5月/支援物資とフード残量のご報告

VFSH0021.jpg


いつも温かいご支援本当にありがとうございます。
今朝、小林さんよりご連絡いただきましたのでご報告致しますね。
(*こちらでは「犬用支援物資」のみの報告とさせていただきたいと思います。)

学生さんたちは現場のお手伝いでお忙しいので
出過ぎた真似かとも思うのですが、現状況をお伝えくださっている限りは
ご報告する義務があるかと考えましたので、ご理解くださいね。

堅苦しい文字列ばかりの記事ですから、久々に花の画像をアップしてみました。
人気No1の「パリ」という品種名のスプレーバラです。
可愛いですね


flowerline1-6.gif


     5月のご支援いただいた物資の内訳

フード~ 939,62 ㌔

ジャーキー~ 22,25 ㌔

ほねっこ~ 24 袋

レトルトタイプ~ 56 袋

冷凍肉~ 15 ㌔  
(↑おそらく近くのお店から犬用に頂いている月合計量かと思うのですが、
今度お聞きしてみます。)

在庫量は5月31日現在「約800キロ」です。


flowerline1-6.gif



みなさまのご協力のおかげで、6月分のフードは確保出来ました。
小林さんも大変安心されているご様子が、文面からも感じられます。
本当にありがとうございました。
現在現地にて暮らす犬の頭数は120頭。
リトルジョン君は学生さんのお家で。
又あと1頭(小林さんはリキ君をと考えておられます)、
別の学生さんのお家へ移動する予定だそうです。
とは言え、一ヶ月のフード使用量は約720㌔です。
日々、ズズン。。ズズン。。と音を立てて袋が減りますね。
お一人お一人の、一袋・1キロ、のフードのご支援が必要です。
毎月でなくてもいいんです。ふっと山梨県の山で暮らす犬たちへ想いを馳せて頂いた時、
どうぞフード一袋のご支援のご協力をお願い致します。
いつもお願いばかりで心苦しいのですが、どうぞよろしくお願い致します。

現地の犬たちは、愛情を独り占め出来ません。
小林さんが毎日120頭ずべての仔を見て回る時間もありません。
最近センターの所長初め管理職の方数名が頻繁に現地視察へ来られるようです。
この状況は犬たちにとっては良いことだと小林さんはおっしゃいます。
対応はすべて小林さん一人でされています。
それでも、不慮の事故が起きない為に、時間の許す限りは
1頭ずつ様子を見て回る仕事も加算されました。
犬は感情の豊かな動物です。
人が大好きで、人に愛情をかけて欲しいと、
本来ならすべての仔が思っている筈です。
犬舎の隅で今尚心を閉ざす「ひとりぼっち」の老犬もいます。
この仔がもしも、幸せを感じる瞬間があるのなら
それはオナカイッパイになった時だと思うのは
あまりにもこじつけでしょうか。。
申し訳なくも現地で何一つお手伝いが出来ません。
せめて後方支援としての責任を精一杯遂行したいと思っています。
至らない点がたくさんあるかと思います。
何かお気付きのことがありましたら、
どんなことでもいいですので、お伝えくださると嬉しいです。

だらだらとまとまりのない記事を、最後までお読み下さり
ありがとうございました。


flowerline1-6.gif



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム