スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の重み

                       06.jpg

昨日、現地へ行かれたトキママさんから
N地区の犬たちの画像を送って頂きました。
改めまして、ありがとうございました。
アップしてみなさまにもN地区で暮らす犬たちの表情を
存分に見て頂きたいと思うのですが、
その前に、どうしても私の考えを書かせて頂きたいと思います。

昨日、ヒナちゃんの訃報をお知らせ頂きました。
がんばったヒナちゃんです。
小林さん初め、学生さんたちの温かい看護の元、
穏やかに旅立てたのではないかと思います。
お話では18歳以上、おそらく20歳近いのではないかということでした。
山梨多頭飼育問題当初より現地で生きてきたヒナちゃん。
数々の残酷な状況も目にしてきたことでしょう。
それでも長寿を全うしました。
そういう意味では「お疲れさまでした」の言葉を添え、
長年の労を労い、ただ安らかにと願います。
ヒナちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

その一方で、
ヒナちゃんが迫り来る死の不安に、あるいは怯えていたかもしれない同時期、
孤独に死と闘いひっそりと息絶えた犬がいました。
現地の状況を知らない私が偉そうに言える事ではないと重々承知しています。
長い間、「現実」を聞き続けてきました。何とか改善して欲しいと願い、
いろいろな提案やお願いしてきました。
けれど、限界です。
どのように方向性を変えたところで
「その現実」は、やはり理解する心の動きに背を向け続けています。
私たち支援者は、
小林さん担当のK地区の犬たちの幸せだけを願い続けているのではありません。
むしろ、より一層人里離れたN地区の、心寂しい犬たちへの想いが大変強いと思います。
K地区とN地区との相違点。
それは、犬たちをお世話されている方たちの「犬たちへの愛情」です。
もちろん、訪れる人は比較出来ないほどに少数であると聞いています。
日々一人でのお世話は想像以上に大変であることも推測出来ます。
Kさんも、寂しいんですよ。と小林さんは言われます。
それならば尚更の事、
犬たちへ愛情を抱きお世話しては頂けないものかと、どうしても感情的に思ってしまいます。
犬という生き物。純真無垢で必ずこちらの愛情に応えてくれます。
気立ての良い犬も多いと聞いています。
長年そんな犬たちと共に同じ地で暮らしながら、愛情を感じないことが理解不能です。
いつ亡くなったかさえ定かでない。そして吐かれた言葉。
「死んだものはしょうがない(仕方がない)」。
そしてそれでもKさんをかばう小林さん。

いつだったかも思い出してさえもらえない、裏山へ埋められた1頭の犬。
名前もなく、撫でてもらうこともなく、時には怯えながら暮らしてきた犬。
小林さんが言われるには、16日より以前であり、
頭数確認の際1頭減っていることに気付かれたそうです。
おそらく、以前体調が悪いと言っていた犬であるということ。
愕然としました。
きちんとヒナちゃんのように流動食を与えてもらっていたのだろうか。
喉の渇きに苦しんでいたのではないのだろうか。
医療を施されないなら、せめて少しでも穏やかに最期を迎えて欲しい。
いいえ。迎えさせてあげて欲しいのです。
「命の重み」
同じ時期、天に昇った二つの命。その雲泥の差。
一体どのようにこの感情を抑えればいいのでしょうか。
山梨の犬たち全頭の幸せを願えばこそ、
人用の食料品や日用品も多くの方が支援して下さっています。
決して支援の見返りを求めるつもりはありませんが、
支援を受ける側として、せめてささやかな愛情を犬たちへ注いで欲しいと
それだけを懇願しているのです。

「現地」との温度差をとても感じています。
犬たちへの想いと届かぬ願いのハザマで、ジレンマが途絶えることはありません。
N地区で生きる39頭の犬たち。
本来なら1頭の雌犬が亡くなり38頭の筈ですが、
頭数確認の際、人に怯え犬舎の奥、あるいは下に隠れる犬がいる為、
39頭が正確な数だそうです。
39の小さな弱き命が、少しでも穏やかに暮らせる為には
どのようにKさんに関わればよいのか、
又、小林さんに協力して頂けるようどのように話せばよいのか、
それをずっと考え続けています。


whiterose.jpg

名もなき犬。
私が看取った最高齢19歳で天国へ旅立った「チロ」の名前をつけたいと思います。
母に大切に13年間可愛がられ、母亡き後、
母の想いを胸に、母に代わり懸命に介護しました。
阪神淡路大震災で全壊した実家からも奇跡的に救出され、
最期は眠りのままに、一度も苦しむことなく静かに旅立ちました。
今度生まれて来る時は、
きっとチロのように強運の持ち主で健康で長生き出来ますように。
そして、溢れるほどの愛情を独り占め出来るようなやさしい飼い主さんと
どうかどうか巡り会えますように。

N地区のチロちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。


※個人攻撃ととられても仕方のない内容になっています。
覚悟の上で書きました。
N地区のチロちゃんの「命の尊厳」を守りたいと思います。
反論のある方は、右サイドバーのメールフォームよりお伝えください。
      
              2009/09/27   夏ママ

コメントの投稿

非公開コメント

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。