏やかに暮らせるようにと
行政が手を伸ばしてくれない部分を
善意の人たちが、それぞれの心のひとかけらを持ち寄る。
とてもシンプルな行動ですよね。

だから、複雑な方法はいらないと思うのです。
残り時間の少ない彼らのための行為が
長々と考え、立ち止まっては意味が無い!

この先もっとベストな方法が出てきたら
その時点で改善していけば良いじゃないですか?

お気楽な私の暴言です・・・・ごめんなさい。

バーバMIKOさまへ

バーバMIKOさまのおっしゃるとおりと思います。
立ち止まっている間に、犬たちの時間は駆け足で通り過ぎますものね。
十人十色という言葉がありますが、ソレを痛切に感じます。
人の想いや考えかたはすべて違いますし、又自分を見つめてみると、
日々コロコロと変わる感情に支配されているのですから。
殊更、向き合う対象は「命」であり、
決して安易な方策を選択することなど出来ませんものね。
山梨wanko応援チームは、
常にみなさま同じ位置で同じ方向を目指し同じ道を歩もうとしている。
そんな風に思います。
どうぞ今後とも、何かお気付きの点やご提案などいつでもお伝えくださいね。
真摯なコメント、ありがとうございました。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。