スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀しいお知らせ

小林さんの愛犬・ブンタが亡くなりました。
昨夜22時23分のメールで
「たった今、ブンタ息を引き取りました」とありました。
メールに気付いたのは今朝6時過ぎでした。
7月4日で14才になる筈でした。
ブンタは菅原文太のブンタなのだそうです。
小林さんの知人が入院されることになり
個人的に小林さんが預かることになったのは、4年前。
その後、知人の体調なども考慮され、
又ブンタが小林さんにとても懐き、その様子は
まるで仔犬の頃より寝食を共にしているというふうでしたので、
ブンタは「小林文太」として登録されることになりました。

正真正銘の小林さんの飼い犬だったブンタ。
小林さんは今、大きな喪失感と
最期はご自身の膝の上で眠るが如く旅立ったブンタへの
愛情と涙で心を埋めつくされておられるように思います。

在りし日のブンタです。
ブンタの写真がないので、
いつも山梨wankoと小林さんへの
熱い想いとご支援下さっている
バーバMIKO様のブログよりお借りしました。

20150623bunta.jpg

ブンタは頭の良い子で、小林さんが山を降りる支度を始めると
車の助手席辺りに飛んでゆき、
じっとお座りして小林さんが来るのを待っているらしく、
その様子の可愛さを語る小林さんの笑顔が
こちらにも伝わるようでした。

「ブンタ、楽しい思い出をいろいろとありがとう」と、
メールに書かれた文字に
小林さんの辛さと悲しみとさみしさが折り重なり
私の心の内側で点滅を繰り返しています。
これまで、
数百頭の犬たちの最期を看取ってこられた小林さんです。
かつてブンタと同じように共に暮らした
カイ、タロウ、ポンタたちが亡くなった後の喪失感は、
命は平等と私自身自分の心に言い聞かせながらも
やはりそこには、口では説明できない感情の境界線が
緩やかに風に揺られるがままに
無意識色に敷かれていたように思うのです。

もちろん、
最期を大好きな小林さんの膝に抱かれて
眠るように旅立ったブンタは幸せだったと思います。
でも、もっと生きたかった、いえ、
小林さんのそばに居たかった。
そう思うのです。
山梨wankoたちのほとんどは、
ひっそりと最期を迎えた子たちでした。
頭数が減少してからは、
必ず小林さんがそばで最期を看取って下さっていましたが、
朝、気付けば亡くなっていた。出先から戻れば亡くなっていた。
老犬がほとんどの現地では、そのような仕方のない現実が
確かにありました。
長い長い歴史が、小林さんと山梨wankoたちとの間に
延々と続いてきました。そして今、
その頭数はわずか6頭です。
(ブンタは小林さんの飼い犬なので
山梨wanko頭数には数えられていませんでした)

さみしくなりました。

小林さんが心配ですが、
又幾度か連絡を取ってみたいと思います。
※最近小林さんの携帯の調子が悪いようです。

ブンタ
いつも小林さんの支えでいてくれて、そして
いつだって小林さんを笑顔にしてくれて、
本当にほんとうに ありがとうね。
心からお礼を言います。お疲れさまでした。
どうか、苦しみのない世界で
大勢の仲間たちとゆっくり休んでね。
ありがとう。

ブンタのご冥福を心よりお祈りいたします。
スポンサーサイト

熊・キツネ ...イノシシに鹿

みなさん、こんにちは。
タイトルを読まれて、何のこと??と思われましたよね。
その前に、
昨日小林さんからお便りが届きまして、
「5月31日 ベル正式譲渡」と書かれてありました。
おめでとう、ベル。
決して健康状態が良いとは言えない事も踏まえて
ベルを最後まで家族として見守っていこう
と、ご決断された新しい飼い主様に
心よりお礼申し上げます。
小林さんも大変喜んでおられました。
本当にありがとうございます。

そして、その便箋に
最近頭数がぐんと減り、気力が衰え根気も無くなり。。。
といつになく弱気な言葉が並んでいましたので
心配になり電話をしてみました。
いつものことながら、電波状況が悪い為、
途切れ途切れの会話内容になることも度々。

そんな中、聞き取れた内容を整理して
お伝えしたいと思います。
比較的人慣れしているキツネが
最近すぐ近くまでやってくるそうです。
キツネはそれほど人間に危害を加えるというほどでも
ないとは思うのですが、
問題は遂に現地へ出没した熊です。

鹿が現場近くまで下りてくる時には熊は出ない!
がこれまでの小林さん流 確信事 だったのですが、
数日前に3頭の鹿を見たにも関わらず
(多分)熊はやってきました。
さすがに犬たちの頭数が多い時には
熊も警戒して遠くの山から
こちらを見下ろしているだけだったようなのですが、
(※何しろ、現地は3頭 エース・ヒカリ・タマル
(プラス小林さん登録の1頭リン)計4頭のみが
現地屋外に各犬舎とその周囲を囲む檻の中で
安全に暮らしています。)
熊も頭数の少なさに安心したのか、
よほどお腹をすかせているのか、
いつもフードのトッピング(肉と野菜)を作る大鍋を
コンロからひっくり返したようでした。
コンロの高さから、
キツネ猫などの小動物ではなく、かといってイノシシは
そういう類の事はしないと思われ、
結局、熊しかいない。というのが
小林さんのお話でした。
それに、キツネや猫、イノシシなどの場合
小林さんの愛犬ブンタが、けたたましく
吠えるのだそうですが、昨夜ばかりは
全く吠えなかったので、
目撃したわけではないけれど
熊に違いない!という結論に達したようでした。

いくら小林さんが 気立てのよい熊 と言われても
やはりすごく心配です。でもその一方で
ただ生きてるだけで猟銃で撃たれるようなことは
もちろん小林さんは望まないので、おそらく
目撃しても役場に連絡しないように思いますし、
心配事は尽きません。

まるで野生の王国ですね、と言う私の言葉を受け
大笑いしていた小林さんに
少し安心した次第です。

梅雨入り後は、猛暑・酷暑が訪れます。
厳しい環境の中、見捨てられた犬たちの為だけに
長い長い時間を犬たちと共に生きてきた小林さん。
電気、ガス、水道のない生活。
読書が大好きな小林さんは、ローソクの灯りで本を読み、
時々は電池でラジオの天気予報等を聞き、
積雪や台風などの自然猛威による倒木にめげず、
その山道を過去に傷めた足で上り下りする日々も
毎年体験されてきました。
気の遠くなるような長い年月での数百頭の犬たちの世話。
そして今数頭になり
張りつめていた糸がプツンと切れる、
そんな精神状態に陥られても仕方ないように感じます。

山梨wankoの支援者のみなさんに
お時間ある時、
小林さんへハガキや手紙を書いて頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

はなその 2N
5/22旅立ったはな、そのちゃんと逢えましたか。 
(左 はなちゃん・右 そのちゃん)
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。