スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フードのこと

先日、ベコさんからフードのご報告がありました。
4月30日現在フードの残量は500㌔。

4月22日、小林さんからお聞きした残量が500㌔弱でした。
翌日23日から30日までの8日間の推定使用量
@200g(1頭一日平均使用量) x 120(現地の頭数) = 24㌔ 
                       ↑リトルジョン君はベコさんのお家なので
                        現地組は120頭になります。

24㌔(120頭の一日平均使用量) x 8(日) = 192㌔

多くのみなさんの温かいご支援でたくさんのフードが集まりました。
ご協力いただき本当にありがとうございます。

山梨の問題につきましては、何人もの方たちがネット上で支援ご協力を
呼びかけていらっしゃいます。
一人一人の力は大地を這う蟻ほどの存在かも知れませんが、
小さな蟻が行列を成し餌を巣穴へ運ぶ時、明らかにその存在感を誇示するように
私たちもまた、一人一人が手を繋ぎ大きな輪へと広がるように願っています。

尚、リトルジョン君のフード代はプールしている支援金から算出しているのか、
現地のフードを持ち帰っているのか、ベコさんの負担なのか、未確認です。
と言うのも、みなさまからの支援金につきましては、
かなり慎重に管理されており、こんなエピソードもあるんです。
現地で活動されていた学生さんが蜂に刺されたことがあり、
その治療費さえも自己負担であったというのです。
私などの考えでは、当然それは支援金から捻出されるべきであるかと思うのですが、
蜂に刺されるのは本人の油断が招いた事故なのでそうで、
これには小林さんも苦笑されていました。

如何に「ひとさまからの大切なお金」を、
緊張の糸を解すことなく管理しているかがわかります。
みなさまからの支援金は「犬たちだけの為に」使うとの
強い姿勢が伺えます。
小林さんご自身も、学生さんたちの良き理解者であろうと努められています。
例えば、老朽化してきた犬舎の修理に使う釘1本まで
きっちり領収書を添え申告されているんですよ。
家計簿なんて縁遠い私も、少しは見習わなければ、と思います。
きっと、貧窮されていても「じっと我慢の子」である根本には
学生さんたちへの信頼感が強いのだと感じています。
孫のような協力者たちの訪問に、小林さんの笑顔は耐えません。

それから。。
フードの定期支援についてなのですが、
以前小林さんとお話しした時、ご自身は乗り気でないというか、
とてもそんな図々しいお願いは出来ないとのニュアンスを感じました。
確かに毎月のご支援依頼、というのは上から目線的な印象を受けます。
その意味に於いて、小林さんの謙虚な姿勢からは「支援」だけが
ひとり歩きしているように感じます。

2月2日現在、えりつぃんさんのご報告によると
定期支援を申し出られた方の合計フード量は118㌔でした。
個人的には最低限何があっても。という量を申告していますので
加算されることはあってもマイナスはありません。
おそらく殆どの方がそうされているかと思います。
118㌔というと約5日間のフード使用量です。
それでも小林さんにとっては猶予の5日間。
正直気持が楽だとおっしゃいます。
明日ゼロにはならないという安堵の想いが
少しでも延長出来ればとも思いますが、
先程も言いましたように、定期支援は小林さんの本意ではありません。
なので、ふっと山梨のことが過った時にフードのご支援をお願い出来ればと思います。
銘柄は問いません。シニア用でなくてもかまいません。
残り25日分のフードが一袋でも多く、山梨県都留市の山へ届きますように。
ご協力を心からお願い致します。



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。