スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛らしい”その姫”

ちょっとメタボな”そのちゃん”⇒私的には”その姫”です。

sonosmile.jpg
※学生さんのブログよりそのちゃんの画像を一枚お借りしています。

毎回の譲渡会参加の常連wankoの、そのちゃんです。
もぉ学生さんのおうちで預かりwankoとして過ごすようになり
どれぐらい経つのかな~。
そのちゃん、すっかり慣れたようです。

3年生の井川さんが、譲渡会のお知らせ
の記事を更新されていますね。

○日時:3月24日(日) 12:00~14:00
○開催場所:みさか桃源郷公園(山梨県笛吹市御坂町尾山650)


(本当ならば、昨日までにリンクしなければいけなかったです、
ごめんなさい、井川さん。)

リンク先記事に、そのちゃんの動画も掲載されていますので
是非、立派な家庭犬として成長した山梨wankoそのちゃんの様子を
見てあげて下さいね。


以前の記事でも触れましたが、
私が大好きな写真「はなとその」を
絵に描いて贈って下さった支援者さまがいらっしゃいました。
はなとそのの仲むつまじい様子に心和み、大好きな写真と
記事にしたことがありました。
その方は、私の心情を思いやり「山梨wankoが傍についていますよ」と
絵に描いて下さいました。

hanatosono2.jpg
右が”その姫”です。

実は、はなちゃんが亡き愛犬に似ていたこともあり、
気になる2頭でもあったんです。
そのちゃんが預かりwankoとして現場を離れると知って、
残されたはなちゃんより、むしろそのちゃんが
「寂しがっているのでは?」と随分心配していました。
何枚かの2頭の写真を見る限り、
そのちゃんは”はなちゃん”にいつも寄り添い、
100%頼りきっているように見えていたからです。

証拠?写真は、コチラ と、コチラ から。

ところが小林さんにお聞きしたところ、基本的には仲が良いけれど
やはりはなちゃんの方が上位であり、特にごはん中などは
時々意地悪することもあったそうで(例えばウゥーと唸るなど)、
とても意外だったのですが、犬社会のことはやはり
人間には想定外の事実も多いように感じたのを覚えています。

どちらが悪い、とか
どちらがかわいそう、とかではなく、
犬社会で生きる為の本能が、自然と作用するのだと思いました。
そのちゃんは元々おとなしくやさしい犬であったこと、
そしてとても人懐っこく甘えん坊であることが
動画でもよくわかります。
そのちゃんにどのような過去があり、
なぜ山梨現場で長く過ごすことになったのかはわかりません。
だけど、そのちゃんに限らず
幸せになる権利、というものは、
すべての生きものに平等に与えられるべきだと考えます。
学生さんたちが、譲渡会の度に
そのちゃんに幸せになって欲しいとの望みを託し
黄色いバンダナを首に巻いてきてあげたのか、
それを思う時、
私たちも同じように
そのちゃんの幸せを願わずにはいられません。

いつの日か、そのちゃんが必ずやさしい飼い主さんと巡り会え
家庭犬としての幸せに包まれる日々が
訪れますようにと、心から祈っています。

そのちゃん、きっと幸せになれるから
その日までがんばろうね。


学生のみなさん。
いつもありがとうございます。
そのちゃんを、どうぞよろしくお願い致します。


ashiato1-10.gif多頭わんこのプロフィールashiato1-10.gif
[動物の命の大切さを考える部~SWEET HEART~
多頭飼育問題改善活動班・制作]を是非ご覧下さい。
1頭ずつのわんこの詳細が掲載されています。


ashiato1-10.gif支援物資の送付先はコチラになります。
スポンサーサイト

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

山梨wankoチャリティーショップからのご報告

mirukii.jpg

ミルキーと呼びかけていた可愛い山梨wankoです。
実はモモちゃんであったと、後に小林さんからお聞きしました。
私が「山梨」を応援したい、と強く思ったきっかけのwankoです。
HP作成の途中、ミルキーはお星さまになりました。
(※、HPは一応公開していますが、未完成のような状態のままに
ミルキーの死と共に更新出来ず、当ブログへ応援サイトを
移動しました。)

以来、
私の頭から「山梨wanko」が消えることも離れることもなく
想いはあるのに、ゆるゆると途絶えてみたり
広告が掲載されるほどに、ぱったりと途切れてしまったり、
ご支援くださるみなさまに
大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

くよくよ まみれの一年間に終止符を打ちました。
「望み」を捨てきれないゆえに、
の くよくよ であるのだと、気付きました。
えぇ~い!どうとでもなれっ!と
すっぱり「望み」をあきらめることにしました。
でなければ、流れゆく日々がもったいない、と
最近ようやくソコへたどり着いた次第です。
これまで、ご心配くださったみなさま、
励ましの言葉があふれたメールをくださったみなさま、
可愛いはがきへの労いや応援メッセージ、
健康祈願のお守り、十字架、ぬいぐるみなど、
やさしいお気持ちをお贈りくださいまして、心より感謝いたします。
もぉ大丈夫です、「強く生きる」こと、
努力してみようと思います。
ほんとうにありがとうございました。


と、いう訳で
心機一転、まず
以前から気になっていました
山梨wankoチャリティーショップ 
以前のレイアウト(特にTOP画像)に戻すことに
せっせ、さくさく、と編集しました。

そして
たいせつなことがあります。
これまで、ワンコイン寄付のご協力を
して下さったみなさまへのお礼です。
メールテンプレートに頼っていては
ばちがあたるという想いは常にあったのですが、
中々実行に移せず、申し訳なく改めてお詫びいたします。

月別のご報告はコチラから

http://yamanasiwanko.cart.fc2.com/userpage?id=58944

2010年~2013年3月18日までの総合計はコチラから

http://yamanasiwanko.cart.fc2.com/news?news=263767

多くのみなさまに心からお礼申し上げます。
毎月ご支援くださる方もいらっしゃり、
感謝するばかりです。
ほんとうにありがとうございました。


山梨wankoの為に、いったい何ができるんだろう?
と毎日そればかり考えています。
応援サイトを開設した当初125頭の山梨wankoは
現在35頭になりました。
厳しい寒さの日々を耐え抜いた、たくましい35頭の犬たち。
小林さんのお話では、現地でもゆっくりと春の兆しが
訪れ始めているようです。

春のやさしくあたたかい陽射しはもぉすぐそこ。
よくがんばりました、じいちゃんばあちゃんwankoたち。

35頭の犬たちが
深~~~い山奥で身を寄せ合い暮らしています。
犬たちの大好きなジャーキー(老犬なのでやわらかなタイプ)、
犬たちのおなかを満たすフード(銘柄、ステージ別は問いません)、
ワンコイン(500円一口)のご寄付、
犬たちのお世話をされている小林さんへのご支援、など
お一人でも多くのみなさまに
ささやかなご支援を心よりお願いいたします。

35頭の犬たちが今日も穏やかに過ごせますように。


h-line5.gif

ashiato1-10.gif多頭わんこのプロフィールashiato1-10.gif
[動物の命の大切さを考える部~SWEET HEART~
多頭飼育問題改善活動班・制作]を是非ご覧下さい。
1頭ずつのわんこの詳細が掲載されています。


ashiato1-10.gif支援物資の送付先はコチラになります。

h-<br /><br /><br /><br />line5.gif




テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

K地区閉鎖のご報告

3月初め、小林さんからのお手紙にて
K地区の犬たち全8頭(ミルク、ウメ、
エース、ラン丸、ジャック、ヒカリ(エースの兄弟ワンコ)、
ラン、ロン)を
N地区へ移動すると知りました。
何があったのだろう、と心配でしたが
中々小林さんに詳細をお尋ね出来ず、
時間ばかりが過ぎてしまいました。

今日、小林さんにみなさまへ現状を
お伝えすることのご了承を頂きましたので
ご報告いたします。

既に3月9日に犬たち全8頭は
N地区への移動を終了しています。
私が知った時は、
ヒカリとラン丸だけ移動したとの事でした。
K地区お世話のMさんから、
3月で辞めさせて欲しいとのご相談があり
小林さんが承諾された。という経緯です。

現地へ出向かれた方ならご存知かと思いますが、
K地区より更に奥深い正真正銘の山奥(熊も出没します)
であるN地区への移動、しかも
基本的には全頭を小林さん一人で、となると
そのご負担を心配されない方はいないかと思います。

いろいろとお聞きしました、結局「この形」が
小林さんにとりましては、最良のようなのです。
元より、「K地区撤去」の意向が強かった
近隣住民の方たちとの間で、小林さんのご心痛は絶えず
何れはN地区へ、との謂わば「約束事」が存在していました。
そんなこともあり、
小林さんは案外明るい声で
「これで一つ心配事が減りましたよ。」と言われます。
「26頭が34頭になっても同じことですよ。」とも。

いつも小林さんから「力強く生きる」ことを教わります。
私たちはどうしても明日のことを考えます、そして
希望のない未来を悲観して
大切なその日を無駄に過ごしがちになります。
随分無駄にしている、と痛感します。

今を生きる。

いちばん何よりも大切なことを
改めて小林さんとの会話で気付きました。

今を生きる。
小林さん、山梨wankoたちのように生きたい、
とそんなふうに思いました。

20121225ジーアン


ようやく。。。
ジーアンの遺影を掲載出来ました。
ジーアンの画像が見当たらず
学生さんのブログからお借りしました。

やさしく穏やかなまなざしのジーアンです。
12月25日、19年の生涯を終えました。
犬の幸せ
それをいつも考えます。
与えられた環境は決して満たされた生活とは
ほど遠いかも知れません。
けれども、
山梨wankoたちは、その場所で懸命に生きています。
ジーアンの表情は、私たちの抱く価値観を根底から覆す。
そんな気がするのです。

ありがとう。ジーアン。
ありがとう。山梨wankoたち。


3月19日、市の職員さん、保健所の方たち、
自治会のみなさん、がK地区へ集合され
小林さんのご挨拶をもちまして
長い間、多くの犬たちが過ごしたK地区が
閉鎖されることになりました。

犬たちのN地区への移動、犬舎の用意などを
学生さんたちが春休みを利用してお手伝いされました。
お忙しい中、ありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

尚、支援物資の送付先は
当分の間、変更はないとのお話です。
各宅配業者の方、郵便物配達の方
みなさん、小林さんを大変よくご存知ですし、
これまで不在の時に
預かって下さっていた知人にもお願いされるそうです。
N地区までの配達は無理らしく、
何れ送付先の変更があるかもしれませんが
その時はブログ上にてお知らせいたします。

3月11日は小林さんのお誕生日でした。
71才のお誕生日を学生さんたちがお祝いしてくれた、
と嬉しそうにお話されていました。

小林さんと(現地の)34頭の山梨wankoたち。
(その、は学生さんのおうちです)
NHKで放映されました「小林さんと140頭の犬たち」から
6年経ちました。当時小林さんは64才でした。
そして、
犬たちの頭数は35頭になりました。
幸せな出会いに恵まれた犬たちもいる中、
現地で生涯を閉じた多くの犬たちが生きた証の地が
今幕を降ろそうとしています。
K地区が存在していたこと、
その地で多くの犬たちが精一杯生き抜いたこと、
どうか忘れずに
心の片隅に納めていただければと願います。


山梨wankoたち。
その老いた犬たちの小さな幸せが、
いつまでもいつまでも続きますように。


h-line5.gif

ashiato1-10.gif多頭わんこのプロフィールashiato1-10.gif
[動物の命の大切さを考える部~SWEET HEART~
多頭飼育問題改善活動班・制作]を是非ご覧下さい。
1頭ずつのわんこの詳細が掲載されています。


ashiato1-10.gif支援物資の送付先はコチラになります。

h-<br /><br /><br /><br />line5.gif


テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
02 | 2013/03 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。