スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月末日〆のフードの集荷状況と在庫量のご報告

 9月1日~9月30日の集荷状況と在庫の月間報告です 



 犬たちへのご支援内容
※   は、前月末日〆の月間報告との対比で表示しています。
   ( )内の数字は9月30日現在の在庫量となります。



■ フードー     ※106㌔↓  (1391㌔)


■ 缶詰         小缶 0ヶ (250ヶ)    中 缶 92ヶ↑(800ヶ)


■  ジャーキー         5,2㌔ ( 4㌔ )

■  冷凍肉           30㌔ ↑ ( 0 )

■  レトルト           50ヶ   (15ヶ)


■  ガム            20袋(7袋)

■  ササミ肉         10キロ(2キロ)
                   ※10/3訂正しました。
■  首輪、犬用爪切り、哺乳瓶、殺虫剤、伸縮リード、ノミ、ダニ駆除剤  



いつも山梨の犬たちへのご支援、本当にありがとうございます。
みなさまからの温かいお気持ちで
犬たちの命が繋がっています。
どうぞ、今後ともお一人でも多くの方に
細く長くのご支援を、心よりお願い致します。



トム君へのご支援内容

■  フード、薬 等 。砂在庫 はおかげさまで約一ヶ月以上有ります、との事です。

トム君、生涯やさしく可愛がってくださる里親さんを募集中です。
一人ぼっちで「小林さん」を待ちわびるトム君に
一日も早く本当の家族が見つかりますように。
トム君の里親募集は、じゅんこさんのブログでご確認くださいね。



小林さんたちへのご支援(物資)内容


■ 食料品(お米、カップ麺、缶詰、中華丼、玉子丼、カレー、ハヤシ、シュガー、
焼き海苔、醤油、おでん、味噌汁、ニンジン、ジャガイモ等多数。

■ 菓子類(おかき)、りんご、ぶどう、バナナ、他菓子類。等。

■ 帽子、毛布、蛍光スタンド、等、

いつも温かいご支援、誠にありがとうございます。

犬たちのみならず、このように現地でお世話くださる方たちへの
お心遣い・ご配慮、心から感謝致します。
本当にありがとうございました。
みなさまのお気持ちに副えますように、
改善策をご相談、又はご提案していきたいと思っています。
僅かな進展でもありました時には、必ず報告させていただきたいと思っています。
みなさまの温かいお気持ちを混乱させてしまい、
本当に申し訳ございません。





現在の犬たちの頭数


K地区        42頭

N地区        39頭

学生さん預かり   3頭 (リク、コジロー、バルン)  合計  84頭です。



green.gif

 

 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

22支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

22支援金のお振込先はコチラからお願い致します☆ 

22現地の様子は学生さんのブログでご覧くださいね☆

22フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

じゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。 

 

 
 

 

 

 


スポンサーサイト

命の軽視ーその罪

julia.jpg



動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)

みだりに殺し、又は傷つける
懲役1年未満、または100万円以下の罰金

みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等
50万円以下の罰金

遺棄
50万円以下の罰金   (記述:wikipedia参照)




2007年1月1日に眠るように旅立った愛犬ハナは、
1991年12月31日大晦日。
雪の積もる公園で、鉄柱に鎖で繋がれたままで捨てられていました。
推定年齢1歳の小さな柴犬です。
私が初めてハナに会ったのはそれから約一ヵ月後の事です。
捨てられていた当初の状況は、近隣の方たちから教えて頂きました。
尻尾を後ろ足に挟み込み、決して近づかず、
遠くからじっと、楽しそうに散歩する3頭の愛犬たちを眺めていました。
ヤセッポッチな犬。その姿いっぱいに怯えをまとい、
それでも「近づきたいな」と、必死で訴えている。そんな気がしました。

それから一ヶ月。雨の日も雪降る日も、
毎日食べものを持ち歩き、痩せた犬の保護に挑戦しました。
何日か経った時荒れた空き地で、
犬が寝床にしていたと思われる窪みを見つけました。
その周囲にはきっと一人で遊んでいたのでしょう。
子供たちの忘れたプラスチック製のおもちゃや小枝、
そして私がごはんを入れていたキティちゃんのお椀も
きちんと「巣」へ持ち帰っていたのです。
乱雑に置かれた犬のタイセツナモノを目にした時、私の決意は固まりました。

未だ1歳だった犬。寒空に放置され、
一体どれほどの空腹と不安と恐怖の内側にいたのでしょうか。
聞けばいたずらっこ達に棒切れで追い払われ、小石を投げられていた汚れた犬。
絶対私が守ってあげるから。そう強く思ったのを思い出します。
ある日、犬は突然目の前でくるんとお腹を見せ、私の前でやさしい表情を見せました。
チャンス!!とばかりに首輪に手をかけようとした時、
首に深く食い込んだ仔犬用の首輪が、目に飛び込みました。
咄嗟に手を引っ込めて、祈る思いで「さぁ、おうちへかえろうね」と呼びかけました。
もしも又逃げればどぉしよう。せっかくのチャンスを逃せばどぉしよう。
心配しながら、それでも小さく築き上げた犬との信頼関係にかけてみようと。

犬はむっくと起き上がり、すたすたと私の後をついてきました。
その時の感激は、今も心の玉手箱で静かな時間を重ねています。
首輪を外す時を最初に以後5年間、私は犬に噛まれ続けました。
もちろんキツクではありません。
思わず噛んでしまった。という程度の噛み方です。
首輪を外す時は血が噴出しました。
犬は年老いても尚、首の辺りに手を触れようとすると
噛み付こうとしました。
あまりにも哀しい条件反射でした。

そして、ハナと名付けられ家族になった後も、
物音なのか、皮膚の感触なのか、あるいは記憶なのかはわかりませんが、
ハナは突然パニックになり、悲鳴ともとれる大きな奇声を発しました。
未来へと歩き始めているというのに、過去の記憶はいつまでもハナを苦しめました。
放浪時に「人間の魔の手」から逃れる為に覚えたのでしょう。
散歩時には必ず側溝へすとんと下り、
歩きづらそうにトコトコ進んでいた姿が忘れられません。
尻尾をくるんと巻き、太短い足をちょこちょこと交互に出し。
ハナは私の心に生きています。

ある日ハナは、ノーリードのブルテリアに追いかけられ逃走したことがあります。
その犬がハナの娘に襲い掛かったので、パニックになり抱き上げようとした時に
ハナのリードが手から放れた為でした。
臆病なハナは、それでも大切な娘を守る為、
意識的にブルテリアを反対方向へ誘いました。
中高年の飼い主と思われる男は、笑っていました。
必死で追いかけましたが、見失いました。
すぐに交番保健所へ連絡し、夜になってもハナを呼び続け捜しました。
ハナは戻ってきませんでした。
翌日、近くの交番から連絡があり、
ハナらしき、おそらく犬が側溝に隠れているのだと言うのです。
赤い紐つけてますか?それを近くの工事現場の作業員さんが見つけて
交番に知らせてくれたのでした。
転げ落ちるように交番から現場へ向かい、ハナを呼びました。
お尻からもそもそと這い出したのは、紛れもなく私の大切なハナちゃんでした。
よほど一晩怖かったのでしょう。
抱かれたハナの目から涙が流れ落ちました。
私は初めて「犬が泣く」ことを知りました。

16年ともに暮らした捨て犬ハナ。
虐待を受け、それでも必死で生きていたハナ。
ハナとの出会いが、私のその後の人生を大きく変えました。
今、静かに眠るハナの写真を見る度に、強く心に願います。
どうか。どうか。全国でハナのように酷い仕打ちを受けている犬や猫、
すべての動物が、惨い現実から一時も早く解放されますように。

自分より弱い立場にやいばを向ける、あまりにも身勝手な人間達。
ただ生きていることが、そんなに腹立たしいのでしょうか。
一体彼らがあなたに何をしたのでしょうか。
うるさく吠えた?
お腹が空いているかもしれない。
喉が渇いているのかもしれない。
どこか痛いところがあるかもしれない。
「不審な対象」を威嚇しているのかもしれない。
精一杯「見えない敵」から身を守る事で
もぉすっかり疲れてしまったのではないかと、心配です。
私達には言葉があり、伝達方法も多種多様です。
吠える事のみでしか、訴えられない弱き命を
どうかこれ以上苦しめないでください。
物言えぬ弱い命たちをこれ以上!苦しめないで!!

これは亡きハナからの伝言です。
ハナちゃんはまるで仔犬のようなあどけない顔で旅立ちました。
住職さんがおっしゃいました。
特別な日、例えば家族の誕生日や祝日に亡くなる子は、
家族への想いがとても強いのですよ。と。
日付が変わった1月1日0時に息を引き取ったハナちゃんです。
私の仕事が終了するのを待っていてくれました。
今、私の横にいる小夏も同じ境遇を背負っています。
一年3ヶ月暮らしました。未だに物音にビクビクしています。
わたしの傍から片時も離れません。

どうか哀しい日々を生きる命たちを、決して増やさないで欲しいのです。
生きる権利は平等に与えられている筈です。
人間だけが偉いのだと、一体誰が定めたのですか。
あなたのイマは、決して犬達の責任ではないのがわかりませんか。
あなたのイマは、あなた自らがつくりあげてしまったイマなのです。
自己中心的な考え方は止めて頂きたい、と切に望みます。
あなたは...
犬の瞳を凝視出来ますか?



愛犬ハナの犬生については、これまでプライベートブログやその他でも
折につけ触れてきました。
彼女の淋しく苦しく過ごした幼年期を想う時、
「虐待」の二文字が頭から消えません。
ハナと小夏。ともにさみしく哀しい仔犬時代を経て成長しました。
イマ同じ境遇で苦しむ犬や猫たちが、せめて穏やかな表情を取り戻せますように、
その願いを込めて書きました。
動物愛護法にも定められていますが、飼育放棄はもちろんのこと、
最も憎むべきは「加虐」により動物達へ苦痛を強いることだと強く思います。
人間の仮面を被った悪魔は、法の下に罰せられるべきなのです。
私はソレを、心の底から懇願しています。
法律は施行されるためにあるのですから。

弱き立場への虐待行為は、
人間として最も恥ずべき行為です。

命の重み

                       06.jpg

昨日、現地へ行かれたトキママさんから
N地区の犬たちの画像を送って頂きました。
改めまして、ありがとうございました。
アップしてみなさまにもN地区で暮らす犬たちの表情を
存分に見て頂きたいと思うのですが、
その前に、どうしても私の考えを書かせて頂きたいと思います。

昨日、ヒナちゃんの訃報をお知らせ頂きました。
がんばったヒナちゃんです。
小林さん初め、学生さんたちの温かい看護の元、
穏やかに旅立てたのではないかと思います。
お話では18歳以上、おそらく20歳近いのではないかということでした。
山梨多頭飼育問題当初より現地で生きてきたヒナちゃん。
数々の残酷な状況も目にしてきたことでしょう。
それでも長寿を全うしました。
そういう意味では「お疲れさまでした」の言葉を添え、
長年の労を労い、ただ安らかにと願います。
ヒナちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

その一方で、
ヒナちゃんが迫り来る死の不安に、あるいは怯えていたかもしれない同時期、
孤独に死と闘いひっそりと息絶えた犬がいました。
現地の状況を知らない私が偉そうに言える事ではないと重々承知しています。
長い間、「現実」を聞き続けてきました。何とか改善して欲しいと願い、
いろいろな提案やお願いしてきました。
けれど、限界です。
どのように方向性を変えたところで
「その現実」は、やはり理解する心の動きに背を向け続けています。
私たち支援者は、
小林さん担当のK地区の犬たちの幸せだけを願い続けているのではありません。
むしろ、より一層人里離れたN地区の、心寂しい犬たちへの想いが大変強いと思います。
K地区とN地区との相違点。
それは、犬たちをお世話されている方たちの「犬たちへの愛情」です。
もちろん、訪れる人は比較出来ないほどに少数であると聞いています。
日々一人でのお世話は想像以上に大変であることも推測出来ます。
Kさんも、寂しいんですよ。と小林さんは言われます。
それならば尚更の事、
犬たちへ愛情を抱きお世話しては頂けないものかと、どうしても感情的に思ってしまいます。
犬という生き物。純真無垢で必ずこちらの愛情に応えてくれます。
気立ての良い犬も多いと聞いています。
長年そんな犬たちと共に同じ地で暮らしながら、愛情を感じないことが理解不能です。
いつ亡くなったかさえ定かでない。そして吐かれた言葉。
「死んだものはしょうがない(仕方がない)」。
そしてそれでもKさんをかばう小林さん。

いつだったかも思い出してさえもらえない、裏山へ埋められた1頭の犬。
名前もなく、撫でてもらうこともなく、時には怯えながら暮らしてきた犬。
小林さんが言われるには、16日より以前であり、
頭数確認の際1頭減っていることに気付かれたそうです。
おそらく、以前体調が悪いと言っていた犬であるということ。
愕然としました。
きちんとヒナちゃんのように流動食を与えてもらっていたのだろうか。
喉の渇きに苦しんでいたのではないのだろうか。
医療を施されないなら、せめて少しでも穏やかに最期を迎えて欲しい。
いいえ。迎えさせてあげて欲しいのです。
「命の重み」
同じ時期、天に昇った二つの命。その雲泥の差。
一体どのようにこの感情を抑えればいいのでしょうか。
山梨の犬たち全頭の幸せを願えばこそ、
人用の食料品や日用品も多くの方が支援して下さっています。
決して支援の見返りを求めるつもりはありませんが、
支援を受ける側として、せめてささやかな愛情を犬たちへ注いで欲しいと
それだけを懇願しているのです。

「現地」との温度差をとても感じています。
犬たちへの想いと届かぬ願いのハザマで、ジレンマが途絶えることはありません。
N地区で生きる39頭の犬たち。
本来なら1頭の雌犬が亡くなり38頭の筈ですが、
頭数確認の際、人に怯え犬舎の奥、あるいは下に隠れる犬がいる為、
39頭が正確な数だそうです。
39の小さな弱き命が、少しでも穏やかに暮らせる為には
どのようにKさんに関わればよいのか、
又、小林さんに協力して頂けるようどのように話せばよいのか、
それをずっと考え続けています。


whiterose.jpg

名もなき犬。
私が看取った最高齢19歳で天国へ旅立った「チロ」の名前をつけたいと思います。
母に大切に13年間可愛がられ、母亡き後、
母の想いを胸に、母に代わり懸命に介護しました。
阪神淡路大震災で全壊した実家からも奇跡的に救出され、
最期は眠りのままに、一度も苦しむことなく静かに旅立ちました。
今度生まれて来る時は、
きっとチロのように強運の持ち主で健康で長生き出来ますように。
そして、溢れるほどの愛情を独り占め出来るようなやさしい飼い主さんと
どうかどうか巡り会えますように。

N地区のチロちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。


※個人攻撃ととられても仕方のない内容になっています。
覚悟の上で書きました。
N地区のチロちゃんの「命の尊厳」を守りたいと思います。
反論のある方は、右サイドバーのメールフォームよりお伝えください。
      
              2009/09/27   夏ママ

安らかに

02-2.jpg

おはようございます。
ようやく時間がとれましたので、
先日の山梨県主催「動物愛護デー」参加の様子を
送られてきた画像と共にお知らせしようとしていました。

ヒナちゃんの調子が悪い事は知っていました。
学生さんのブログで、ヒナちゃんが元気を取り戻しつつある様子が
記載されていましたので少し安心していました。
先ほど、ヒナちゃんが亡くなった報告を受けました。
18才でした。

そして、N地区で1頭の犬がひっそりと誰にも知られず亡くなっていたそうです。
9月16日天国へ旅立った名も知らない子。
小林さんが知ったのは昨日の事。
16日と言えば、9日も前の出来事だったのでしょうか。
詳しく事情がのみこめないので、今からお尋ねさせて頂きたいと思います。

ヒナちゃん、よくがんばったね。
山梨で生き抜いた2頭の犬たちのご冥福を
心よりお祈り致します。

又後ほど追記致します。

9月15日〆のフードの集荷状況と在庫量の中間報告

green.gif


 9月1日~9月15日の集荷状況と在庫の中間報告です 


 犬たちへのご支援内容
   ( )内の数字は9月15日現在の在庫累計となります。



■ フードー       49キロ  (1900キロ)

■ 缶詰         小缶 0ヶ (315ヶ)    中 缶 92ヶ(900ヶ)
※ 中缶92ヶ中「9月10日着・ハッピーカンパニー扱い/匿名の方」
からのご支援72ヶが含まれています。
ご支援ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。


■  ジャーキー         0キロ ( 22キロ )

■  冷凍肉            15キロ ( 0 )

■  レトルト           0ヶ   (50ヶ)

■  ガム            20袋 (14袋) 


いつも山梨の犬たちへのご支援、本当にありがとうございます。
末〆のご報告にて、8月のフードご支援量が2809キロありましたので、
今月は少なめですが、それでも、いろいろな物資をご支援下さいまして
感謝致します。
フード不足の日々を想えば、まるで夢のようなお話です。
これもひとえに支援者のみなさまのおかげさまです。
犬たちにとっては大変過ごしやすい日々が続いていますので、
体調の悪い子もいなくて、何より嬉しいですね。
小林さんのお話によると、
やはり現地の犬たちは暑さに比べると、
寒さは比較的「へっちゃら(平気と言う意味です♪)」。
タロウ君を筆頭に寒さ対策とばかりに脂肪をせっせと蓄えているそうです。
ふぅむ、確か暑さの厳しい時もタロウ君はメタボちゃんだったような???
とにかく、みんな元気で小林さんの声も明るいです!
実は年季入りの巨人ファンの小林さんですから、まぁ余裕でご機嫌いいのでしょうね。
先日は「夏ママさん、阪神3位決定おめでとう!!」って、
ちょっと意地悪く言われてしまいました。(何しろ苦戦しましたから)
何とか優勝に近づけるものなら。。。ともあつかましく思うのですが、
既に力果たした感もあり、今年は小林さんの喜びのメールが届くのでしょうね、きっと。
悔しいナ

と、こんなふうに和やかにご報告出来るのはウレシイです。
山のわんこたち、たくさん食べてやがて訪れる厳寒期を乗り越えてね。


トム君へのご支援内容

■  猫砂   フードは約1ヶ月分の在庫量があるとの事です。

トム君、生涯やさしく可愛がってくださる里親さんを募集中です。
トム君の里親募集は、じゅんこさんのブログでご確認くださいね。


小林さんたちへのご支援(物資)内容


■ 食料品(お米、カップ麺、缶詰、砂糖、カレー、おでん、中華丼、
        麻婆丼、ハヤシ、味噌汁等)

その他のご支援です。

■ 首輪、リード、爪切り、フロントライン、JCBギフト券



いつも温かいご支援、本当にありがとうございます。

小林さん「草刈りは手作業」、しかも1本ずつ根っこから引き抜くのだそうです。
この日はK地区のお二人の宿舎周囲の草と奮闘されたそうです。ご苦労さまです。
山の暮らしには、私たちの想像以上に雑用が多く過酷なのだと改めて感じます。
そんな小林さんに今月もいろいろと支援物資をお送りくださり、ありがとうございました。
小林さんからもくれぐれもお礼申してくださいとの伝言です。
どうぞ今後とも犬たち同様に、少しでもお心寄せてくださいますように
よろしくお願い致します。


現在の犬たちの頭数


K地区        44頭

N地区        39頭

学生さん預かり   2頭   合計  85頭です。


 

 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

22支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

22支援金のお振込先はコチラからお願い致します☆ 

22現地の様子は学生さんのブログでご覧くださいね☆

22フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

じゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。 

 

 
 

 

 

 


山梨のわんこへのフード支援について

昨夜、本当に久しぶりに小林さんと話をさせていただきました。

涼しくなり(朝夜はもう寒い位だそうです)、わんこも小林さんの体調も落ち着いていること。
お手伝いしてくださるボランティアさんが増えたこと。
学生さんが来てくれていること。
バロンくんにお星様が現れそうな気配があること。。。



とても嬉しそうでした(^^♪
(私と話し時は私を気遣いいつも明るくお話してくださいますが)

昨日の本題は、わんこ用品に不足があるか?教えていただく為のものでした。
みなさんからのご支援のおかげで、フード・ジャーキー・缶詰の備蓄もあり、昨年は沢山の毛布のご支援・またタオル類のご支援も戴いているので現在不足物はないとのことでした。
Save the Dogさんからご支援いただいたヒバチップの消臭効果がとても高くて、しかも2年間も使用出来るそうなんです!トムくんの住む建物は締め切りの為匂いが篭ってしまっていたそうです、ソコに置いた所ヒバチップ効果を実感できるそうで喜んで居られました。よかった!

詳細はいつものように夏ママさんのブログをどうぞ♪


現在、トキのママさん・ダクママさん・エディ母さんよりフード購入費をお預かりしています。もう少し現地の希望を待ちまして、なにもなければ小林さん希望のジャーキーを購入後支援させていただこうと考えています。いつもありがとうございます!


山梨でひっそりと暮らす85わんのわんこたち、
推定6歳のトムくんも引き続き里親様募集中です。
山の管理人さんがカメラマンをしてくださっている写真ブログはコチラ

今後もどうぞよろしくお願い致します。




支援金ご協力のお願い

                   15-1.jpg

季節が移りゆく様子を、街路樹の桜の樹を見上げる度に感じています。
みなさま、気温の変化や夏の疲れなどで体調を崩されていませんでしょうか。
四季のなかでも「秋」は特に短い気がします。
山梨の現場では、厳しい寒さが駆け足で忍び寄っているのかもしれませんね。
犬たちにとって過ごしやすい季節が少しでも長く続きますようにと、願います。


学生さんのブログで8月の会計報告がアップされています。
コチラです。
お気持ちだけの支援金ご協力のお願いをされていますので、
ココでも記事を更新することに致しました。
先日9月の譲渡会への参加は見合す旨のお知らせを致しましたが、
地元での譲渡会予定、甲府で開催されます山梨県主催の
動物愛護デー・イベントへの参加など、
車での移動が多くなります(ガゾリン代が嵩みます)ことと、
支援金残額が減っておりますことを考慮しまして、
支援金のご協力をお願いさせて頂きたいと思います。
現在は、みなさまのおかげさまでフードを初めとする物資は足りている状況です。
フード一袋分の代金を、学生さん管理口座へお振込みくださればと、
大変あつかましいのですがご協力をお願いしたいと思います。

お振込先は、お手数なのですが コチラ でご確認くださいね。

支援者さまからご連絡を頂戴しましたので、
銀行からのお振込みにつきましての詳細を
追記しました。

支店名の件、気付きませんでした。
お手数をおかけ致しました。申し訳ございません。
お手数なのですが、再度よろしくお願い致します。
コチラです。


                   15-1.jpg


支援金公募につきましては、慎重になり過ぎるばかりに
公にお願いすることを控えてきましたが、
山梨多頭飼育問題へは、愛護団体による正式関与が成されていない状況です。
多頭崩壊現場にはおおむね、愛護団体による犬たちの所有権も含めた関与の元、
レスキュー活動を公に掲げ支援金を集める場合が殆どです。
例えば広島DP問題に於ける元アークエンジェルズと、
原告の会との裁判沙汰になっている状況を目にする度、
多くの方が「支援金」を振り込むことに躊躇されてきたかと思います。
私自身もうんざりしているのが本音です。
何を信じればいいのかと心は落ち込むばかりです。
しかしながら、
山梨の現場は違います。
もちろん、殆どの愛護団体さまが私利私欲など関係なく
虐げられてきた命に対して、誠心誠意ご尽力されていることは理解しています。
そういう意味でも、広島DP問題は、様々な現場に暗い影を落としました。
山梨では、事実上学生さん管理口座への支援金のみがそのすべてです。
小林さんご本人へご支援くださっている方がいらっしゃる現実は
重々承知しております。有難いことだといつも感謝しております。
お名前、金額、も小林さんご自身からお伝え頂いています。
小林さんたちの生活を支援することが大切だと、
その為にはどうすれば良いのかと、常々頭を悩ませています。
その一方で、私たちの最も主軸になる想いは、
犬たちの幸せ」を守ること。「犬たちの幸せ」へのお手伝いをすること。
そう思うのです。そして、その想いを決して忘れてはいけないのだと。

山梨の現場でこつこつと活動を続けられる学生さんたちの
真意をご理解くださり、お一人でも多くの方に
支援金のご協力を心からお願い致します。

8月の会計報告によりますと
28,000円のご支援合計額。となっています。
以下、抜粋させて頂きました。

■支援金合計(7月残高含む)              297,862円
■支出合計                          23,840円 
■支出詳細 8月分ガソリン代              14,484円
        混合燃料                      498円
        ペット牛乳                     198円
        ララ検診代(血液検査、フィラリア検査)   8,660円
■残高                            274,022円

上記詳細で並ぶ数字をご覧くださり、
山梨多頭飼育現場の現実をご理解くださいますように、
心からお願い致します。

誠に勝手なお願いで申し訳ないのですが、
お一人でも多くの方のご協力をお待ちしています。
どうぞよろしくお願い致します。

お知らせ

                    hanataoru1.gif

最新情報(って大袈裟ですケド)のお知らせです。
9月20日、神奈川県大和市での、
恒例・パクスやまとさんによる里親会への参加は
連休中で渋滞が予想されますことから、
犬たちの体力消耗を考え、中止することになりました。
9月23日、山梨県主催による
「平成21年度・山梨県動物愛護デー」に、1~2頭参加の予定です。

開催場所は、甲府市/アイメッセ山梨
開催時間は、午前10時です。
近隣にお住まいの方は是非、足をお運びくださいね。
学生さんも参加されるとのことです。
昨年は160名もの方が、ブースに訪れてくださったと自身の記事に書いていました。
詳しくは
山梨県動物愛護指導センターより、ご確認くださいね。

今朝の状況では、季節が移り体調の悪い犬もいないとのことです。
ここ3年、毎年夏になると体調を崩し、
哺乳瓶でミルクのお世話になっていたカイばぁちゃん。
今年は食欲が衰えることもなく、至って元気いっぱい!。
小林さんがおっしゃるには、今年は例年になく「短い夏」だったそうですね(ウラヤマシイ)。
カイばぁちゃんにとっては、過ごしやすい日々で本当によかったです。
えっと、ごめんなさい。中野さん(学生さん)。
あまりにカイちゃんの寝顔が可愛いので写真お借りします(事後報告でごめんなさい)。
ファンの多いカイばぁちゃんです。
この寝顔納得ですね。

091_convert_20090821231254.jpg

山梨の85頭の犬たちに、ささやかな幸せがいつまでも続きますように。


 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

22支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

22現地の様子は学生さんのブログでご覧くださいね☆

  可愛い犬たちの写真が掲載されています♪

22フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

詳細はじゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。 

※記事内容に無関係なコメント、不快な書き込みが多い為コメントは承認制に

設定していますのでご了承くださいね。 

 
 

 

 

 


それぞれの想い

 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

現地の様子は学生さんのブログでご確認くださいね。
犬たちの可愛い写真もたくさん掲載されていますヨ

 
 

 

 

 



山梨はすっかり秋めいてきたようですね。ウラヤマシイです。
こちら関西地方は真夏並みの暑さ、連日35度前後でうんざりしています。
早く秋が来ないかな~と、勢い復活の太陽を恨めしく仰ぐ日々を送っています。

そんな中、「秋ですね~」と画像が届きました。
090905_1722~01

おいしそうな栗 山梨はすっかり秋ですね~。
日本って広い!って思うのは、ナント昨日蝉が鳴いていたんですヨ
せめて朝晩だけでも涼しくなって欲しいナと思う今日この頃です。

今朝、学生さんのブログを訪問しました。
最近少し時間がなくてご無沙汰していました。
N地区の犬たちの写真がたくさん掲載されていて
とても嬉しくなりました。
現地の様子を懸命にお知らせいただいています。
遠方の私たちは、学生さんのブログでのみ「現地=犬たちの表情」を
知ることが出来ますね。
みなさまのお届けいただいた支援物資のいろいろを
こ~んなわんちゃんたちが喜んで食べているんですね。
特にジャーキーは、学生さんたちと犬たちとのコミュニケーション向上に
必須アイテム!!
おやつのジャーキーをおいしそうに食べているN地区のわんちゃんは
コチラでご覧下さいね。
※画像の上でクリックすると、拡大されます。

そして、先日
ヒバチップや、ブラッキーちゃんの正式譲渡などでお世話になっている
Save the Dog さまから、リンクバナーを添付ファイルにて送って頂きました。

CACPUQ5Y.gif
バナーへのリンク先URLは
http://www.savethedog.jp/
で良いかと思います。
ブラッキーちゃんの様子もブログにてアップされていますので、
是非、コチラでご覧下さいね。

「支援活動」につきましては、それぞれのご意見があるかと思います。
小林さんは、総称して「愛護団体」に対して、
若干、心を開かれない点は重々承知しています。
詳しくはお尋ねしたことはありませんが、
幾度か嫌な思いをされてきたのだと推測しています。
山梨多頭飼育問題に関与する過去に於いての様々な経緯、
又某愛護団体の莫大な支援金問題がテレビなどでも取り上げられ
少なからず風評被害が及んだこと、
そして、人間関係の裏切りによる悔しい想い。
それらはお聞きしています。
これまでの会話の中から、
「学生たちを優先してやってください」と頑なに姿勢を崩さない態度に、
正直に言いますと、時折ため息と共に頭を抱えることもありました。
私の立場上、何も申し上げることは出来ませんが、
それでも犬たちの環境改善の為、
お力を貸してくださる方たちがいらっしゃるのなら、
やはり、支援活動の意図云々よりも、一個人に宿る犬たちへの純粋な想いを
信じたいと思うのです。
誤解が無いように補足させていただきますけれど、
このことは決してSave the Dogさまのことではありませんので
よろしくお願い致します。
現地へ出向き、N地区の犬たちの環境改善にご協力くださっています。
猛暑の中、草刈り作業などの記事アップはコチラです。

今日は、これまでのお申し出のあった場合を思い出しながら
私なりの「支援活動」につきましての考えを綴っています。
人間同士の関わりには、常に「感情」が付きまとい、
結果、その為に犬たちの幸せへの道のりが遠のくことだけは、
避けなければと思うのです。
小林さんのお気持ちは大変分かります、というと生意気なのですが、
その不信感のようなものを少しでも緩和できればと、いつも思っています。
いえ、それが自分の役割でないかと、とても自己満足ではありますが
そういうふうに考えているのです。
当然、見極める力は必要です。本来単純な人間ですから、
いつも友人の助言を参考にしながら、何度も考え直して
自分の真意を探ってきました。
自分を見失うことなく、自身の全責任に於いて発信するべきだと
結局はソコへ辿り着くのですけれど。
その為記事内容が二転三転して、みなさまにはいつもご迷惑を
おかけしてしまいます。すみません。

小林さんに対しては、あらゆる側面から(精神的な)サポートを出来るようになりたいと、
常に心がけています。
けれども、本来自分自身が精神的に弱い面が多々あり、
又、頑固な一面をお持ちですので、中々理想どおりには進みません。
本当は、立ち止まってばかりなのです。
それでも、心がけていることは「他を批判しない」ということです。
批判することによって、後悔を引きずることの方が「しんどい」のです。
みなさまから頂戴するメールの返事内容には
まるでマニュアルどおりの返答のような感想を抱かれることも多いかと思いますが、
その都度、きちんと考えてお返事するようにはしていますので、
ご理解くだされば、嬉しく思います。
長々と書き連ねましたけれど、
現役学生さんたちはもちろんのこと、卒業生のみなさん、
マルコ・ブルーノ氏、
Save the Dog 様、犬猫救済の輪 様、
そして、多くの支援者のみなさまたちのお力で
山梨多頭飼育現場に生きる85頭の犬たちの(内2頭は学生さんのお家です)
「【今】が守られていること」を、
「目標は一つ!」であることを信じて、ご理解・応援して頂けますように
心からお願い致します。

学生さんのブログでの犬たちの写真を見ていると、
みんなが与えられた環境のなかで、つつましく幸せに暮らしていることがうかがえます。
柵で仕切られた敷地内を自由に散歩するタロウくん、ユリちゃん、ポンタくんの
その穏やかな顔は、彼らたちの今が幸せであると思わせてくれますね。
N地区の子たちの犬舎はとても老朽化しています。
それでも寄り添い日々を過ごす犬たちを見ていると、
改めて「人間の価値観」を押し付けてはいけないのだと感じます。
どうか、山梨多頭飼育現場に生きる犬たちが
いつまでもいつまでも小さな幸せに満ち足りて暮らせますように。

まとまりのない文章を最後までお読み下さり、ありがとうございました。

8月末日〆のフードの集荷状況と在庫量のご報告

green.gif

関東地方接近の「台風速報」にご心配くださったことと思います。
毎日台風の影響などお尋ねしていましたが、
みなさまへご報告出来ずごめんなさい。
100%弁解なのですが、「便りの無いのは元気な証拠」と言われますように
更新が無いのは、現地の状況が平穏無事な証拠、
と思っていただくと少しだけ気が楽です。
なんて、そんないい加減なこと言ってはいけませんね。
生活のペースが掴めず、又個人的なことなのですが
私の場合「魔の9月」と自分で思い込んでいる節があり、
まるでその思い込みに靡くかのように、
毎年この時期には体調が優れなくなります。
けれど、徐々に秋めいた気配を察知すると、充電完了とばかりに
パワーを取り戻します。
ホントに単純な人間なので、いろいろな方面でご迷惑をおかけしています。
月末〆のご報告も昨日夕方頂戴していたのですが、
日付の変わる今朝まで更新出来ませんでした。
小林さんは大変律儀な方ですので、穴があったら入りたい心境です。
話がすっかり逸れてしまいました。
台風なのですが、山梨の現地では周囲が林で囲まれている為、
それほど強風の被害は受けないのだそうです。
これまでも、関東地方上陸などの事態にあっても
「富士山」が壁になって台風の脅威から護られてきたのだと、
少し自慢気に話されていました。
やはり、山梨の犬たちは富士山に護られているのですね。
どうぞご安心くださいね。

それから、「いぬのきもち」取材は一時間ほどで無事に終了。
取材目的は学生さんたちの活動紹介ということでした。
10月発行11月号掲載の予定だとお聞きしました。
定期購読(店頭販売されていない本です)されている方は、是非お楽しみに!
ちなみに私は契約していません...ミニピンはちょっと、
躾方とかあてはまりません。。。(甘い飼い主の責任ですよね)

それでは、ご報告に進みます。


 8月1日~8月31日の集荷状況と在庫の月間報告です 



 犬たちへのご支援内容
※   は、前月末日〆の月間報告との対比で表示しています。
   ( )内の数字は8月31日現在の在庫量となります。



■ フードー     ※2809㌔↑  (2209㌔)
※学生さん関連の1トンのご支援も含まれています。

■ 缶詰         小缶 0ヶ (※430ヶ)    中 缶 0ヶ(1090ヶ)

※430ヶ8月15日・中間報告にて在庫量を50ヶのところ500ヶと間違えました、
とありましたので、訂正致しました。


■  ジャーキー       69㌔ ( 40㌔ )

■  冷凍肉           0㌔ ( 0 )

■  レトルト          120ヶ   (80ヶ)


■  その他  ほねっこ、ガム等 

■  首輪、リード、バスタオル、皮膚病薬、ノミ・ダニ薬(フロントライン、レボリューション)、
    シャンプー剤、ヒバチップ等  



いつも山梨の犬たちへのご支援、本当にありがとうございます。
みなさまからの温かいお気持ちで
犬たちの命が繋がっています。
どうぞ、今後ともお一人でも多くの方に
細く長くのご支援を、心よりお願い致します。



トム君へのご支援内容

■  フード、煮干、砂、薬 等

トム君、生涯やさしく可愛がってくださる里親さんを募集中です。
一人ぼっちで「小林さん」を待ちわびるトム君に
一日も早く本当の家族が見つかりますように。
トム君の里親募集は、じゅんこさんのブログでご確認くださいね。



小林さんたちへのご支援(物資)内容


■ 食料品(お米、カレー、缶詰、うどん、素麺、冷麦、おでん、生しいたけ)

■ 菓子類(洋菓子・和菓子)、ぶどう、桃、スイカ

■ ガスボンベ、ローソク、

■ 商品券、テレフォンカード、クオーカード

■ 漢方薬、下着

いつも温かいご支援、誠にありがとうございます。
さまざまな支援物資につきましての、みなさまの温かいお気持ちに対して
小林さんからもくれぐれも、よくお礼を申し上げてくださいと常にお伝え頂いています。
犬たちのみならず、このように現地でお世話くださる方たちへの
お心遣い・ご配慮、心から感謝致します。
本当にありがとうございました。



8月31日、大きくて立派な犬舎が届きました。
送付伝票の依頼主は「(有)エデン」 となっております。
ご支援者様ご本人が「匿名ご希望」の場合に限らず、
商品発送業者(或いは店舗)名が記載されていることがありますので、
お心当たりのある方は、誠にお手数なのですがご連絡くださいませんでしょうか。
小林さんが直接お礼申し上げたいとおっしゃっています。
犬舎といえば価格も大変お高いかと思います。
山梨の犬たちの為に、温かいお気持ちを届けてくださり、
本当にありがとうございました。




現在の犬たちの頭数


K地区        44頭

N地区        39頭

学生さん預かり   2頭   合計  85頭です。

8月は3頭の犬たちが旅立ちました。

N地区  インサーくん☆8月1日永眠
      ダンくん☆8月7日永眠 
K地区  サトちゃん☆8月23日永眠   長い間、ご苦労さまでした。


今年は例年より気温の高い日が短かったものの
湿度が高く、体調の悪い犬たちにとっては過酷であったと思います。
季節は駆け足で移り、すっかり秋らしくなりました。
どこまでも晴れ渡る青空の彼方で
天使になった3頭の犬たちがきっと、仲間たちを見守ってくれているのでしょうね。
あなたたちが生きてきた15年以上の月日。
その苦しかった日々も含めて、私たちは忘れないでいたいと思います。
山梨県都留市の山に生きる85頭の犬たちに、
穏やかな日々がいつまでも続きますように、
支援者のみなさまと伴に見守っていきたいと思います。
一人一人の力は微力です。
けれど、その小さな力が同じ目的で進み続ける時
必ず光が差し込む筈だと信じています。
例えその光が、ロウソクの仄かな灯りのようであったとしても、
85の命ちにやさしく、あたたかい光でありますように
みなさまと歩調を合わせて歩んでいきたいと思っています。
今後とも、山梨県多頭飼育現場に生きてきた、そして今も
ひっそりと生きる犬たちへの
細く長いご支援を心からお願い致します。

山梨の夜空に輝く星になった犬たちに
静寂な夜が続きますように。





green.gif



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードご支援・じゅんこさんのブログはコチラ」で、ご検討ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。