りえちゃん、安らかに。

02-2.jpg

今朝7時に届いたりえちゃんの写真です。

090713_1841~01

いつ写した写真かはわかりません。
体調を崩していたりえちゃんですが、
支援者さまの送られたミルクを哺乳瓶半分、時間をおいて半分、
3日間そのような日々が続き、昨日ようやく1本分を飲みきり、
缶詰を半分と、手で小さく契って貰ったジャーキーを少し食べ、
もぉ大丈夫でしょう。と回復の兆しに喜ばれていた小林さんのメールに
添えられていた写真です。

その僅か2時間後、8時39分。
「りえが今しがた死にました。」と短いメールが届いていました。
バタバタしていてメールに気付いたのは10時過ぎていました。

言葉が見つからず、ただりえちゃんのご冥福を祈ることしか出来ませんでした。
山梨も日中は気温が高く、体調の悪い犬にとっては過酷な日々が続きます。
現在、小林さんの必死の看護で闘っている推定年齢18~19才の老犬がいます。
諸事情から獣医の往診もままならず、抗生剤を缶詰に混ぜて与えられているそうです。
かなり攻撃性を増し、誰にでも噛み付くのでお世話がとても大変とのお話です。
何もお手伝い出来ません。
申し訳なく思いますが、本当に現地でのお手伝いが何一つ出来ないのです。
きっと、私と同じ歯がゆい想いを抱かれている方はたくさんいらっしゃるかと思います。
小林さんは、本当によくがんばられます。

りえちゃんのごご冥福を心よりお祈りいたします。
そして、アマちゃん。
もぉそんなにがんばらなくてもいいからね。
賛否両論あるかと思いますが、獣医さんからさじを投げられた子です。
高齢の為手術が出来ません。
きっと心臓が強いのだと思います。
自分にも同じ経験があります。19才の老犬でしたが、心臓が強い為
中々楽にはなれませんでした。
当時は安楽死を選択することなど、考えも及びませんでした。
飼い主さえわからず、痴呆症状でつらかったと思います。
結局、苦しみを強いる為だけに延命させたのだと後悔しました。

もぉ、がんばらなくてもいいからね。
そう想い、苦しむ愛犬を4歳で旅立たせました。
もぉ、がんばらなくてもいいからね。
その想いへの悔いを一年経った今も背負い続けています。
どちらが正しい選択であったかなんて、誰にもわからないかもしれません。
ただ、どのように旅立たせたとしても、私たちには「悔い」が残り、
その十字架を背負う役目を担うのだと思うのです。
それも含めての生涯飼育への覚悟が求められるべきだというのが
私の考えです。
人間の責任として、最期の瞬間まで一つの命に真剣に向き合うことが
最も大切であるのだと痛切に感じます。
小林さんは、1頭1頭の死に尊厳を抱き向き合われてきました。
見習うべきことは数多くあると思っています。
旅立ったりえちゃんに、今も闘うアマちゃんに、
みなさん個々の想いに願いを込めて、山梨の空に向かって届けて欲しいと思います。
生意気な言い方で、すみません。
命を看取ることの責任と義務、そして何よりもその大切さを
私自身、忘れないでいたいと思います。

りえちゃん、最期まで小林さんに傍にいてもらってよかったね。
どうぞ安らかに眠ってくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR