スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メール

dog.gifdog.gif


11月1日の「ちばわんいぬ親会in八王子」の追記記事になりますので、
昨日の記事に追加しようと思ったのですけれど。。。


091019_1927~01

ポスターを本日夕方、
小林さんから添付ファイルにて送って頂きましたのでアップしたいと思います。
今回は小林さんは参加されないそうです。
以下今後の予定をお伝えいただきました。

今後の予定は
10月24日
富士北麓公園 での譲渡会
(参加犬ーリク、バロン、ユリ、リル)
11月1日
東京・八王子 の河川敷
(参加犬ーリク、バロン、ユリあるいはライアンの3頭予定してます
(原文のままです)。


01-2s.jpg

経緯をご存知の一部の方をのぞきましては、「???…」かと思います。
どのように説明すればよいのか見当もつかないのですが、
私という人間は「右から左へ聞き流す」事が最も苦手であり、
そのくせ「身に降りかかった」事を心に秘めることも苦手だという、
典型的なまでに「理解に苦しむ性格」だと思われます。
考えかた、いえ、捉え方、いえ、感じ方、の相違から
小林さんとの信頼関係に隙間風が肌に染み入るようになり、
何となく気まずい現状況にありました。
心は6月の梅雨空のようにどんよりと鉛のように重く、
気持ちは暗い森の中を宛もなく歩いている感覚でした。
何度か連絡を取ろうとしたのですが、勇気がなく
このままで良い訳ではないということも百も承知でしたので、
毎日毎日梅雨空を見つめていたような感覚でした。

小林さんの気持ち。それは犬にもやさしく。けれどそれ以上に人にもやさしく。
であることはよぅく理解していました。
動物愛護活動は人ありきであり、感情論で考える、あるいは感情論で動くことは
道を誤る可能性がある。それは充分理解しているつもりでした。
なので、常に冷静に客観的に捉えることの重要性を感じてきました。
だけど、その一方での私の気持ち。
それは犬にはやさしく。優先されるべきは、犬にはやさしく。
どのような状況に於いても、犬にはやさしく!  それだけでした。
なぜなら、犬は自力で生き抜く術を持ち合わせてはいないのです。
自らの所有権を人間に委ね、
「飼い犬」としてのみ、初めてその存在も生の存続も公に認められる。
そんな、あまりにも儚い命であるということが、哀しく切ないのです。
古来より、犬は人間の最も近い友であると伝えられてきました。
決して裏切らない友人です。
そして私たち人間は、
その大切な友人たちによってどれほどの恩恵を受けてきたのでしょうか。
愛情をもち接すれば必ず無心で愛情を示してくれる、
そんな愛すべき存在であると思うのです。

そういう気持ちが伝わらなかった現実にやりきれなさを感じ、
すっかり扉を閉じた私です。
自分の気持ちを押し付ける気持ちはありません。と言いながら
結果的には押し付けるどころか背を向けてしまった私です。

メールには私の体調を気遣う言葉がありました。
小耳に挟んだのですが。。。と記されていました。
生きてきた(苦難の)年数や器の違いを感じました。
長年築いてきた信頼関係の内側で、
コチコチと積み重ねられた時間の層というものが、
単純であるかもしれませんが、この感覚を呼び寄せたのではないかと思います。
小林さんには非礼を詫びる内容の返事を送信致しました。
明日から少しは連日の胃痛が治まると良いなと思います。

まだしばらくは操り人形のように「動き」がぎこちないかもしれません。
筋金入りの不器用人間です。ごめんなさい。
山梨の83頭の犬たちの為に、自分が出来ることは何なのか。
そのことに焦点を合わせることを怠らず、
これからも自分の両足で歩いていきたいと思います。
みなさまにご心配をおかけしながら、こんなことを言うのも申し訳ないのですが、
今回の事、初心に戻り自分の想いに再度気付かせていただき、
貴重であったと思っています。
今後どのように進展するのか後退するのか、それはわかりませんけれど
「犬たちへの想い」を貫くことだけをしっかりと見つめ、
新たな気持ちで歩いていきたいと思います。

長々と自分の気持ちを書き連ねてしまい、ごめんなさい。
最後までこのような文章にお付き合いくださった方たち、
本当にありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。