スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月28日〆/フードの集荷状況と在庫のご報告

green.gif


2月28日〆のフードの集荷量と在庫量のご報告をさせていただきます。


フード          1088,0㌔ (前回2/15日〆分 311,0 ㌔)

ジャーキー         48,6㌔ (2/15日〆分 5,0 ㌔)
(さつまいも巻き、ササミ巻き、牛肉チップ含む)

レトルト           33 個 (2/15日〆分 3 個)

ビスケット         ※フードの集荷量に含まれているそうです。
            

一口肉             0 個 (2/15日〆分 0個)
(豚・鶏ささみ・カモ)

冷凍肉            15㌔ (2/15日〆分 15 ㌔)

犬用缶詰           75缶 (2/15日〆分 41缶)

冷凍骨              5㌔(2/15日〆分 5キロ)






2/15日〆のドライフードの在庫量は
約800㌔でした。
2月28日〆のドライフードの在庫量は
約1200㌔になります。

温かいご支援を届けて下さったみなさま、本当にありがとうございました。

じゅんこさん経由のご支援は毎月500㌔、販売元様が手配して下さいますので、
今回の集荷状況の実績に大きく影響している事と思います。
いざ、フードを送ろうと考えた時、一番のネックはやはり送料ですので、
送料込みで20㌔2000円は、かなり格安でのご提供だと思います。
銘柄が一定しているのも老犬たちにとっては
やはりありがたいことですものね。
以前公開されていました一日のフード給餌量は@1頭約200グラムでした。
体調などにより量は上下しますけれど、
現在107頭ですので、全頭の一日給餌量は約21,4㌔となります。
一ヶ月分を換算しますと、642㌔のフードが必要量ですね。
じゅんこさん経由でのご支援が、今回のように500㌔以上、ということは
約1か月分の犬達のフードが確保出来ます。
それは、私が長い間願い続けた事なんですね。
せめて1か月分の在庫量を確保出来れば、
日々嵩の減り続けるフードを見つめ、
小林さんがため息をつかれることもないと思いますので。
どうか今後とも、20㌔フード支援の輪が強く結ばれ、いつまでも継続されますように
心から願っています。
じゅんこさん、ご苦労様ですけれど、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。



green.gif


今回も、猫のトムくんへのご支援もご報告させて頂きたいと思います。

焼きまぐろ、ササミ  30個、缶詰  50缶の物資が届きました。
トムくんへのご支援、心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

※トムくん、ただいま里親様募集中です。
詳細は、じゅんこさんのブログ記事でご確認下さいね。


green.gif




老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードご支援・じゅんこさんのご提案送付方法の詳細はコチラ」で、ご検討ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
スポンサーサイト

山梨のわんこへのフード支援について

昨日、ダクママさんよりジャーキー1箱のご支援を頂いて発送いたしました。
いつも支援戴きまして本当にありがとうございます!


みなさんの暖かいお気持ちで山梨のわんこたちは生きています。

フードのご支援のお申し出は随時受付をさせていただいています。
(20キロ単位送料込みで¥2,000円です。他で購入するよりも安いと思います)
もしお願いできる方が居りましたら鍵コメに連絡先と希望キロ数を残してください。

在庫切れのため支援希望の受付のみ行わせていただいています。入荷次第、連絡をさせていただきますが発送は暫くお待ち下さい。




先日、小林さんとお話しさせていただきました。
衣服も食料品も足りているとおっしゃっていました ←私が聞き出せないだけですけど(汗)
(ひとつ足りていないものありました!箱ティッシュ。今後送ろうと思います)

困っていることがひとつ。。。古米を召し上がっているそうなんですが、臭くておいしくないんですって\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 昔、コメ不足でタイ米を食べましたよね?思い出してしまいました。
「お酒かお醤油かお塩を少し混ぜて炊いたら?」って言ったんですけど。。。それすら、小林さんにとっては「料理」になるようで、面倒なことは。。。って言われていました(笑)

お酒に弱いようで、「奈良漬も食べられないのにお酒を入れて炊いても大丈夫なの?」っておっしゃられていましたが。。。いったいどれだけお酒を入れて炊くつもりなのか(笑)笑ってしまいました。
蜂蜜を入れても良いんですよね??

どなたか、小林さんにアドバイスをしてあげてください(笑)


ご自分の事はおっしゃりませんが、3年前に作ったわんこの家(犬舎)に不具合がでてきているので修理をしたいとご希望がありました。3年間で木材部分が駄目になってしまった家があるそうです。パイプやトタン板・バン線・網・結束線・ブロック(底に敷くため)等が必要で、ちゃんと補修作り直すと、一軒の補修(補修ではなく新築に、だそうです)に約2万円位は掛かるのではないかとのことでした。

(3月2日:一部修正させていただきます)
一軒の補修にではなく、新築すると2万円位だそうです。補修だけであれば、そこまで必要ないようです。申し訳ありません。

犬舎の補修についての説明不足を夏ママさんが補ってくださっています。そちらも参考になさってください。

。。。長い道のりだわ。。。



引き続き、ご協力ご支援をお願い致します。


おやつセットの在庫もひとつずつとなりました。
検討していただける方は続きをどうぞ。

続きを読む

人との出会い

green.gif


フード支援につきまして、
じゅんこさんが重要な内容を記事更新されていますので、
是非お読みくださいね。

山梨のわんこフード支援について(重要)

じゅんこさんは現在ご自身のわんちゃんたちと
里親様募集中のわんちゃんたちも含む大家族で
頑張っておられます。
山梨の犬達への想いも並大抵ではなく、
特にフード支援に関しましては、
積極的に取り組まれ、又フリマ開催への計画等
そのご検討振りには、頭が下がるばかりです。
関西と関東で実際にお会いしたことはありませんが、
メールでのやりとりにおきまして、
穏やかなふわふわとした雰囲気、それでいて芯の強い女性だと感じています。
学ぶことは多く、年下ながらも尊敬出来る方です。
人との出会いは不思議な縁で繋がっているなとつくづく思います。

実は私にはやはり年下なのですけれど、
とても大切な友人がいます。
彼女もやはり保護活動に精一杯取り組まれ
預かりさんを継続しながら、「大家族」と暮らしています。
客観的に厳しい意見も伝えてくれる、本音の部分では大変やさしい人です。
活字が好きで思慮深く、そんな内面を兼ね備えた彼女と出会えたこと、
正直に「嬉しい」のです。
生涯仲良くできればいいな。と思っています。


時間に追われる日は誰しも同じなのに、
ソコへ逃げ込もうとする卑怯な私です。
真の問題を摩り替えようと企むかのように、
心に嘘をつく情けない私です。
周囲の人々に支えられている事を強く感じています。
飾らない言葉の内に秘められた真意を
感謝と伴に受け止めました。
ありがとうございます、○○さん。
何度も何度も、読み返しました。
あなたのおっしゃるとおりです。
本当に。。。

人生には波があるように、日々の心にも波があり、
凪の時、荒れ狂う時、が交互に押し寄せます。
ワタクシゴトで申し訳ないのですが、
私の波の中心には、亡くなった愛犬の姿が常にあります。
突然、日々に何度も涙の内側で凍りつきます。
本当に動けなくなるのです。
それは予告なしに訪れ、その後には愛しさが残るだけ。
春が、桜並木が、柔らかな陽射しが、愛犬の姿を連れてくるのです。
春が過ぎ去った頃、あの日がやってきます。
お転婆で楽しくて元気いっぱいだった夏は、
やっぱり、お星さまになったのかな。
現実に背を向け続けることを許して、夏。



すみません。山梨と関係のないこと書いてしまいました。
気持ちを入れ替えてトムくんの近況です。


トムくんの写真が届きました。
初めて窓の桟に飛び乗りしばらく外の様子を眺めていたそうです。
動作も機敏になり、本来の猫らしさを取り戻しつつあるとのお話です。
元気になり本当によかったですね。
トム君。里親様募集中です。
既に去勢済みで、投薬のみの治療中です。
詳しくはじゅんこさんのブログからご確認ください。
記事はコチラです。

090224_1346~02



green.gif

以下↓テキストに変更しますね。
動作環境によりFlash素材が反映されない場合があり、ご迷惑をおかけいたしました。



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードご支援・じゅんこさんのご提案送付方法の詳細はコチラ」で、ご検討ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

山梨のわんこフード支援について(重要)

みなさまに沢山のご支援を頂きまして、格安フードが在庫切れの状態となってしまいました。
大分県Sさんよりご支援の60キロ発送後、入荷まで暫くお待ちいただくことになります。
(昨日の記事に少し追記しました)

毎月500キロ前後は入荷しているそうで、今後も提供はしていただけます。
(2月は500キロ以上発送してもらっているので在庫切れデス)

申し訳ありませんが、今後受付け分に関しては、
ご支援希望量のご連絡を頂き→入荷→入金→発送に変更させていただきたいと思います。
ご了承下さいますよう、お願い致します。


小林さんの誕生日が3月11日です。
今、少ない脳ミソを回転させているのですが。。。なかなか良いアイディアが思い浮かびません。もし何か検討されている方がおりましたら是非、参考にしたいので教えてください!

うちの父もなのですが、
「何か欲しいものはある?」って聞いて返ってくる言葉は
「なんにもいらないよ、貯金しときなさいよ」

そういった人への贈り物ほど悩ませるものは無いと。。。本人たちは絶対におもっていないのでしょうけど。。。(笑) 大好きな父なのです(^^♪

こちらもナイスアイディアをお待ちしています。


10歳のぱーちゃんと11歳のぱてぃくん、仲良く里親様募集中です。
推定5歳の保護猫トム君も里親様募集中です。
 →トム君の記事はコチラ

山梨のわんこへのフード支援について

昨日、napoponさんよりジャーキー1箱のご支援を頂いて発送いたしました。
本日、東京都Sさんより100キロ/神奈川県Tさんより100キロ/埼玉県Tさんより40キロ/京都府Hさんより20キロのフード支援を頂いて合計260キロのフードを発送させて致しました。

また、大分県Sさんより60キロ分のフード支援金を預からせていただいています。
(発送準備が出来るまで暫くお待ち下さい)
他の方からも3月分としてフード支援のお申込を頂戴しています。

(追記:2月25日)
2月24日発送の4名様ご支援の送料が¥1,000円余剰してしまいました。(本来13口で発送するトコロを販売元で頑張ってくれて12口で発送してくれた為)
4名様には別途メールを送らせて頂いておりますが、余剰分にじゅんこ¥1,000円を足して、さつまいもジャーキーを発送したいと思っています。


多くのフード支援を本当にありがとうございます!


みなさんの暖かいお気持ちで山梨のわんこたちは生きています。

フードのご支援のお申し出は随時受付をさせていただいています。
(20キロ単位送料込みで¥2,000円です。他で購入するよりも安いと思います)
もしお願いできる方が居りましたら鍵コメに連絡先と希望キロ数を残してください。


ただいま、在庫切れのため支援希望の受付のみ行わせていただいています。
入荷次第、連絡をさせていただきますが発送は暫くお待ち下さい。


引き続き、ご協力ご支援をお願い致します。


賞味期限が多少切れていて、格安のおやつセットも作っていただきました。

さつまいもセット(@200グラム*24個)が送料込みで1箱¥2,000円。 在庫数

imo


ジャーキーセット(@360グラム*30個)が送料込みで1箱¥4,000円。 在庫数2

ja-ki

もしおやつのご支援を検討してくださっている方が居りましたら選択肢にくわえてください。


学生さんたちの一時預かり生活を経て、日々家庭犬へと成長していっている山のわんこたち。
どの子もご縁が繋がりますように祈っています。


10歳のぱーちゃんと11歳のぱてぃくん、仲良く里親様募集中です。
推定5歳の保護猫トム君も里親様募集中です。
 →トム君の記事はコチラ

山梨のわんこへのフード支援について

昨日(2月20日)、Hさまご支援分のジャーキー1箱と、
トムくんが缶詰不足とご連絡があり、じゅんこと夏ママさん折半で猫缶50缶を発送いたしました。
Hさま、ご支援ありがとうございました。

また、
同じくHさまよりフード20キロ、
napoponさんよりジャーキー1箱ご支援分をお預かり中で来週初めに発送予定となっています。

他の方々からも、300キロ超のご支援のお申出でを戴いています。
(ただいま、格安で提供していただけるフードがなく今週末入荷し次第→来週発送予定です)
じゅんこ経由とは別で、100キロのご支援発送の予定も聞いております。

今月のフードは、発送予定の分だけで足りるかと思います。

みなさまのご協力ご支援に厚く感謝いたします。
ありがとうございました。


メールでお話させていただくと、本当に山梨のわんこのコトを心配してくださっているのがわかります。
フード以外の不足支援についても慎重に考えて行きたいと思っています。
皆さんのご意見や想いをお聞きしたいですし、生活用品やわんこ用医療薬等も卸値で提供してくださる方が居りましたら是非ご連絡をいただきたいです。(←かなりずぅずぅしいことを書いていますが。。。)

山梨のわんこたちが少しでも快適に過ごせるようにと考えています。

まずは、免許証を取得しましたら山梨までドライヴィングです。
(えっ。。。ヤバイ(>_<)??) ← あと本免技能だけなんですけど。。。はぁ~
それで何が不足しているのか?ちゃんと見て来たいと思っています。

あとは、わんこたちの里親様募集も頑張らないとですね!
引き続き、ご協力よろしくお願い致します。

居候組はマイペース

lc41.gif

気温の変動は、「春の訪れ」の兆しだそうですね。
けれど、毎朝ガラス窓にはしっかりと水滴がついていて、
我が家のワンコは窓にへばりつき「外見ソトミ」をするのが日課なので、
せっせと窓を拭き続けています。

今夜、久々に山のワンコたち=居候組の画像が届きました。
まず、カイばぁちゃん

CA32IVHO.jpg
視線の先には、食事支度中の小林さんが。。。
カイばぁちゃんは、すっかり寝床を占領して
小林さんは「細々と」眠っているのだそうですよ。
ワタシノモノヨ!とでも言っているかのようなカイばぁちゃん。
他のワンコが布団に手?足?をかけようものなら、
威嚇モードになるのだとか。
女性が強いのは、人間だけではなさそうですね。


山梨ワンコのボス=タロウくん。
090218_2048~01
カイばぁちゃんに遠慮しながらも、堂々と「ボスの座」を死守しています。
山梨の子たちは、そのほとんどが♂なので、
タロウ君、ウカウカとはしていられません。
でも、そのおっとりした風貌と穏やかな性格で
小林さんも認める堂々としたボスなのです。
タロウくんの、あのロウソクを見つめる姿
心から消えません。

そして雷大嫌いのユリちゃん。
090218_2048~02
すっかり、「居候組」のユリちゃんです。
ある日。雷が山間に鳴り響いた時から、すっかり「小林さんち」の住人?住犬になりました。
何となく。。。ユリちゃんとカイばぁちゃんとの間に、♀同士の確執があるのでは?と
そんな心配、私だけでしょうか。
いえいえ、ワンコたちは私たち人間と違い、
とってもシンプルに生きていますものね。
嫁姑で悩んだり、あらゆる人間関係で落ち込むのは
むしろ、人間の特権なのかも知れないと、そんなふうに感じます。

まだまだ、臆病さが抜けきれず「マイハウス」だけが居場所だと思っている山のワンコたち。
でも、みんな本当はとっても「人に甘えたい」のだと思います。
犬。という生きもの。
太古の昔から「私たち人間の友達」であり続けました。
人間に裏切られ、怖い想いや、辛い感情が、
その心に「傷」となって、幾重にも刻まれたのだと、そんなふうに思います。

107頭のワンコたちの幸せを
支援者のみなさまと、伴に見守りたいと思っています。
小林さんから送られる写真は出来る限りアップ致します。
どうか、写真を通して、現地の犬たちへの温かいお気持ちを抱き続けてくださいますように、
心からお願い致します。
カイちゃん、タロウくん、ユリちゃん。みんなとっても幸せね。
あなたたちの幸せを、決して!奪わない!ようにみんなで力を合わせます。
どうか、小林さんの元で、ゆっくり静かな夜に抱かれますように。。☆
おやすみなさい。


lc41.gif




 

 

 老犬たちにオナカイッパイの幸せを!ご協力をお待ちしています。

 支援物資の送付先はコチラでご確認下さい。

 現地の様子は学生さんたちのBLOGをお読み下さいね。

 フード支援につきましては、じゅんこさんのBLOGで!!

 (20キロ送料込み2000円でご協力頂いています)

 ※記事内容に無関係なコメントは削除させて頂きますので、ご了承下さい。

 
 

山梨のわんこフード支援について

昨日、トキのママさんより20キロ・夏ママさんより40キロ・レイママさん&レイママさんのお母様より40キロのフード支援を戴いて、合計100キロのフードを発送いたしました。
引き続きのご支援ありがとうございます。


レイママさんは一昨年の我が家の預かりっ子レイちゃんの里親様です。
(仮名は月子ちゃんです)

20070525-1

2007年5月、レスキュー当初の写真です。
傷だらけでハゲハゲで年齢不詳なちわわちゃんでした。その時の記事はコチラ
あまりにも痛々しくって、しばらくうちで様子をみようと思っていたのに。。。里親募集しないでおこうと思ったのに。。。見つかっちゃいまして(笑)1週間でお嫁に行っちゃったんです(笑)


それからもケアも随分と大変だったそうですが、今はふわふわプリンセスになりました。
写真は昨年11月のドックレスキューフリマにきてくださったときのものです。

20081123-8

今でも皮膚は弱くて油断大敵だそうですが、レスキュー当初の面影はもうありません。
この子もしっかりとした幸せを掴んだ子です!

里親様になって頂いただけでなく、沢山のご支援をありがとうございます。


みなさんの暖かいお気持ちで山梨のわんこたちは生きています。

フードのご支援のお申し出は随時受付をさせていただいています。
(20キロ単位送料込みで¥2,000円です。他で購入するよりも安いと思います)
もしお願いできる方が居りましたら鍵コメに連絡先と希望キロ数を残してください。


引き続き、ご協力ご支援をお願い致します。


おやつセットもご用意させて頂きました。
もしおやつのご支援を検討してくださっている方が居りましたら選択肢にくわえてください。
続きをどうぞ



10歳のぱーちゃんと11歳のぱてぃくん、仲良く里親様募集中です。
推定5歳の保護猫トム君も里親様募集中です。
 →トム君の記事はコチラ

続きを読む

山梨のわんこに会ってきました(お話編)

今回の譲渡会の見学は、山梨のわんこたちのお世話を一手に引き受け管理人のような小林さんと、代々山梨のわんこたちを見守り、現在は毎週わんこたちのお世話に現場にお手伝いに行ってくださっている学生さんたちと会って、話をしたいというコトもありました。

小林さんは想像していたより若々しくお元気そうでした。
安心しました(^^♪

学生さんたちはみんな甲斐甲斐しくわんこたちの相手をしていました。
皆さん、朗らかで一生懸命で可愛らしかったです。(お姉さん的な意見)

お話したいコトと言うか。。。確認したかったコトを何点か伺う事が出来ました。

まず、山のわんこたちの様子です。
高齢犬が多く、小屋から出れない子も多いとのコトです。
人馴れしていないようです。
そして、やっぱり肥満気味の子が多いそうです~動かないとそうなっちゃいますけどね(笑)

フィラリア予防薬・ワクチン接種はしていないとのことでした。
確かに約100匹のわんこたち全てに投与となると大変な負担になりますが、山では蚊も多いでしょうし、出来ればフィラリア予防薬だけでも。。。と思ってしまいます。
(わんこの大きさにより予防薬の金額も変わってきますが、一年間
1匹月2,000円*7ヶ月*107匹=¥1,498,000円です
↑私の推測なので誤差はありますし、保護犬用に安く薬を購入できれば違ってきます)
現在既にフィラリア陽性のわんこも沢山いるのだと思います。

一時預かりもしくは里親様のトコロに向かう際に通院をしているそうです。

また、高齢犬が多いと白内障に掛かっているわんこが多いのではないか?
と心配でした。10歳と11歳のぱー組も見事に白内障です(>_<)

白内障よりドライアイのわんこが多いそうです。 ←小林さんの見立て。
白内障治療用点眼薬を2本持参しましたが、次回はドライアイの点眼薬を持って行きたいと思っています。

日々のフード不足に長年悩まされている山梨のわんこたちなので、医療費まで掛けられないのは当然のことだと思いつつ、全てを支援で賄っている現場の現実を見る思いでした。


※こんなことを書きながらの補足とわたしの思いです。
この現場のわんこたちは9割がかなりの高齢犬だと聞いています。
今更、予防薬をしても。。。とも思いますし、高齢犬への投薬はとても注意が必要なものです。
だから、全てのわんこに「やりましょう」って言っているのではないのです。

なんて言うのか。。。こういう現実なのだと知って欲しいと言うか。。。

繁殖屋ブリーダーからの放棄犬はもっとひどいです。
お薬なんてもらえません。
食べ物だって水さえも、生きる為に最低限しか与えられません。
強制的に繁殖する仕事に就かされて、病気になったら、産めなくなったら捨てられるのですよ。
そんな親たちから産まれた子達を、わたしたちは「可愛いね~」と言って、高いお金を払い買う訳です。
やっぱりおかしいですよね?

うちでぬくぬく暮らしているちわわ~ずもぱー組も同じわんこなのにね。
ぱー組は元繁殖犬だから、地獄のような生活を過ごしてきたんだろうけど。。。


かなり脱線してしまいました(汗) すみません。

一時預かりをしている学生さんたちが言っていました。
「山に居た時とは全然違う」
「毎日変化がある」

主催の方のボランティアさんだったのかな?
どのわんこも何回か譲渡会に参加しているようで、譲渡会中の様子も全然違うらしいです。
今は、初対面の人間も嫌がらず触らせてもくれますが、初めの頃は逃げ回っていたらしいです(笑)
これぞ!私がイメージしていた山のわんこ風です??
「○○の下に入ってしまい出てこなかった(笑)」なんて話してくださいました。

寒い山の生活は過酷なのだと思います。
フードボールの水が凍ってしまって困るそうです。

それでも、山梨のわんこたちは幸せだなって思うときがあります。
この子達が居なくなってしまった時に悲しんでくれる人が沢山居るから。
沢山の人たちに支えられて、山梨のわんこたちは生きています。
そして、これからもわんこたちは人とふれあい変わっていくのだと思います。
人が捨てた命ではあるけれど、救うのもまた人間でありたいと思います。


機会があれば積極的に譲渡会にも参加していきたいとおっしゃっていました。
もし、お近くで開催されている譲渡会に「山梨のわんこ」が参加しているようでしたら会いに行ってあげてください!わたしもまた会いに行きたいと思っています!


山梨のわんこたち、里親様募集中です。

ブラッキーちゃん/推定8歳/小柄で可愛らしいです。

20090216-4

ハク君/推定6・7歳/凛々しいです。

20090216-7

リクくん/推定8歳/ちょっとシャイ?
(微妙な写真でごめんなさいデス)

20090216-12

この子達を、暖かく家族の一員として迎え最後の最後まで一緒に過ごし下さる方をお待ちしています。お問い合わせは、学生さんのホームページからメールでどうぞ。

山梨多頭飼い飼育問題の真実内での里親様募集中の写真と様子は、
ブラッキーちゃん→54番/ハクくん→22番/リクくん→55番になります →コチラをどうぞ。


皆さんの暖かいお気持ちで山のわんこたちは生きています。

フードのご支援のお申し出は随時受付をさせていただいています。
(20キロ単位送料込みで¥2,000円です。他で購入するよりも安いと思います)
もしお願いできる方が居りましたら鍵コメに連絡先と希望キロ数を残してください。


山のわんこが生きて行く為に・幸せになる為に。。。
引き続き、ご協力ご支援をお願い致します。

山梨のわんこたちに会ってきました

2月15日(日)13時~15時/大和市役所正門前にてパクスやまとさん主催の譲渡会が開催されました。その譲渡会には隔月で、山梨のわんこたちも参加しています。
ということで、みわさんと会いに行ってしまいました(^^♪


20090216-1

実は、わたし。。。ちょっと心配でした。
なぜかというと、山のわんこ=人馴れしていないわんこのイメージがあったからです。

でも、
里親募集中で譲渡会に参加している子達は、もう既に家庭犬のようなわんこたちでした。ちなみに4わん参加していました(内、1わんは里親様決定済み)


じゅんこ一押しのブラッキーちゃん
(←独断と偏見の一押しです。。。ただ単に好みとも言う)

中型犬というよりも小型犬ポイのです。
柴犬サイズなので、10キロ無いと思います。
推定8歳のレディです。

20090216-2

いいこにしていまち。
ソレ(おやつ)いただけまちか?
  のガン視中(笑)

20090216-4

無駄吠えも一切していませんでした。
お手伝いにきていたのかしら?小学生位のお嬢ちゃんとも上手に散歩をしていました(^・^)


学生さんのホームページにも載っているハクくん
なかなかに凛々しいのです。
推定6歳?7歳くらいの男の子です。

20090216-7

「写真を撮りたいから。。。」と一生懸命コチラを向いてくれています(笑)
この子もやっぱり無駄吠えはありません。

20090216-5


推定8歳の男の子、リクくん
リクくん、長い散歩に行っていた??一番シャイだったから?
あまり写真がないのです、ごめんなさい。

20090216-12

おやつも焦らずにいただけます。
ハイエナちわわ~ずとは違うのです(>_<)

20090216-9

最後は一時預かりをしている学生さんが里親様になったリキくん

20090216-10

アナタはママの近くに居られればしあわせなのよね!!

20090216-11

譲渡会に参加している子達は、現場でも若く子達です。
そして、現在は学生さんが一時預かり者となり一緒に生活をしているそうです。

今は、初対面の人間にも友好的で吠える事もありませんが、
山を下りる時には怖がりさんで吠えてしまって大変だったそうです。


どの子も過酷な過去があったからか、わがままではありません。謙虚です!
人の近くで生活してやっと人とのふれあいと暖かさを知ったトコロなのだと思います。
わたしには飼い難い子達には見えませんでした。
愛情を注げば、それ以上に愛情を返し飼い主に忠実な子になると思います。


山梨のわんこたちにも素晴らしいご縁がありますよう、これからも応援していきたいです。
また、もしご縁を感じてくださった方がおりましたら、是非、学生さんのホームページからメールでお問い合わせをお願い致します。

山梨多頭飼い飼育問題の真実内での、里親様募集中の写真と様子は、
ブラッキーちゃん→54番/ハクくん→22番/リクくん→55番になります →コチラをどうぞ。



(オマケ)
山梨のわんこではなかったけど、里親募集中のわんこちゃんです。

20090216-8


小林さん・学生さんたちと話したことについては、明日アップします!
少々お待ちくださいませ~。。。
みわさんの方が沢山写真を撮っていましたので、そちらも是非ご覧下さい。

あと、夏ママさんが2月15日締めのフード支援状況を報告してくださっています。
このたびも沢山の支援をありがとうございました。


皆さんの暖かいお気持ちで山のわんこたちは生きています。

フードのご支援のお申し出は随時受付をさせていただいています。
(20キロ単位送料込みで¥2,000円です。他で購入するよりも安いと思います)
もしお願いできる方が居りましたら鍵コメに連絡先と希望キロ数を残してください。


引き続き、ご協力ご支援をお願い致します。

2月15日〆/フードの集荷状況と在庫のご報告

green.gif


2月15日〆のフードの集荷量と在庫量のご報告をさせていただきます。


フード          311,0㌔ (前回1/31日〆分 567,0 ㌔)

ジャーキー         5,0㌔ (1/31日〆分 144,8 ㌔)

レトルト            3 個 (1/31日〆分 35 個)

ビスケット         ※フードの集荷量に含まれているそうです。
            

一口肉             0 個 (1/31日〆分 54個)
(豚・鶏ささみ・カモ)

冷凍肉            15㌔ (1/31日〆分 30 ㌔)

犬用缶詰           41缶 (1/31日〆分 63缶)


今回初の集荷報告

冷凍骨            5㌔
ササミ巻きガム       8袋
ボーン            3袋





1/31日〆のドライフードの在庫量は
約1000㌔強でした。
2月15日〆のドライフードの在庫量は
約800㌔になります。

又、小林さんへの食料品・ガスボンベ・ローソク・ブランケット等もお送り頂きました。
温かいご支援を届けて下さったみなさま、本当にありがとうございました。


green.gif


今回も、猫のトムくんへのご支援もご報告させて頂きたいと思います。

焼きまぐろ、ササミ  30個の物資が届きました。
トムくんへのご支援心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

※トムくん、ただいま里親様募集中です。
詳細は、じゅんこさんのブログ記事でご確認下さいね。


green.gif

昨日の里親会の詳しいご報告です。
小林さんのお話では、
犬たちも徐々に会場の雰囲気にも慣れてきたようで、
学生さん達以外の方達とのお散歩などもスムーズにこなし、
山のワンコたちの人気は上昇中!
残念ながら、昨日はパクスやまとさんからの犬san猫sanも
ご縁は繋がらなかったようですが、
小林さん初めみなさまとても前向きです。

心強いご報告もお聞きしました。
学生さんたちの支援活動グループには
「譲渡班」があり、
積極的に意見交換など行っておられます。
大和市の市役所内に設置された「掲示板」があります。
山梨多頭飼育現場の犬たちの写真を掲載したポスターを製作し、
その掲示板に貼らせて頂くことをお願いされました。
お一人でも多くの方に、
山梨県の現地の犬たちに関心を寄せて頂く為には、
とても良い案だと思います。

現在大和市の里親会には、隔月参加されていますが、
パクスやまとさんのお話では
参加していない月に「あれ?今日山梨のわんちゃんは?」との
お尋ねがあるそうですから、
毎月参加を視野に入れ、今後の検討課題として話し合いがもたれるかと思います。
毎月は体がきつい(片道4時間弱の道程ですから。。)、
とおっしゃる小林さんですから、
大和市で行われるパクスやまとさん主催による「動物里親会」への
毎月参加を、学生さんと交代で実現させたいと考えておられます。

しかしながら、ガソリン代も嵩みますから、何か前向きに考えていかなければと
私自身も思っています。
ネット社会では、個人活動されている方を応援しようと
様々なサイトが立ち上がっていますね。
カート付のチャリティーショップなどのご紹介も
以前じゅんこさんからお伝え頂きました。
学生さんたちはもちろんのこと、
小林さんご本人にも、
決してご迷惑がかかならい為には
どのようにすればよいかと、日々考え込んでいるのですけれど、
超えるべきハードルが高過ぎて、思うように進めないのが現実です。
でも諦めてはいませんから、
諸事情をクリアしつつ新しい目標に向かい挑んでみたいと
自身の背中を押している状態です。
一日も早くみなさんにご報告が出来ますように努めますから
お時間を頂ければ、と思います。
何かアドバイスやご提案やご紹介等思いつかれた方は
メールか非公開コメントにてお伝えくださると、嬉しいです。


green.gif


中々赤い糸が繋がらない山のわんこたち。
けれど。。。
この子たちは、現在その命は繋がっている状況です。
世界的な不況の煽りを受け、不幸な道を辿る動物たちの頭数は
私たちの想像を遥かに超えます。
どのような時でも犠牲になるのは弱い立場の命たちです。
こういう社会情勢を踏まえた上で、
細くとも精一杯、一日でも永く、地道に「一人の微力」を集い合い、
不安に怯えるあまりにも無力な命に向きあうべきであると考えます。
どうかお願い致します。
縁に導かれ現在私たちの目の前で、
小さな寝息をたてる犬や猫たちを守る為に
最後の最後まで諦めず、最善を尽くして頂きたいと願っています。
出会ったその日から、やがて必ず訪れる永遠の別れのその時まで。
繋いだ手と手をしっかり握り締め、
命を守ることへの自覚を心に刻んでくださいますように
心からお願い致します。

1頭でも多くの命たちが幸せになれますように。ずっといつまでも幸せが続きますように。


green.gif



 

 

 老犬たちにオナカイッパイの幸せを!ご協力をお待ちしています。

 支援物資の送付先はコチラでご確認下さい。

 現地の様子は学生さんたちのBLOGをお読み下さいね。

 フード支援につきましては、じゅんこさんのBLOGで!!

 (20キロ送料込み2000円でご協力頂いています)

 ※記事内容に無関係なコメントは削除させて頂きますので、ご了承下さい。

 
 

「動物里親会」

green.gif

今日、関西地方は2月とは思えないほどのぽかぽか陽気でした。
全国的に暖かい一日だったようですね。
20時過ぎ、今日の里親会の結果を
小林さんよりご連絡頂戴しました。
学生さんのブログでも早々にご報告記事が更新されています。

譲渡会報告

家庭犬として日々1歩ずつ慎重に、
そして確実に、生まれ変わろうとがんばっている山のワンコたち。
きっといつかいいご縁に巡り合う筈だと信じています。
焦りは禁物ですものね。
今度こそ!!生涯幸せに暮らせる居場所が見つかるまで、
常に前向きな学生さんたちを見習いたいと思います。
追って、フード支援でお世話になっているじゅんこさんが、
「本日の里親会」に足を運ばれていますから、現地の様子を更新されるかと思います。

それから毎月15日のフードの集荷状況と在庫量のご報告は、
明日になります、とのご連絡を頂いていましたので
今しばらくお待ちくださいね。


※明日、小林さんとお話させて頂くことになっていますから、
もう少し詳しくご報告出来るかと思います。
今日はとてもお疲れのようすでしたので、
遠慮しました。
20時過ぎのメールはトムくんの「お家」からでした。
メールの文面から
背を丸め、肩を落とした後姿をふと思い浮かべました。
実際にお会いしたことはありません。
想像の域を超えない「小林さん」は、
積み重なる言葉と声色と、かつて観た映像での姿が混ざり合い、
そして私の感情がプラスされた、あるいは作られた人物像であるのかも知れません。
けれど、実像がどのような方であったとしても、
人生の大半を、人間に見捨てられた犬たちの為に
一日も休みなく費やされている事だけは、紛れのない「真実の姿」です。
これからも、遠くからの後方支援に徹する覚悟で、
後ろを振り向かず「前進あるのみ」の姿勢で向き合いたいと思います。
いつか必ずいろいろな面でいいご報告が出来ますように、
支援者のみなさまと力を合わせて、
山梨県多頭現場の犬たちの幸せを見守っていきたいと願っています。
思いつかれたことはどんなことでもお知らせくださると嬉しいです。

学生さんたち、じゅんこさん、お疲れ様でした。
ハクくん、ブラッキーちゃん、りくくん、そして特別参加のリキくん、オツカレサマ。
みんなの日々にも、やさしい春が訪れるといいね。



green.gif



 

 

 老犬たちにオナカイッパイの幸せを!ご協力をお待ちしています。

 支援物資の送付先はコチラでご確認下さい。

 現地の様子は学生さんたちのBLOGをお読み下さいね。

 フード支援につきましては、じゅんこさんのBLOGで!!

 (20キロ送料込み2000円でご協力頂いています)

 ※記事内容に無関係なコメントは削除させて頂きますので、ご了承下さい。

 
 

山梨のわんこフード支援と譲渡会への参加

本日、ゆきさんより20キロのフード支援を頂いて発送致しました。
ありがとうございます。

ゆきさんは、さるこの庵さんのご支援もされているとのこと。
さるこの庵さんでも、約100匹の捨てられたわんにゃんたちが、住職さん・かかさん(奥様)・ボランティアのみなさんに支えられて暮らしているそうです。

山梨のわんこだけでなく、こういった現場は日本全国どこにでもあるのですね。
とても怖いことだと思います。
一人一人の力は小さくても、ちょっとずつの協力でも!集まれば大きな力になります。
長い戦いではありますが、少しずつでも改善されて欲しいと願っています。

どの子もしあわせになれますように。


みなさんの暖かいお気持ちで山梨のわんこたちは生きています。

フードのご支援のお申し出は随時受付をさせていただいています。
(20キロ単位送料込みで¥2,000円です。他で購入するよりも安いと思います)
もしお願いできる方が居りましたら鍵コメに連絡先と希望キロ数を残してください。


引き続き、ご協力ご支援をお願い致します。


またおやつセットが出来ましたのでご紹介させていただきます。
こちらも賞味期限が多少切れていて、


さつまいもセット(@200グラム*24個)が送料込みで1箱¥2,000円。

imo


ジャーキーセット(@360グラム*30個)が送料込みで1箱¥4,000円です。

ja-ki

もしおやつのご支援を検討してくださっている方が居りましたら選択肢にくわえてください。


また、
パクスやまとさん主催による「大和市動物里親会」に山梨のわんこたちも参加します。
2月15日(日)13時~15時/神奈川県大和市役所正門玄関前です。

詳細は夏ママさんでご確認下さい。

わたしもわんこ用おやつと生活用品等々の差し入れを用意して会いに行く予定です。
とても楽しみにしています。
どの子もご縁が繋がりますように祈っています。


10歳のぱーちゃんと11歳のぱてぃくん、仲良く里親様募集中です。
推定5歳の保護猫トム君も里親様募集中です。
 →トム君の記事はコチラ

2月15日里親会のお知らせ

tlip01.gif

恒例/パクスやまとさん主催による「大和市動物里親会」が
開催されます。
隔月参加させて頂いている里親会です。

2月15日 午後1時~3時
大和市役所正面玄関前にて。

今回は、大和市広報、市民掲示板に掲載されていませんでしたから、
もしも、「大和市動物里親会」にサポーターとして参加、あるいは
里親希望者さまがいらっしゃいました時は、
パクスやまとさんへの連絡方法をお伝えしますので
お手数ですが、非公開コメントにてメールアドレスをご記載の上
ご連絡くださいね。
もちろん、現地へ小林さんやワンコたちに会いに行かれるのは
大歓迎ですから、是非遊びにいらしてくださいね。
きっと、小林さんも喜ばれることと思います。


今回の参加わんこたちの予定は、
はくくん、ブラッキーちゃん、リトくん、の3頭。
看板犬としてリキくんも同席します。
犬たちの体調により変更になることもありますから
ご了承くださいね。
何しろ。。。片道3時間強の道程ですから、
やはりカイばあちゃんやタロウくんたち老犬は移動が難しく、
又臆病な子も多い為、
まずは学生さんのお家で「家庭犬」として過ごした後、
合格点を貰った子達が参加しています。
前回の参加時にも、パクスやまとさんがエントリーされていた小型犬に
人気が集中して、残念ながらご縁は繋がりませんでした。
でも、人と犬、猫との出会いは「縁」だと思いますから、
きっといつかは赤い糸をひらひらと風になびかせた優しい方が、
ワンコたちの目の前に現れると信じています。
みなさんに、嬉しいご報告が出来ますように。。。


tlip01.gif


ところで、トムくんなのですが、
最近日増しに甘えん坊になり、小林さんの足元から離れないのだそうです。
毎日「どうやって帰ろうか。。」と頭を痛めるのだと言われていました。
そんなトムくんをとっても愛しく思われている様子が伝わってきます。
結局小林さんの住まいに連れ帰ると「閉じ込める」事になりますし、
老犬たちも「居候」を決め込んでいますから、
苦渋の決断で、少しでも広い現在の場所で保護されています。
一日も早く安心して日向ぼっこ出来る環境へと移れますように、願います。
終生、トムくんを可愛がって下さる方は、
じゅんこさんのブログ「5歳の成猫くん、里親募集中です。」を
お読み下さり、ご連絡頂ければと思います。
トムくん、既に去勢手術済みです。
人馴れしている猫さんです。
どうぞ宜しくお願い致します。



tlip01.gif





 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

22フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

詳細はじゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。 

※記事内容に無関係なコメント、及び宣伝目的、不快な書き込みにつきましては

削除させて頂きますのでご了承下さい。 

 
 

 

 

 


姫ちゃん

pink.gif

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますけれど。。。
実は2月7日にお見合いしたのは、
ベコさんちでリトルジョンくんと暮らしていた
姫ちゃんだったのですね。
ベコさんが記事更新されていますから、
是非!お見合いの様子とその後の「姫ちゃん」の様子を
とっても可愛い写真付きでご覧下さいね。

 姫トライアル!

姫ちゃん、その調子でいい子にして、トライアル期間見事にクリアしてね。

多頭現場で何年暮らしていたの?姫ちゃん。
あなたはどこで生まれ、誰に裏切られ、多頭現場へやってきたの?
小林さんと出会い、少しずつ人間を恐れなくなり、
ベコさんのおうちで、家庭の温もりに触れ、
学生さんたちとドッグランで遊び、
日毎、幸せの女神が近づいてきたのね、きっと。
そんなあなたをずっと見ていた神様が、
ようやく切れない赤い糸を投げてくれたのだと、そんなふうに思います。
よかったね。本当によかったね。
あなたの笑顔に、多くの人が涙することでしょう。
幸せになってください。今度こそ。
あなたに続けとばかりに、多頭の子たちすべてが
それぞれに「幸せ」をつかめますように、
心から祈ります。

ベコさん。長い間、ご苦労さまでした。
ベコさんの愛情のおかげで、姫ちゃんはとってもいい子のままに
やさしい里親様と出会えることが出来ましたね。
どうかこれからも、多頭現場の子たちをよろしくお願い致します。
多くの支援者の方たちが、山梨県多頭飼育現場の犬たちを見守って下さっています。
みなさんと力を合わせて、これからもすべての犬たちが幸せになれますように
伴に歩いていければ、と願っています。
ベコさん初め学生の皆さん、いつも犬たちのお世話、本当にありがとうございます。



とってもおおらかで可愛い姫ちゃん。幸せにね☆☆☆☆☆


pink.gif





 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

22フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

詳細はじゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。 

※記事内容に無関係なコメント、及び宣伝目的、不快な書き込みにつきましては

削除させて頂きますのでご了承下さい。 

 
 

 

 

 


赤い糸

pink.gif

1頭の山梨ワンコに「お見合い」の話が舞い込みました。
本日2月7日。お見合いは成功。とのメールを頂戴しました。
とってもやさしい方たちのようで、
小林さんも大変喜んでおられました。
女の子のわんちゃんです。
よかったね。ようやく繋がった「赤い糸」。
どうか幸せに。生涯、幸せに。

本来ならば「トライアル期間」というのを設けるべきなのでしょうけれど、
↑すみません、確認ミスです。トライアル期間を設けておられます。
仮に形式的な事項を省略されていたとしても、
万が一、ダメな場合はもちろん
小林さんの元に里親希望者様から連絡が入りますから
どうぞご安心くださいね。

何しろ、新しい家族の元へ旅立った子について、
よからぬ噂を耳にすれば、車を走らせ噂の真相を確かめに行かれる小林さんです。
以前、雨露も凌げないような犬舎に繋ぎっ放しであるとの情報を得、
早々に連れ戻しに行かれました。
今ではそのワンコは「真のご家族」に出会い、
この上なく大切に可愛がって頂いていると
お聞きしました。

犬たちの運命は、ちょっとしたボタンのかけ違いで雲泥の差です。
いいえ。人間でさえ、
決して壊れないファスナーで、その人生を「幸」に閉じ込めることなど出来ません。
重視されるべきは条件ではなく、
どれほど「目の前の命」を慈しむことが出来るか、のような気がしています。
けれど、見極めることは正直難しくて、幸せな生涯への線引きを決定することは、
責任感の強い人ほど、時として背を向けたくなる「選択」なのだと思うのです。
改札口を通過したばかりの「幸せへの切符」を、
2度と再び、元来た道へ戻らない為にも、
生涯大切に握り締めて欲しいと願います。

よかったね。○○ちゃん。幸せに過ごしてね、きっとね。
里親様に挙手してくださった心優しいご家族のみなさま。
本当に、ありがとうございました。


pink.gif





 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

22フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

詳細はじゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。 

※記事内容に無関係なコメント、及び宣伝目的、不快な書き込みにつきましては

削除させて頂きますのでご了承下さい。 

 
 

 

 

 


山梨のわんこへのフード支援その他

本日、れいこさんより40キロのフード支援を頂いて発送いたしました。
年末に引き続きありがとうございます。

みなさんの暖かいお気持ちで山梨のわんこたちは生きています。

フードのご支援のお申し出は随時受付をさせていただいています。
(20キロ単位送料込みで¥2,000円です。他で購入するよりも安いと思います)
もしお願いできる方が居りましたら鍵コメに連絡先と希望キロ数を残してください。


引き続き、ご協力ご支援をお願い致します。


決定しましたら再度お知らせしますが、山梨わんこ用のおやつセットも用意していただいています。
こちらも賞味期限が多少切れていて、
1箱当たりの売値約20,000円相当→送料込で¥4,000円で検討中です。

基本的には質より量の山梨わんこ支援です。
価格も重要ですが。。。内容物と重量がさらに重要です!!
ただいまセコセコと確認中です(笑) 販売元様、お手数お掛けします。



(その他の報告です)

昨年行われたドックレスキューさんの足立区のレスキューですが、無事に終焉を迎えることが出来ました。
ドックレスキューさんのHP及び代表のブログにてご確認下さい。

(懐かしの写真は、このレスキューの預かりっ子のMダックスめいちゃんと長々滞在中のぱーちゃんです)

20080808-9

(めいちゃんは声帯切除されていたけど、とっても可愛い子でした。今では芦屋のお嬢様わんこです、しあわせになれてよかったね)

20080804-4



今回のレスキューも沢山の方にご心配をお掛けしながらの活動でした。
勿論、勝算はありましたが表沙汰には出来ないことも沢山でした。
(だから心配をお掛けしちゃった訳ですけど。。。)

本当に良かったです! 
ご支援・ご協力してくださったみなさん、ありがとうございました。




この足立区でのレスキューで里親様が決定していないのはSダックスのじゅりちゃん1わんです。
じゅりちゃんは現在は岩手県のジャガビーさんのトコロに居ます。

7歳ですが、やっとパピーの生活を楽しく送っているじゅりちゃん。

(ジャガビーさんのブロクより抜粋)
我が家への見学も大歓迎です。
ぜひ、直接じゅーちゃんのお顔を見て、触れて、スタンダードダックスの大きさをご理解いただき、じゅーちゃんのかわいい性格や笑顔も見た上で、ご家族に迎えるかを決めてください

膿皮症と肛門嚢炎は改善されています。
耳マラセチアは治療中
フィラリア陽性
(温存療法を行っていますが、咳や腹水などの目立った症状はありません)
体調の良い時を見て、避妊手術と腫瘍摘出手術を行う予定です。

とってもフレンドリーでやんちゃなじゅりですが、どうぞよろしくお願いいたします



どの子も幸せをつかめるように今後もご協力お願い致します。

山梨のわんこへのフード支援

2月4日、バティーのママさんより20キロのフード支援を頂き発送させていただきました。
今後も毎月送ってくださるとのお申出付きです。
ありがとうございました。

みなさんの暖かいお気持ちで山梨のわんこたちは生きています。

フードのご支援のお申し出は随時受付をさせていただいています。
(20キロ単位送料込みで¥2,000円です。他で購入するよりも安いと思います)
もしお願いできる方が居りましたら鍵コメに連絡先と希望キロ数を残してください。


引き続き、ご協力ご支援をお願い致します。

トムくんの近況

hanaline2.gif

今日は比較的暖かな一日でしたね。
寒さに身を縮める日が続くと、お日さまの有り難さを感じます。
ぽかぽか陽気が、各地に満遍なく降り注がれているといいな~、ってふと思います。

トムくんのいるところは、日当たりがあまりよくないようです。
初めて送って頂いた画像ではお日さまサンサンというふうに見えましたが、
ほんの少しの間らしいのです。
けれど、トムくん徐々に「生命力」を我がものにしています。


今夜届いた最新のトムくんです。

tom0204.jpg

すっかり小林さんに甘えていますね。
幸せそうなトムくんの表情に、心癒されます。
小林さんからの一部抜粋の内容をお伝えしますね。
トムくんの状況を、小林さんの見たままの言葉で
お伝えするのが、一番いいかと思いましたので。

「 階段を昇る時、トム来たよ!元気?と声を掛けると、ニャーニャーと応えます。
よほど人恋しいのでしょう。一時間ほど、遊んで来るのですが、
遊ぶと言うより、私の膝から下りず、ず~とゴロゴロと啼いているだけですが。
食欲も相変わらず旺盛です。背中の毛もかなり生えて来ました、
鼻の傷も癒え今では只ピンク色だけです。」
(※基本的にはすべて伝言内容、画像掲載のご了承は得ています。)

トムくんは、やはり淋しいのでしょうね。
写真を見ると、せつなくなります。
おそらく飼い猫であったとのお話です
病気治療中ですが、通院の必要はなく、
投薬治療を現在継続中です。
問題なくお利口に薬も飲んでくれるトムくんです。
終生、トムくんを可愛がって下さる方は、
じゅんこさんのブログ「5歳の成猫くん、里親募集中です。」を
お読み下さり、ご連絡頂ければと思います。
とても人懐っこいトムくんです。
トムくん、去勢済みです。甘えん坊でおとなしい猫さんです。
どうぞよろしくお願い致します。

一日も早く、トムくんに終の棲家が見つかりますように、願っています。


hanaline2.gif


2月7日。山梨わんこたちの仲間の1頭のお見合いがあります。
マルコ・ブルーノさん経由のお話です。
どの子なのかは、ごめんなさい、未だ言えません…。
正式譲渡が決まれば、学生さんからご報告があると思います。
小林さんのお話では「大丈夫なような気がする」「いや、大丈夫でしょう!」。
1頭でも縁がある子は幸せになって欲しい。というのが
小林さんの考えです。
ご自身の年齢を考えられた時、やはり気弱になられるのかも知れません。
腰痛、傷めたじん帯、を抱えながら過酷な「労働」が続きます。
まばゆいばかりの光は届かず、地道な作業の繰り返しのみに
時間が過ぎてゆきます。

山梨の犬たち108頭の「お父さん」である小林さん。
小林さんへ、励ましのお便り等お届け下さると、嬉しいです。
私も出来る限り些細なことでもお力になれればと思っています。
まだ遥か遠い山梨の春ですけれど、
やわらかい陽射しが降り注ぐ季節が、駆け足で訪れますように。




hanaline2.gif




 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

※フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

詳細はじゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。

 
 

 

 

 



※記事内容に無関係なコメント、及び宣伝目的、不快な書き込みにつきましては

削除させて頂きますのでご了承下さい。

マルコ・ブルーノさんの講演会に行ってきました

昨夜は、六本木ヒルズで行われたマルコ・ブルーノさんの講演会にぱー組と一緒に行ってきました。

「一度行ったから大丈夫!」って思って行ったんですけど、私が行ったのは六本木ミッドタウンで。。。六本木ヒルズは初めて。。。うちから40分位なんですけど(汗

夜景が美しく、東京タワーがとっても綺麗(^_-)-☆

20090203-1

写真撮影禁止となっていたようなので、会場内での写真はありません。
マルコさんはとても日本語の上手な(35年間日本に住んでいるそうなのであたりまえ?)優しそうな方でした。

小林さんにマルコさんのことを伺ったら
「ちびマルコと呼んでるんですよ~はっは(笑)」と笑っていました。
今でも月に一度は山梨に足を運んでくださっているそうです。

そして、講演会でのアシスタントのマイケル君は「山梨のわんこ出身犬」のおじいちゃんわんこで、マルコさんの足元でずっと寝ていました。
「(寝てばかりで)働きが悪いからご飯抜き」と言われ笑いを誘っていましたが。


講演会の中では、山梨のわんこたちの写真や、マルコさんの事務所のある足立区周辺のわんこたちの写真が紹介されました。

山梨のわんこの写真の中には、今マルコさんの足元で安心して休んでいるマイケルくんも違う顔をして写っていました。本当はマルコさんは山梨の全てのわんこの里親になりたかったのではないかしら?と話を聞きながら思いました。

とても切なく感じました。
どんな想いで数匹を引き取ったんだろうか?と。。。

愛護センターからの引取りをしている団体の方の「命の線引き」の辛さを思い出しました。
高齢だって!病気を持っていたって!助けてあげたい!
でも、捨てられる命が多過ぎて全ては救えない~だから線引きをせざろう得ない。

引き取らなくては処分されるとわかっていても引き取れない。。。


日本は動物愛護の後進国だと言っていました。
偽の国、日本。

講演でも推奨していた動物愛護改善のマニフェストがマルコ・ブルーノさんのサイトにもありました。是非お読みいただきたいと思います。

20090203-2

一時間みっちりと沢山の話をしてくださったのですが、私説明が下手で。。。すみません。
外国でのペットとの暮らしのお話もとても羨ましかったです。


講演後に、ご挨拶させていただきぱー組は優しく頭を撫でてもらいました。

マルコ・ブルーノさんの講演会がお近くでありましたら是非参加して聞いて、ペットとのあり方を考えて欲しいと思いました。

10歳のぱーちゃんと11歳のぱてぃくん、仲良く里親様募集中です。
推定5歳の保護猫トム君も里親様募集中です。
 →トム君の記事はコチラ

山梨のわんこへのフード支援その他

夏ママさんのブログにて、1月末の山梨のわんこへのフード支援の報告がされています。

日々着実になくなっていくフードを心配に思われる方も居られると思いますが、
一か月分以上の在庫があるというのは本当に!夢のような量なのです!!

みなさんの暖かなお気持ちで山のわんこたちは生きていけます。
本当に感謝しています、ありがとうございます。



報告が遅くなってしまいましたが、
ダクママさんセコママさんご支援分60キロを1月30日発送させていただきました。
S様ご支援分60キロを1月31日発送させていただきました。
(各人へは既に連絡済みです)

S様においては毎月50キロ以上のフードのご支援を長く続けてくださっていると小林さん・夏ママさんより伺っています。 そういった長く活動されている方が居られるので綱渡りながらも今のわんこたちの命があるのだと感謝しています。

また、
「コレなら出来る事だから」と協力してくださったダクママさん
「少しの気持ちでも」と協力してくださったセコママさんのお気持ちが私にはとてもありがたかったです。

このたびもご支援ありがとうございました。

20キロ送料込み¥2,000円が一口となります。
引き続き、ご支援いただける方は連絡頂きたいと思います。



もし、山梨以外のわんこたちへのフード支援としても検討している方が居られるようでしたら、
可能な限り対応して頂くようにお願いしますので連絡を頂きたいと思います。

↑以上のようなことを書いたのは実際に希望がありましたので書かせていただきました。
今回希望があったのはピースハウスさんへのご支援についてです。
ピースハウスさんにも沢山の高齢犬が居て、おふたりが生涯を捧げて命を育て守っているのだそうです。
沢山のことは出来ませんが、私も20キロ協力をさせていただきことにしました。
2月2日、プチさんからも20キロご支援してくださると連絡をいただきました。
同じ気持ちの方が居りましたら、鍵コメででもご連絡いただきたいと思います。


(さらに追記です/2月5日)
フードの発送準備を勧めていましたが、他の方からピースハウスさんのフード支援は銘柄指定があるのでは?とのご指摘をいただきました。(山梨へ発送しているフードは銘柄指定無しです)
そのため、直接ピースハウスさんへ電話にて確認をしました。
希望フードはヒルズのr/dとのことで今回は格安での用意が出来ません。
ですので、コチラで格安にて手に入るお薬を送ろうかと思います。
りんりんちゃんも毎日服用している甲状腺低下症治療薬のチラージンとぱー組が点眼している白内障の点眼薬を検討中です。ただいま調整しています。



10歳のぱーちゃんと11歳のぱてぃくん、仲良く里親様募集中です。
推定5歳の保護猫トム君も里親様募集中です。
 →トム君の記事はコチラ

1月31日の追記

green.gif


 1月31日の追記のつもりが長くなってしまい、更新記事にしました。

支援者の方から、缶詰の残量につきましてお尋ねがありましたので、
「缶詰」につきまして、少し追記させて頂きますね。
現地では、この時期に限り「缶詰」は中身が凍ってしまい、
扱いづらく、又犬たちも「」を食べているような感覚なのか
ドライフードの方を好むという事です。
なので、春先以降まで保管されているのではないかと思います。
「中身が凍って扱いづらく、氷を食べているような感覚」とだけ
お伝えくださったのですが、情けない事に私はそこまで気が回りませんでした。
小夏の散歩中に色々と考えました。それで、誤解を招く恐れもありますけれど、
やはりお伝えしてみようと思いました。
ですから、
これは小林さんのお気持ちとは関係なく
私の一存で書かせて頂いていますので
ご了承くださいね。

とっても申し上げにくいのですが、缶詰に限り、
消費期限(賞味ではありませんので)の迫った、
あるいは消費期限の切れたものは、
この時期お送りくださる事を、見合わせて下さいますようお願いしたいと思います。
缶詰などのウエットタイプのものは、中身が腐敗する確立も高いですので、
そのように考えました。
ただし、決して無駄にすることはありませんのでご安心くださいね。
もし、このブログをご覧になられて、支援物資の参考にして下さる方が
いらっしゃるのなら、やはりお伝えするべきだと思いましたので、
敢えて缶詰について書かせて頂きました。

それから、電池(単2、単3)、カイロ、湿布(この時期はやはり温湿布でしょうか)、
などの耐久性に勝れたものは、気がつかれた折にお送りくださると大変助かります。
あと、私たちが通常使います日用品なども重宝致しますので、
みなさまのご無理のない程度に、ご支援くださると嬉しいです。
ご参考までに記載しておりますから、決して「強請」ではないことを
ご理解くださいますようにお願い致します。

今日は「待ちに待った日曜日」ですね。
もぉ学生さんたちは帰られたのでしょうか?
それから、
先日学生さんのブログで「N地区」を「Y地区」と書かれていました事につきまして
数名の方から3箇所の地区があるのですか?とのご質問を頂戴しました。
「Y地区」というのは、「N地区」の俗称の地名の頭文字だとの事を
小林さんに確認させて頂きました。
犬たちの犬舎は、小林さん担当の「K地区」と
更に山奥に位置する「N地区」の2箇所のみにあります。
全頭数は108頭。うち6頭は学生さんのお家です。

 リトルジョンくん、姫ちゃん
 リキくん、リクくん(前ホワイティくん)、
 はくくん、ブラッキーちゃん。の6頭です。
みんなとっても幸せそうですね。笑顔がいっぱいです。
このように訓練も兼ねた「家庭犬」としての日々を過ごし、
譲渡会へ臨みます。(リキくんは学生さんちの子になりました。)
一日も早くやさしい里親さんが見つかるといいですね。

102頭の現地で暮らす犬たち。。。内90%が老犬だとお聞きしています。
がんばれ!わんこたち!春のお日さまに出会う日まで、もぉあと少し。
がんばれ!わんこたち!多くの人たちが見守ってくれてるからね。


green.gif




 
 


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

お一人でも多くの方たちのご協力をお待ちしています。

支援物資の送付先はコチラでご確認くださいね

※フード支援につきましては、格安価格にてのご協力をして頂いています。

詳細はじゅんこさんのblog内カテゴリー「山梨のわんこ」

で内容をご検討頂き、じゅんこさんへのご連絡をお願い致します。

 
 

 

 

 


ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。