スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいお別れータロウの死

tarou0528.jpg

先程、15:07 突然の訃報が届きました。
山梨ワンコたちのボス・タロウが亡くなりました。

タロウは小林さんが特に思い入れをもっている犬でしたので
中々お電話が出来ませんでした。
あまりに突然だったので、なんと言葉をおかけすればよいかと迷いましたが、
少しだけお話しました。

今朝は、最近時折咳き込むタロウとポンタの血液検査の為
帝京大学の獣医師資格のある先生と学生さんとが現地を訪れていたそうです。
その後、ごはんを貰おうとタロウも歩いて寄ってきていつものように
フードを食べました。
小林さんが他の犬たちの給餌に向かい、
そして今日は車の撤去作業など(K地区)があり、
ようやく戻ったところ、タロウが突然ひくひくと小さく痙攣し始め、
あっという間に息を引き取ったということでした。
苦しむこともなく小林さんに看取られ
タロウ君、その17~18年の生涯を閉じました。

いろいろな思い出、面影が浮かぶと、小林さんも大変つらそうでしたので
お悔やみの言葉を述べ、すぐに電話は切りました。
私自身もタロウの写真をプロフィール画像に使ったり
今度作成するリンクバナーにも使いたいなど
毎日のようにタロウの画像を見ていましたので
突然の訃報に驚き、哀しみを隠せませんでした。

現在70頭、今度数が減る時は是非譲渡でと
学生さんも記事にて書かれていましたので、
みなさん大変ショックを受けられているようです。
取り分け、タロウの存在は学生さんや私たち支援者にとりましても
とても大きなものでしたから、
きっとみなさまも、このお知らせの記事を読まれ
悲しまれていることと思います。

タロウの遺影につきましては、拙いものではあるのですが
今夜必ず更新致します。

山梨ワンコたちの代表であった「ボスのタロウ」
ゆったりと生き、大往生であったと思います。


小林さんの傍でいつも癒しを与えてくれていたことと思います。
タロウ...本当に長い間ご苦労さまでした。

タロウ君のご冥福を心よりお祈り致します。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ジャーキーが大好きだったタロウです。突然の出来事にびっくりしています。
タロウに会いに行ってきます。
タロウの父の事も心配なので、行ってきます。

トキのママさんへ

ありがとうございます。
「あぁ タロウは元気ですよ」と、明るく毎回言われていました。
今夜はおつらいかと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

逢った事はなったけれど、タロウ君のイメージは
ちゃんと私の中で出来上がっていました。
鷹揚で、ゆっくりゆっくり歩く薄茶色の大きな
大きな仔。
その瞳で、いつも小林さんを追いかけていた事でしょう。
苦しまず小林さんに看取ってもらえた事、山梨の
現場では稀な事です。
それだけでもタロウ君は満足しながら、虹の橋の仲間の元へ
駆けのぼったのだと思います。

タロウ君、長い間お疲れさまでした。
貴方の事は忘れないよ。

タロウ安らかに

タロウに会いに行ってきました。

伏せをしている状態で、まるで眠っているかのようでした。

タロウと呼んだら本当に起きてきそうな・・・。

上小野のボスとして、また小林さんの話し相手としていつも近くに居たタロウ。

今夜も大勢の学生さんが訪れて、タロウとのお別れをして下さったようです。

みんなから愛されたタロウ。

君は幸せだったよね。

ゆっくり眠って下さい。





YOSIEさまへ

YOSIEさまへ

タロウくんへのお悔やみメッセージありがとうございます。
私たちには旅立った犬たちを偲ぶことしか出来ません。
タロウの訃報はとてもショックでした。
小林さんのタロウへの想いを私なりに理解していましたので。
小林さんとタロウの間には17年以上の時間を共有した
家族としての絆があるのだと思います。
私たちが愛犬に癒され励まされるように、
孤独な山の生活に於いてタロウの存在は、
遺影のように一点の灯火であったのかもしれませんね。
もたれ合う、という関係は、タロウが他の犬たちと違う存在であったことへの
しるしであったのだと思います。

いつも私の想いを受け止めてくださって、
本当にありがとうございます。

トキのママさんへ

ご苦労さまでした。
タロウの様子をお知らせ下さりありがとうございました。
あえて、小林さんの画像も掲載する事にしました。
トキママさんの想いに重なる記事内容になっているかは
正直不安ですが、メールを読みやはり心痛みます。
カラスから「タロウ」を守らねばならない現地の厳しさを痛感しています。

そうですか。。学生さんたちにもお別れしてもらったのですね。
苦しまず、その年齢から大往生であったのだと思います。
過酷な時期も経験したタロウですが、
この数年、タロウは本当に幸せであったことでしょうね。

ありがとうございました。
どうぞお身体ご自愛くださいね。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。