スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨の犬たちへ

随分、久々の更新となってしまいました。
パソコン起動も併せて久々です。
小林さんともここしばらくは連絡出来ていません、
何一つ出来ずでとても申し訳なく思っています。

犬たちの穏やかに暮らす様子を毎日のように
スマホから 学生さんのブログ へアクセスして拝見しています。
もちろんホーム画面にブログ・アイコンあります。
村田さんはじめ、みなさん動画をアップされたり
犬たちの表情豊かな画像を掲載されたり、と
一生懸命で、感謝するばかりです。

山梨wankoたちの姿は、私にとっては心の処方箋です。
年老いても「不安」や「哀しみ」や「さみしさ」を感じられない
いい写真がほとんどですね。
頭数が減ったことは、
現実的にはさみしいですが(特に亡くなった場合)、
今も現地で暮らす11頭の犬たちと、預かり犬1頭が
ようやく人間に対して、つらい過去の記憶を消しかけている、
そんなふうにとても感じています。

最後の1頭まで。
当初の意気込みはゆらゆらと揺れ続けているのが、正直な想いです。
(病は)進行していると感じられ、
薬の効き目が弱くなっているようです。
現在ふたつの難病と向き合う日々ですが、
ポキッと折れそうな精神状態になりかけた時は、
いつも山梨wankoたちの写真を見ます。
2頭の愛犬へは、愛情と飼い主としての責務全う。
這いつくばってでも、石にかじりついてでも
その信念を遂行したい、しなければ、と強く思います。
そして、
12頭の山梨の犬たちへは、
穏やかな日々がつぐむ幸せな生涯を心から願い、
いつも私の心の支えになってくれた何年間もの日々への感謝です。
どうか、最後の1頭が穏やかなままで幸せに旅立つその日まで
(願わくば譲渡という形で)、
みなさまの心の片隅に 12頭 の居場所を設け、
その小さな居場所を守ってあげて欲しいと、心からお願いいたします。

私も出来る限りブログを継続できるように
努力したいと思います。

かつて現場の土に還っていった多くの多くの山梨wankoたち
私たちは、そこに至る経緯も、当時の過酷な環境も、
恵まれてはいなかった日々の食餌と、常に耐えていた空腹感も
一生涯決して忘れません。

12頭の幸せを、穏やかな日々を、
今は亡き山梨wanko・ボスのタロウと共に
心より祈っています。

tarou


ありがとうございました。

スポンサーサイト
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
08 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。