スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月23日のフリマ報告です

4月23日のフリマの報告です。

20120426

と、言っても
バタバタしていて10時半位の様子です。


この日の東京は、天気が安定せず→「曇りのち雨」予報でした。
その為、雨がパラっとしたお昼過ぎまでの出店としました。


売上金額は、¥25,030円でした。


お越し戴いたみなさん、
お買い上げ戴いたみなさん、
本当にありがとうございました。


早々に、ドライフード200キロとジャーキー10袋を購入させて戴きました。


匿名さん、
masayoママさん、
レオママさんとお友達から
沢山のフリマ用品のご支援戴きました。
ありがとうございました。


ポーママさん、しまめいさん、レオママさん、
ご支援及びお手伝いもありがとうございました。



引き続き、フリマ出店をしていきたいと思っています。

現在、調整中ですが、
5月13日(日)10時~16時・日暮里駅前 (雨天時中止)は出店決定です。

今後もどうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


平成24年 5月13日(日)10時~16時/日暮里駅前 
にてフリマ出店いたします。(雨天時中止)
売上金は全て山梨のわんこたちへの支援とさせていただきます。


楽天/Amazonからご購入の際は、当ブログ右端の「ご協力ください」の楽天/Amazonバナーより入り購入していただけると嬉しいです。発生ポイントは全て山梨のわんこへの支援とさせていただきます。よろしくお願い致します。
※会計毎にバナーからの入店が必要なようです。お手数お掛けします。
スポンサーサイト

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

キリマル君、旅立ちました

悲しいお知らせが続きます。
小林さんからメールが届きました、
以下原文のままにコピーさせて頂きました。
※後日、きちんと追悼記事にてお知らせしたいと思います。

キリマル君のご冥福を心よりお祈りいたします。

N地区に於いて、キリマル今朝永眠しました。 平成24年4月18日 ♂ 15歳位。 昨年には良く脱走する位元気に飛び回っていた子です。 学生達と世話終了後部屋で団欒していたとき、何か茶色いものが横切るのを見かけ、(その当時はぐれ犬が良く現れてました)その子と思ったらキリマルでした。 非常に活発な子で昨日迄元気だったのに… このような報告はしたくなかったですが…キリマル君の冥福を祈ります!! 18日現在の頭数 K地区 9 N地区30
学生宅 1(14日よりN地区のその嬢)
40頭です。

楽天アフィリエイト報告(2月成果分)

皆さんにご協力いただいている楽天アフィリエイトの報告をさせていただきます。

2月成果(2月1日~末日)が4月10日に 2,746ポイント  

が付与されました。


お山でひっそりと、一所懸命生きているわんこたち。
現在、山梨のわんこ41匹です。
今回は、ジャーキーを購入し支援させていただきました。
いつも暖かいご支援ありがとうございます。


いつもバナーのご使用でのご協力ありがとうございます。
お手数ですが、今後も右上もしくは記事内のバナーを是非!!お使い下さい。




Amazonのアフィリエイトもよろしくお願いします。
(¥5000ポイント(円)以上で換金)



ですので、
ポイントが貯まり、換金時に報告させて頂きます。


積り積らせて頑張って宝の山を目指しましょう(^^♪



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


平成24年 4月22日(日)10時~15時/光が丘公園 
にてフリマ出店いたします。(雨天時中止)
売上金は全て山梨のわんこたちへの支援とさせていただきます。


楽天/Amazonからご購入の際は、当ブログ右端の「ご協力ください」の楽天/Amazonバナーより入り購入していただけると嬉しいです。発生ポイントは全て山梨のわんこへの支援とさせていただきます。よろしくお願い致します。
※会計毎にバナーからの入店が必要なようです。お手数お掛けします。


テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

天使になった山梨wankoたち

運命は与えられるものではなく、
自分の手でデザインするもの。

100歳の現役医師・日野原先生の言葉を知ってから
私は気がつくと、せっせせっせと(今後の)自分の運命というものを
どのようにデザインするかを考えるようになりました。
デザインには至りませんが、
『犬のように生きたい』それが自分の手で施されるだろう
「私の運命のデザイン」の主軸という答えに辿り着きました。

今、現在、この瞬間を生きる。そぉ犬のように。
そして、山梨wankoたちのように
与えられた環境で精一杯生き抜く、上を見ない、見返りを求めない、
小さな幸せをちょっぴり感じられる瞬間があればそれでいい、
静かに争うことなく、そして穏やかに日々を過ごしたい。
それが私の運命のデザインの原点、そんなふうに思ったのです。
とは言え、
所詮人間ですから、中々純粋無垢な犬のようにはいかないとは思うんです。
だけど、運命をデザインするという目標を見つけたことで又少し
がんばれるかな、とそんなふうな心境でいます。

だから、と前置きしている訳ではないのですが、
ずっとずっと、ずっと気になっていることがあります。
それは、昨年12月9日に亡くなったクララ、
12月23日に亡くなったグリーン、そして
今年に入り旅立ったさやか、ガジュマル、こてつ、
タイチ、チロルたちの写真を
掲載出来ていないということです。
心身ともに最悪な状態であったとは言え、
7頭の犬たちにはいつもいつも申し訳ない
そう思ってきました。
私にとっては、山梨wankoの訃報を知り
遺影を飾ることには大切な意味があったのに…。
飼い主と呼べる人々のいない犬たちが
今度こそ、ほんとうの天使になり空へ上っていく時
お一人でも多くの方に
写真を見つめ、僅かな時を心山梨現地に馳せ、
天使になった子の冥福を祈って頂きたい、いいえ
伴に祈りたい、その想いが
遺影掲載の原点でした。
偉そうに言ってみたところでそれ(遺影)は
拙いものですし、現地の犬たちの写真も
数年前のものだったり、小さかったり、鮮明でなかったり、
そして学生さんサイトからお借りしたり、ですから
そこまで拘る必要はないのかも知れません。
でも、確かに山で生きた証として
その姿を残したい、それが願いで始めました。

大変遅くなりましたが、7頭の天使たちを今一度
偲んで頂けますようにお願いいたします。
※重複になりますが、先日記事にしました今年亡くなった5頭への
追悼記事内容はコピーしたいと思いますので、
読まれた方、ごめんなさい。

今一度、山梨wankoたちへ想いを馳せていただければ
嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。 

  
  

kurara20111209.jpg

クララはN地区でタマルと同居していました。
写真を見ると、テリア系統のmixみたいに見えます。
可愛いらしい女の子ですが、学生さんの記事によりますと
最後まで、首輪をつけられなかったと書かれています。
きっと山へ来るまでの過去によほど怖い目に遭ったのかも知れませんね。
タマルと頬摺り寄せて写っている写真を見たことがあります。
クララは山梨現場N地区で、ひっそりと
タマルとの小さなコミュニティーを築いていたのでしょうね。
最期は、小林さんの部屋でカイばぁちゃんに看取られて
天国へと旅立ちました。
クララのご冥福を心よりお祈りいたします。


  


green20111223.jpg

グリーンは白内障でほとんど目が見えていなかったと
以前小林さんにお聞きしたことがありました。
正確な年齢は他の犬たちと同様判りませんが、
おそらく老衰だったとのお話です。
盲目の愛犬と暮らしたことがありますが、
犬にとっては私たち人間とは異なり
視力よりも嗅覚が生きていく上で最も大切だと
獣医師に言われました。
グリーンは、やさしく接してくれる学生さんたちの声や匂い、
小林さんの気配などで、
十分安心して過ごせていたように思うのです。
今頃はたくさんの花の香りに包まれて
穏やかにゆったりと漂っていてくれる気がします。
グリーンのご冥福を心よりお祈りいたします。


  


sayaka20120104.jpg

長きに渡る放浪生活に終止符を打ち
「困らせてごめんなさい。。」とでも言いたかったかのように
さやか が小林さんの元に2011年11月に帰ってきました。
幾度もの捕獲作戦を繰り返しながら
学生さんたちと力を合わせ「さやか」を
山中に潜む危険から何とか守りたかった小林さんの
喜びに溢れたメールを頂戴していました。
近々、ご自分のN地区への移動を決められていた矢先、
さやかは1月4日にその犬生にも終止符を打ちました。
さやかのご冥福を心よりお祈りいたします。

  


gajumaru20120128.jpg

精神的に繊細な部分を持ち合わせていたガジュマル。
訳あって、山梨現場に戻った後も
小林さんにさえ心を許さなかった日々がありました。
既に小林さんは熊さん亡き後、N地区へ移動されておられましたので
勝手ながらご無理を言い、
K地区から小林さんの姿を常に感じられるN地区へ
ガジュマルを移動させて頂きたいとお願いしたこともありました。
そんな願いを快く聞き入れてくださった小林さんに感謝しています。
古巣のN地区に戻り
敷地内を自由に遊ばせてもらっていたガジュマルです。
学生さんたちにもとても馴れてすっかり
人気者になっていたガジュマルです。
日毎に元気になる姿にすっかり安心されていた小林さんでしたが、
「お別れ」は突然訪れました。
1月28日、ガジュマルは小林さんの部屋で一晩過ごし、
未明に静かに息を引き取りました。
ガジュマルのご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

  


kotetu20120204.jpg

こてつが2月4日、学生さんに看取られお空へ上っていきました。
預かりのこてつをとっても大切にお世話されてきた
そんな心優しい学生さんと、
先日、小林さんのご配慮でお話させて頂きました。
まだまだ哀しみは癒えないご様子でしたが、
それでも再び現場で活動を続けていきます、との
明るくやさしい声が今も耳奥に余韻を残しています。
こてつは本当に幸せだったと思います。
家庭犬としての温かな日々に身を置くことは
一番の幸せ、何よりの幸せ、つくづくそう思うのです。
こてつのご冥福を心よりお祈りいたします。


  


taiti20120224.jpg

タイチは、K地区から小林さんのN地区へ移動後は
ごはん前にはぴょんぴょん飛び跳ね催促するほどに
毎日を過酷な環境にも負けず
元気に過ごしていました。
亡くなる直前のごはんも残さず食べ夕刻に倒れているのを
小林さんが発見しました。
せめて最後の一晩は。と小林さんは可能な限り
ご自分の部屋へ瀕死の子を運ばれますが
タイチは重過ぎて、足を痛めている小林さんには
とても無理だったとのことでした。
2月24日夜11時、タイチは小林さんに看取られ
苦しむこともなく天国へ旅立ちました。
タイチのご冥福を心よりお祈りいたします。


  


tiroru20120330.jpg

同じ敷地内に長年「こてつ・コータ」と同居していたチロル。
チロルを思い出しています。
まるで約一ヶ月前に亡くなったこてつを追うように、とも思えますが
小林さんのお話では、こてつとチロルは、
仲はあまりよくなかったとのことです。
本当のチロルの気持ちはチロルにしかわかりませんが、
チロルは最期まで、まるで人間に背を向けるかのように
犬小屋の床下でうずくまっているのを小林さんが発見されました。
たった一人で冷たい土に横たわっていたチロルが
最後に思い浮かべた人間は、一体誰だったのでしょう。
ただただ、小林さんであって欲しいと心から願います。
そして、チロルの安らかな天国での日々をひたすら祈ります。
チロルのご冥福を心よりお祈りいたします。


最後までお付き合いくださいまして
ほんとうにありがとうございました。

山梨wankoの全頭数は
今月に入り、との、ビリーの旅立ちによりまして

41頭 となりました。


テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

との、ビリー安らかに

チロルの訃報をお知らせしたばかりでした。
先程、小林さんからメールが届きました。
との4月4日、ビリー4月5日旅立ちました。

以下は小林さんからのメール本分を
原文のままにコピーさせて頂きます。

との、ビリーのご冥福を心より
お祈りいたします。


K地区の〔との〕♂4月4日 死亡。14~16歳。 とのは 初め私の部屋の床下に姫(里親決まり○○在住)と一緒にいて、その相棒という理由から〔との〕名付けました。 最近は食欲有るも、腰がままにならず。可哀想な状態でした。やっと楽になったね。 ビリーはオーナーのビルの床下に独りでいたのですが、毎日 ビルに通い餌と水やりそして糞とりをやりに行きました。 学生に頼み床板をはがしやっと見っけてK地区へ運んで来た子です。6年前になるのです。最近は誰彼関係なく手からジャーキーを食べていました。♂推定16歳前後。 4月5日 死去 〔との〕〔ビリー〕の冥福を祈り、ご報告致します。
山梨・都留市 小林 昭夫
ps 最近は朝犬舎を覗くのが怖いです


※後に追悼記事を更新したいと思っています。




との、の死を知り咄嗟に思い出したのは
一昨年夏の熱中症から復活した思い出でした。

http://yamanasiwanko.blog3.fc2.com/blog-entry-439.html

あれから、一年8ヶ月あまりの日々
との、よくがんばったね。
ここのところ
とのは足腰が立たない状況で、寝たきり状態だったのですが
それでも食慾があったという小林さんのお話でした。
やっと楽になったね、という小林さんの言葉に
よほど苦しんでいたのだろうか、そう思ったのですが、
「やっと楽になった、と思わなければやりきれない」のだそうです。
今年になり7頭の山梨wankoたちが亡くなっています。
小林さんも(声のトーンから)参っておられるように感じます。
個人的に寝たきりのwankoを3頭看取りましたが、
やはり「楽になってよかったね」と心でつぶやいていたように思います。
だけど。
やはり「との」の最期を想う時、せつなく悲しくきりきりと心痛みます。
もちろん、小林さん、Mさんは精一杯お世話されてこられました。
憎むべきは、とのをまるでごみのように捨てた人間です。

との。長い間お疲れさまでした。
あなたの最期の苦しみは、一体どれほどの孤独と絶望を重ねていたのでしょうか。
との、
ようやく楽になったね。
2010年の夏にはがんばって命をつないでくれて、
ほんとうにありがとう。

との のご冥福を心よりお祈りいたします。


tono20120404.jpg




ビリーについては、本当にかつてよく小林さんとお話していました。
ビリーがビルの床下にもぐり続けていた頃、
毎日のようにフードと水を運んでいた小林さんが
ようやくビリーを保護できた時の弾んだ声を今も思い出します。
詳しくは、もしよろしければ

http://yamanasiwanko.blog3.fc2.com/blog-entry-413.html


をお読み頂けますでしょうか。

6年前にようやく保護され、K地区にて過ごすようになったビリーです。
目の状態が悪いのと、環境の変化で
当時は小林さんとの電話の度に、ビリーの様子を尋ねていました。
最近では人見知りすることもなく
おやつのジャーキーを楽しみにしていたビリー。
一度は、人間を警戒し決して心開かなかったビリーは、
本当は、人が大好きな甘えん坊なwankoだったのではないでしょうか。
神さまは、美しいものだけが映る「心の目」を
ビリーに与えられたのかもしれませんね。
どうかビリー、今度こそゆっくりと眠ってくださいね。
ビリーのご冥福を心よりお祈りいたします。


birii20120405.jpg


上記リンク先ビリーの記事に掲載されていますカイばぁちゃん、
現在調子が悪いと、今朝小林さんからお聞きしました。
小林さんの唯一の同居wankoのカイばぁちゃん。
そして同じくN地区の「そうた」の体調が思わしくないと言われていました。
小林さんも訃報が続きますので、大変心配されています。
カイばぁちゃん、そうた、春はもぉすぐそこまで来ているよ。
がんばって!とは言えないほどに
山梨wankoたちは過酷な環境でがんばって生き抜いてきました。
でも、やはり
少しでも長くそのかけがえのない命をつないで欲しいと
切に願っています。

山梨wankoたちの生きた証を
支援者のみなさまと伴に、しっかりと心に焼きつけたいと思います。

いつもご支援ほんとうにありがとうございます。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

Amazonアフィリエイト報告(1月成果分)

先月に引き続き、今月も沢山のご協力を戴きました。
ありがとうございます。






1月成果分でのポイントが
68,968ポイント
(-300ポイント/振込手数料が自動的に引かれます)

合計68,668円


3月30日付けにてわんこ口座へ振込みをさせて戴きました!
いつもご協力ありがとうございます。



早く、お山にも春がおとずれますように。
只今、山にて生活しているわんこたちは43匹です。(K地区11匹、N地区32匹)
頑張って生きています。

みなさんのお気持ちで、わんこたちは生きています。
フードを買って、暖かい贈り物ができます。

今後もどうぞよろしくお願い致します。

現地にてご尽力してくださっている学生さんのブログもご覧下さい。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


平成24年 4月22日(日)10時~15時/光が丘公園 
にてフリマ出店いたします。(雨天時中止)
売上金は全て山梨のわんこたちへの支援とさせていただきます。


楽天/Amazonからご購入の際は、当ブログ右端の「ご協力ください」の楽天/Amazonバナーより入り購入していただけると嬉しいです。発生ポイントは全て山梨のわんこへの支援とさせていただきます。よろしくお願い致します。
※会計毎にバナーからの入店が必要なようです。お手数お掛けします。




~ フード不足についての追記です ~


4月2日に、小林さんに確認いたしました。

3月30日~4月1日間で、支援者様より約300キロほどのご支援があったそうです。
ジャーキーは欲しいそうです。

現場の不足品を確認していたはずなのに、
噛み合わなくて、申し訳ありません。

今月のアフィリエイトのご支援金等については、
直前に再度小林さんに確認させていただきますが、基本的にはフード等購入費とさせていただこうかと思います。

今後もどうぞよろしくお願い致します。




夏ママさん、 ありがとうございます。





テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

向き合うコトと背を向けるコト

山梨wanko支援者のみなさまへ

まず、最初に
長い間のブログ放置を心よりお詫び致します。
「LOVE!!yamanasiwanko」は
私と、楽天・amazon各アフィリエイト管理と報告、
そしてフリマ開催のお知らせと結果報告、
等を担当されているじゅんこさんの二人で管理しています。

昨年11月に医師から聞いた事のない病名を言い渡されてから
ブログ管理をじゅんこさん一人に、一方的にお任せしてきました。
私は、小林さんから届いた訃報のメールを
コピーして貼り付けるだけの
携帯からの簡易報告しか出来ませんでした。
完治の見込みのない、つまり現段階では治療法のない
そんな難病に向き合うコトで精一杯の日々でした。
パソコンを起動出来なかったのは、
止められていても、気がつくと病名で検索を繰り返し
絶望的になる、ソコから逃げ出したかったのだと思います。


原因は不明ながら、過度のストレスと極度の疲労が引き金
になっている可能性が高いと言われました。
医師からはストレスを溜めない、体を酷使しない、という
何だかとっても曖昧な具体性のない忠告を受けるばかりです。
いつしか私は長いトンネルの中で「不安」という名の
排気ガスを吸い込む日々に翻弄され続けていました。
一体、自力で呼吸できなくなるとはどういう状況なのか、と
大きな不安の渦の中、
義母の介護からも(ストレスの原因だと信じていました)
そして大切にしてきた山梨wankoたちへの想いからも
精神的に余裕がないばかりに、背を向け逃げていたのです。

私がトンネルの中で自分だけの世界に没頭している時間の内側で
5頭の大切な命が旅立ちました。
現場では、フードが不足していて、
犬たちとのコミュニケーションになくてはならないジャーキーも不足、
その事実を学生さんのブログで昨日知りました。
私が背を向けている間も、時間は過ぎていき、
年老いた犬たちの残された時間も少なくなっていく。
6年間、山梨だけを想い可能な限り精一杯発信してきたのに
一体私は何をやっているの?

そして気付いたのです。
ストレス、は向き合うコトで蓄積するとは限らない。
背を向けるコトでもやはり積み重なるものなのだ、と。
あるいは、それは性分の問題かも知れません。

もちろん、ブログ更新などなくとも
支援者さまたちはこれまでと同じように
募金や支援物資を続けて下さっています。
その度に同じ支援者の一人として心が痛みました。
自分の病気>支援、の図式が
常に頭の中でぐるぐる回り、
自分の不甲斐なさに打ちのめされていました。

先月、義母が骨折、入院、手術となり、
結局は私は「背を向けられない」と思い知りました。
呼吸するのさえ苦しい時でも
やはり、
私が義母の支えにならなければ、とそればかり考えます。
そういう性分なのだとはっきりと気付きました。
背を向けられないなら、とことん向き合うべきなのではないか、
とも考えるようになりました。
何かしら偽善者ぶっているのですが、
私はやっぱり
弱い立場の人(犬)に、背を向け通すことが出来ません。
どちらもストレスに繋がる、と言うより
言葉を右から左へ流せない、救いようのない性格です。

自分サイドの報告が長くなり、ごめんなさい。
コメントのお返事さえ怠り、現場での不足物資の発信まで怠り
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
体調にはとても波がありますから、不定期更新になるかと思いますが
もしも変わらずに応援して下さる方がおられるのなら
私も出来る限り以前のように「発信」していければ、幸せに思います。
長い間大変ご迷惑をおかけしました。
どうぞ今後とも、山梨wankoたちを温かく見守って下さいますように
心からお願い致します。

    

マスメディアで取り沙汰されていた当初
現場には400頭以上の犬たちがいました。
何れも人間の犠牲になった犬たちでした。
山梨wanko応援ブログ開設時、
現場には125頭の山梨wankoたちが生存していました。
幸せな旅立ちをした子たちもいます。
だけど、学生さんが書かれているように
大半は亡くなった犬たちでした。
現在の頭数は『43頭』です。
その殆んどが老いた犬たちですが、
1頭でも多くの犬が、現場ではなく
家庭犬としての温もりの中で
その天寿を全う出来ますように、心から祈っています。

43頭の老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを。

現場ではフードが不足しています。
大変勝手ながら、
お一人でも多くの方に一袋のフードご支援をお願いさせて下さい。
銘柄・ステージ別等は一切問いませんので、
ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。

※一応、ご参考サイトURLを記載させて頂きます。
8㌔1080円が最安値かと思います。
こちらのショップさんは、注文翌日のお届けが可能です。
ご参考までに貼り付けておきたいと思います。

http://item.rakuten.co.jp/chanet/c/0000015874/

※10㌔1140円の方が割安になるかと思いますが、
小林さんが足を痛めておられるので、
私は少しでも軽い方がいいかなと、思いました。

それから、犬たちとのコミュニケーションを図る為の
おやつ(老犬ですからささみタイプのハード以外がいいかも知れません)。

http://item.rakuten.co.jp/chanet/c/0000014416/

送付先は以下になります。

〒402-0024
山梨県都留市小野974 小林 昭夫(様) 宛  TEL: 090-9386-8528

(※宛先掲載は小林さんのご了承済みです)


フード・おやつ、は何れも決して強請のつもりではありませんので
みなさまのお気持ちにてご協力頂ければ、感謝いたします。
どうぞよろしくお願い致します。


長々と書いてしまいました。
最後までお読み下さり、本当にありがとうございました。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

山梨wankoたちへの想い

               02-2.jpg



今年になって
5頭の山梨wankoが「お星さま」になりました。
新年の幕開けと共に
長きに渡る放浪生活に終止符を打ち
「困らせてごめんなさい。。」とでも言いたかったかのように
さやか が小林さんの元に2011年11月に帰ってきました。
幾度もの捕獲作戦を繰り返しながら
学生さんたちと力を合わせ「さやか」を
山中に潜む危険から何とか守りたかった小林さんの
喜びに溢れたメールを頂戴していました。
近々、ご自分のN地区への移動を決められていた矢先、
さやかは1月4日にその犬生にも終止符を打ちました。

精神的に繊細な部分を持ち合わせていたガジュマル。
訳あって、山梨現場に戻った後も
小林さんにさえ心を許さなかった日々がありました。
既に小林さんは熊さん亡き後、N地区へ移動されておられましたので
勝手ながらご無理を言い、
K地区から小林さんの姿を常に感じられるN地区へ
ガジュマルを移動させて頂きたいとお願いしたこともありました。
そんな願いを快く聞き入れてくださった小林さんに感謝しています。
古巣のN地区に戻り
敷地内を自由に遊ばせてもらっていたガジュマルです。
日毎元気になる姿にすっかり安心されていた小林さんでしたが、
「お別れ」は突然訪れました。
1月28日、ガジュマルは小林さんの部屋で一晩過ごし、
未明に静かに息を引き取りました。

こてつが2月4日、学生さんに看取られお空へ上っていきました。
預かりのこてつをとっても大切にお世話されてきた
そんな心優しい学生さんと、
先日、小林さんのご配慮でお話させて頂きました。
まだまだ哀しみは癒えないご様子でしたが、
それでも再び現場で活動を続けていきます、との
明るくやさしい声が今も耳奥に余韻を残しています。
こてつは本当に幸せだったと思います。
家庭犬としての温かな日々に身を置くことは
一番の幸せ、何よりの幸せ、つくづくそう思うのです。

タイチは、K地区から小林さんのN地区へ移動後は
ごはん前にはぴょんぴょん飛び跳ね催促するほどに
毎日を過酷な環境にも負けず
元気に過ごしていました。
亡くなる直前のごはんも残さず食べ夕刻に倒れているのを
小林さんが発見しました。
せめて最後の一晩は。と小林さんは可能な限り
ご自分の部屋へ瀕死の子を運ばれますが
タイチは重過ぎて、足を痛めている小林さんには
とても無理だったとのことでした。
2月24日夜11時、タイチは小林さんに看取られ
苦しむこともなく天国へ旅立ちました。

同じ敷地内に長年「こてつ・コータ」と同居していたチロル。
チロルを思い出しています。
まるで約一ヶ月前に亡くなったこてつを追うように、とも思えますが
小林さんのお話では、こてつとチロルは、
仲はあまりよくなかったとのことです。
本当のチロルの気持ちはチロルにしかわかりませんが、
チロルは最期まで、まるで人間に背を向けるかのように
犬小屋の床下でうずくまっているのを小林さんが発見されました。
たった一人で冷たい土に横たわっていたチロルが
最後に思い浮かべた人間は、一体誰だったのでしょう。
ただただ、小林さんであって欲しいと心から願います。
そして、チロルの安らかな天国での日々をひたすら祈ります。

ごめんね、5頭の山梨wankoたち。
追悼記事も書けず、遺影も飾れず、
本当にごめんね。
記事には書けなかったけれど、
あなたたちがどのような最期を向かえ、そして
天国へ旅立っていったのか、心の頁には綴っていました。
どうかやすらかに。
どうかしあわせに。

さやか、 ガジュマル、 こてつ、
タイチ、 チロル

5頭の山梨wankoたちのご冥福を心よりお祈りいたします。


2012年4月1日 夏ママ



PS:次の記事にて
支援者のみなさまへのお詫びと
ワタシノコトを綴りたいと思いますので
お読み頂ければ嬉しく思います。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。