スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しい言葉たち

山梨多頭飼育問題につきましては、
HP開設時代表・ごっちさんのご報告通り
新たにサイトをリニューアルされる準備中だそうですから、
現在は楽しみにしている状況です。
又、学生さんたちの支援活動は体制を整えつつあるとの
ベコさんの更新記事を読み、安堵しています。
現地活動での協力が出来ませんので、
微力ながら出来ることを続けたいと思います。
ワタクシゴトですが、少し携帯電話の調子が悪いのと時間的な余裕が取れず
ここ1週間ほど小林さんと連絡は取っていません。
スミマセン。

夜。様々なサイトを訪問させていただいています。
政治に保守派と改革派があるように、
愛護問題についてもやはり守る体制の考え方と
改革を唱える考え方があります。
私自身、山梨の問題は「保守」に徹するべきだと考えています。
某団体の代表の方が、老犬はやむを得ない場合は安楽死させる、
とのことを述べていらっしゃいました。
そして、それについて「可哀想」だと思うであろう人たちを、非難されていました。
正直、現実問題としては「やむを得ない」かもしれないかと感じます。
しかし、言葉を荒げて書きなぐることではないと思います。
もちろん苦渋の選択であることは、誰しも理解出来ます。
だからこそ、活字で踏み入るべき領域ではないと思っています。
安易に命を捨てる人が後を絶たない現実への憤りと怒りは、
心の内側に誰しも抱える鉛の部分です。
批判でも非難でもありません。
多くの命を救ってこられた経緯を理解しているので、
救命された命への「安楽死」という命の線引き・その発言・攻撃的な内容に
辛い感情を抱きました。

又、日本での動物愛護先駆者である方が代表を務める某愛護団体でも、
病気の犬。老いて里親さんが見つからない犬。を安楽死している、との情報が漏れ
ネット上で叩かれていたことがあります。
殆どが「可哀想!」「酷い!」という内容の声だったと記憶しています。
多くの方は思いませんでしたか。
「じゃぁ、あなたが家族に迎えなさいよ。」
心で生まれた感情は誰にも止められません。
けれど、その個々の声を文字に託して公開することに疑問を感じています。

私自身、人を非難する為の「言葉の刃」は振り翳すべきではないと思っています。
人への批判からは、何一つ生まれません。自分自身も結局傷つきます。
表現の自由という考え方は、自らの意思を言葉によって伝える行動ではないでしょうか。
誹謗中傷の類の言葉群は、
必ず連鎖反応により引き出されています。
本来の表現の自由とは、まるで方向性を見失った「言葉の群れ」だと感じます。
自分自身も含めて、人は弱い生きものです。
負の部分を、なぜ引き出すような言葉を公開するのか。
過去の自分への反省も含めて、そう思います。

安楽死問題は、活字にすると様々な憶測を含みます。
憶測が生み出す幻影さえも、いつしか現実化される恐れもあると思います。
団体の趣旨として、そのような方向性をも含む真実を語られる勇気には
敬意を表します。
これまで応援されていた方が、反感を抱かないような「含み」も
やさしさではなかったのかと、とても残念に思いました。

話が大筋から逸れてしまいました。
「老犬」という言葉に敏感に反応するようです。
悪意は一切ありませんので、もし関係者の方が読まれて
不愉快な思いをされるのならお詫び致します。

山梨の問題は「細く長く」のご支援が必要です。
フード不足の問題解決は、決して「改革」に転じないような
「保守・どこまでも守り」のスタンスで、ご協力させていただきたいと思っています。
どうか、121頭の老犬たちの命を繋ぎ、命を守るお手伝いを、心からお願い致します。
最後までお読み下さり、ありがとうございました。


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。