スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月31日/フードの集荷状況と在庫量のご報告

8月31日〆のフードの集荷量と在庫量のご報告をさせていただきます。

フード     689,04 ㌔

ジャーキー   13,60 ㌔

缶詰       19,50 ㌔

レトルト       7.74 ㌔

一口ジャーキー     7 袋

冷凍肉      30,00 ㌔


8月31日〆のドライフードの在庫量は

約700 ㌔ です。

いつもご支援頂戴しまして本当にありがとうございます。

8月15日〆のフードご支援重量は 183,10 ㌔ 、そして
残量は一ヶ月使用量に満たない500㌔でした。
心配致しましたが、多くのご支援を頂戴致しましてありがとうございました。

本日(8月31日)は、14時以降豪雨に見舞われたそうですが、
犬たちも無事との事ですので、どうぞご安心くださいね。

実は、雷が怖い太郎君と伴に小林さんの宿舎へ避難してきた「カイ」君が、
2週間ほど前から体調が悪く、食欲も全く無く、
小林さんがミルクを哺乳瓶で与えられ、看病されてきました。
ようやくこの残暑を何とか乗り切った様子なので、
事後報告ですがお知らせさせていただきます。

季節の移ろう時、最も心配されるのは老犬の体調不良です。
特に今年の暑さは尋常ではなく、小林さんも初めての経験だとおっしゃいます。
加えて豪雨による被害が日本列島で多発しています。
ぬかるみの中、日常のお世話はどれほどの肉体労働であるのかとお察しいたします。
又励ましのお便りなどお送り頂ければ、小林さんも喜ばれるかと想いますので、
お声を届けてくだされば心から感謝致します。

実はワタクシ本人も胃腸の調子が悪いのですけれど、
これは毎年9月になるとやってくる「9月病のようなもの」なので
模範的な患者としては、じっとおとなしくしている日々を過ごすばかりです。

どうぞみなさまも、くれぐれもお体ご自愛くださいね。
今日はフードのご報告のみで失礼致します。

たくさんのご支援、本当にありがとうございました。


flowerline1-6.gif


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
スポンサーサイト

8月15日/フードの集荷状況と在庫量のご報告

8月15日〆のフードの集荷量と在庫量のご報告をさせていただきます。

フード     183,1 ㌔

ジャーキー   10,00 ㌔

缶詰        4,80 ㌔

冷凍肉      15,00 ㌔


8月15日〆のドライフードの在庫量は

約500 ㌔ です。

いつもご支援頂戴しまして本当にありがとうございます。

先日、「ボク」がお星さまになりました。
現在「山梨県多頭飼育現場」で暮らす犬たちの頭数は116頭です。
(内リトルジョン君とリキ君は学生さんのお家です)
一頭あたりの給餌量は、個体差により若干異なりますが、約200グラムですので、
一日のフード使用量は、@200x116=23200グラム=23,2㌔となります。
従って、一ヶ月の使用量は、@23,2x30=696㌔となり、
現在の在庫量が、一ヶ月使用量に満たない状況となっています。

このご報告を受けた時、思わず深いため息が漏れました。
多くの方たちの温かいお気持ちでご支援頂戴していますのに、
一ヶ月700キロ近いドライフードが確実に必要だという現実。
一体どうすれば、備蓄量が確保出来るのかと、
そればかりが頭の中を駆け廻ります。
これは私個人の考えなのですが、
みなさんにご支援お願いする物資につきましては
出来るだけ「犬たち」へのご支援を前面にとの姿勢を貫きたいと
そのように思っていました。
なぜならば、結果的に方向性を見失うのではないかと案じていたからです。
微力は百も承知なのですが、延々とトンネルの出口が見えない現実を目の前にして、
今私は呆然と立ちすくんでいます。
支援を求める命たちが、この国には溢れています。
まずは行政サイドから、と懸命に尽力されている方たちもいらっしゃいます。
苦しい家計の中から、「せめて」とご支援くださる方たちもいらっしゃいます。
いいえ。殆どの方たちはそんなふうにご自分の生活を削り
ご支援くださるのだと思います。
まだまだ無関心の人が多い現実という壁に、時折息切れしそうになります。
私は器も小さく、本当にちっぽけな人間なので、
許容量の限界を感じることが度々あります。
情けないのですけれど、それも又、私の現実なのです。
けれども。
それは裏切る事。
116頭の命たちを、232の瞳たちを、真正面から裏切る事。
人生に背を向けて犬たちと伴に生きる人を、裏切る事。
すみません。時折吐き出してしまいます。
こんなことでは、1歩も前進出来ませんね。

どうぞ。お願い致します。銘柄は問いません。
一袋のフードのご支援を、心よりお願い致します。
いつもお願いばかりで本当に申し訳ございません。
細く長くのご支援を、お一人でも多くの方たちに
心からお願い致します。

「犬捨て山」とかつて呼ばれた土地がありました。
我も我もと、無責任な人たちが共に暮らした大切な命を捨てにやってきました。
当初よりこの問題に係わっておられるマルコ・ブルーノさんの
本サイトにて残された言葉が、今も私の心を捉えます。
命の不法投棄現場!!
その現場で、飢え、苦しみ、息絶えた多くの遺棄された命たちの為にも、
みなさまの温かいご支援をお待ちしています。
せめて!オナカイッパイの幸せを!
ご協力して下さい。どうぞ宜しくお願い致します。


flowerline1-6.gif


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

ボク…安らかに。

whiterose.jpg

8月12日午前4時過ぎ。
ボクくん。永眠しました。
早朝小林さんからご連絡頂戴しました。
「これからまだ何回もこういう想いをしなければならんです」
まるで雨雲に声を奪われてしまったかのような
重く振動する空気のなか、ぽつりぽつりとお話し下さいました。
どうぞ暗闇の世界に生きた「ボク」へ
ひと時想いを馳せていただきますように、お願い致します。

ボクくんは13年前、既に成犬として山へやってきました。
当時より、目が見えていませんでした。
見えない事が、臆病さに拍車をかけていました。
それでも、小林さんの声は聞き分け、
「おぉ~い、元気か~」との呼びかけに
のそりのそりと犬舎から出てくることもあったようです。
3日前から元気がなく、食欲もなく、寝てばかりの日が続き、
今年の異常な暑さに「熱中症では?」と、
水をかけてみたり出来る限り体を冷やすようにされていました。
週末を経て月曜日を待ち、小林さんは保健所に連絡。
本日獣医さんが現地へ訪れる予定だったそうです。
この時、これまで「風化」の二文字に対する
不安定な行政との連携が、今尚健在であることを知りました。
獣医さんを手配して頂いたこと。感謝致します。
小林さんの培ってきた「信頼」という歴史が再び息づき始めたこと。
安堵しました。
その現状況をボクくんが教えてくれました。ありがとう。ボクくん。

ボクくんの犬舎は木陰にあるそうです。
朝晩は毛布一枚では肌寒い程の山の生活。
それでも日中は35度を超える日も多く
又空気汚染などの環境に無いことから
太陽の陽射しは、遮るモノがないことを喜んでいるかのように
強い熱を含み、矢のように容赦なく放たれます。

共に暮らし13年…彼の本当の年齢は「推定」という文字を携え刻まれてきました。
推定14才以上。それがボクくんの享年として残されます。
3年前、一度脱走したボクくん。
ようやくささみで犬舎へ誘導された時の思い出を
懐かしそうに話されていました。
何度も経験されて尚、(もちろん)惜別の波が小林さんに押し寄せます。
本日未明「キャァ~ン」という大きな声に飛び起き駆けつけた小林さん。
その後すぐにスーっと静かにお別れしたボクくん。
小林さんに看取られ静かに旅立ちました。

boku.jpg

日曜日は学生さんたちが訪れ、みなさんボクくんを心配されました。
ベコさんも現地へ出向かれていましたので
追ってご報告があるかと思います。
みなさま。暑さ厳しい中、ご苦労さまでした。
暗闇の世界で孤独に生きてきたボクくんの最期は、
温かい愛情に包まれた時間となったことと思います。
本当にありがとうございました。

ボクくんのご冥福を心よりお祈り致します。


flowerline1-6.gif


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

チャーリーの旅立ち

今、小林さんからチャーリーちゃんの旅立ちの様子の
写メールが届きましたので、
早速みなさんにご紹介したいと思います。
初写メールです。しかも嬉しいご報告ですね

CA7RWZVU.jpg
チャーリーちゃん、いってらっしゃい。きっと幸せになってね。

チャーリーちゃんの画像とベコさんからのご報告記事は
コチラからご覧下さいね

小林さん、学生さんたち、Fさん。
そしてマルコさん。本当にご苦労さまでした。
*マルコ・ブルーノさん、小林さんのお二人に写真掲載の許可は頂いていますので…

又ゆっくりと記事更新させていただきますね。
取りあえずのご報告のみでごめんなさい。

それから。。今も山の上空でゴロゴロ。
太郎君は当然、小林さんの隣に避難中です

孤独な死。そして117頭に。

whiterose.jpg

真っ白な薔薇の花。
この写真は、
かつて残酷な人間により命の軽視の果てに闇に葬られた、
多くの犬たちへの想いを綴る時
必ず用いた画像です。
広島ドッグぱーくで起きたあまりにも悲痛な問題と、
大阪府和泉市ブリーダー崩壊現場にて発生した
ブルセラ症・陽性犬殺処分問題にについて書かせて頂く時、
必ず掲載していました。
人間の犠牲になった犬たちへの哀悼の想いを込めて
常にこの写真を使わせて頂いています。
薔薇の名は「ティネケ」。最も純白な薔薇と言われています。

山梨県都留市・多頭飼育現場のK地区とN地区。
人里から少し離れたK地区
*看板犬のカマ君は現在王子様のような日々を過ごしています。
ご家族と温泉旅行へも同行して幸せを満喫しているとのお話です。

K地区は、小林さんの担当地区です。
更に奥地にあるN地区では、
元オーナーの所有ビルに残された数十頭の犬たちが、主にこの場所で暮らしています。
(数頭、牧場のように囲った敷地内で飼育されていたり、犬舎に居る犬たちもいます。)
二つの地区の距離は徒歩約3~40分かかるそうです。
学生さんのブログにも以前記事にされていましたね、N地区の事

先日の「保健所担当職員による頭数確認作業」に自治会も加わり、
小林さんの多忙な日々は続きます。
以前傷めたじん帯が、動きを止めると痛み始める小林さん。
毎朝6時から10時までの4時間、犬たちの餌やりと糞尿の清掃に追われます。
夏場は草刈りなどの雑用が更に増え、かなり疲労蓄積のご様子です。
しばらくN地区への足が遠のいていました。
そして。
N地区で1頭の老犬が亡くなっていた事を
世話人さんから聞かされました。
「そういう事はすぐに知らせてもらわなければ困る」と、
温厚な小林さんが感情的になられました。
現地の犬が亡くなった時、一晩、或いは時間の許す限りのせめて数時間、
傍にいてやりたいとの想いを、以前伺った事があります。
きっと今頃は、山梨の土に還る為、
ひっそりと静かな時間に、永遠の安らぎに抱かれて深い眠りについているのですね。
名も知らず顔も知らないN地区の
ひっそりと生涯を閉じた1頭の老犬。
正確な日にちは聞いていません。聞けませんでした。
ご冥福を心よりお祈り致します。

私は現地を知りませんけれど、小林さんから直接お聞きした事を
忠実にお伝えしています。
文体が、本来ならば「小林さんが~だそうです。」というように
客観的な三人称としての表現を使うべきなのですが、
読まれる方に「私は~、或いは私が~」と言うような
錯覚を与えてしまう事も多々あるかと思います。
小林さんの想いを正確にお伝えする為に、
時折このような書き方になってしまいます。
文章力の欠如が原因なのですが、
なるべく「客観的に」を心がけていきますので
どうぞご理解くださいね。

そして、タイトルに「117頭」とあります。
先日お伝えしましたチャーリーちゃんが、
8月7日・木曜日、新しい家族の元へ旅立ちます。
必ず。幸せになってね。チャーリーちゃん。
1頭がお星さまになり、1頭が赤い糸に辿り着きました。
山梨県多頭飼育問題として生を繋いでいる犬たちの頭数は117頭になりました。
現地で暮らす犬たちは「115頭」です。
リトルジョン君とリキ君はそれぞれに学生さんが自宅にて
お世話されています。
そして。
現在2頭の犬たちにお見合いの申し出があります。
里親様に名乗りを上げて下さったご家族は、
比較的大きな2頭の為に
現在犬舎を新築中でいらっしゃるそうです。
本当に感謝致します。
1頭でも多くの犬たちに、やさしい日々が訪れますように
心から願っています。

長くなります。ごめんなさい。
フードのご支援ありがとうございます。
毎日フードが届いているようですので
小林さんも大変喜んでおられます。
又、週末現地ボランティアとして参加してくださっているFさん
(若い男性の方です)が、
小林さんの為に「アイスボックス」を届けられました。
Fさん…。いつも小林さんの力になって頂き、
思いやりのお気持ち、ありがとうございます。
とても喜んでおられます。
少しは冷たい飲み物で喉を潤すことができますものね。
アイスボックスですので、サイズの小さなペットボトル、
又は缶入りの飲料水などが重宝されるかと思います。
もしも、ご考慮頂けるような場合、
参考にして頂けると嬉しく思います。

余談になりますけれど、
大の雷嫌いの太郎君は、雷が鳴ると小林さんの宿舎へお邪魔虫。
昨日はカイ君とユリちゃんも引き連れての大入り満員だったそうですよ。
今日も雷雨の予報が出ている山梨です。
雷嫌いの仔たちを、ふっと思い出してあげてくださいね。

tarou.jpg   kai.jpg   yuri.jpg

     太郎君               カイ君           ユリちゃん
ユリちゃん。。。。雷san…逃げ出しちゃいそうですね~。ってレディにごめんね。




flowerline1-6.gif


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

7月31日/フードの集荷状況と在庫のご報告

7月31日〆のフード関連のご報告をさせていただきます。

フード      206,95 ㌔

レトルト      18,1  ㌔

ジャーキー    18,65 ㌔

缶詰        20,52 ㌔

ビスケット      0,9  ㌔

冷凍肉       15,0 ㌔


7月末日〆のドライフードの在庫量は

約710 ㌔ です。

いつもご支援頂戴しまして本当にありがとうございます。

1頭ずつですが、幸せを掴み現地を離れて、
新しい里親さんとの生活をスタートしています。
必ずどこかにいらっしゃる里親さんと出会うまで、
犬たちにはオナカイッパイでいて欲しいと願います。

犬。それは古くから私たちの友であり続けました。
私事で申し訳ないのですが、一ヶ月前に小さな犬の里親になりました。
僅か4才6ヶ月で急死した愛犬の分まで大切にしたいと思います。
いいえ。なったという驕った表現ではなく
ならせて貰ったのだと感謝の気持ちを忘れないようにしようと思います。
犬は、なぜ吠えるのか。なぜ唸るのか。なぜ鳴くのか。
感情の豊かな生きものであることは、
一度犬と伴にひとつ屋根の下で暮らした方なら、きっとわかっていらっしゃると思います。
何を訴えたいのか。何を望むのか。何を悲しむのか。何を喜びとするのか。
そのすべての感情をたった一つの伝達法である「声」を発することに
すべてをかけているように感じます。
よぅく、耳を澄ませその声に込められた感情を理解できればといつも感じます。
声のトーン、強弱、口の開き方。。その心から発する声に耳を傾けてみると
命の温かさを感じます。その肌のぬくもりに感謝さえしてしまう。
そこにいるだけで。それだけでいい。
いつまでも傍にいて欲しい、と願わずにはいられません。

おそらく、多くの方が私と同じように
愛犬を慈しみ、深く愛し、いとおしく想われていることと思います。
そして、犬をこよなく愛する人間たちと、生涯縁のない日々を暮らす犬たちがいます。
まだ。山梨の仔たちは幸せかもしれません。
でも。そこに眠る数百頭の命はもぉ2度と還りません…。
喉の渇きと、死に至るほどの飢えに苦しみ、
命果てた多くの魂が、山梨県都留市の山奥に眠っています。
せめて。
今生きる犬たちには、最期までオナカイッパイで日々を過ごして欲しいのです。
フードの在庫が一ヶ月弱の消費量に減少しています。
どうぞ。118頭の老犬を含む私たちの大切な友に
ご支援を心からお願い致します。

いつもいつもお願いばかりで心苦しいのですけれど、
行政に協力を求められない現在。
みなさまにお願いするしかありません。
銘柄は問いません。どのような種類のドライフードでも感謝致します。
冷蔵庫の類がありませんから、冷凍肉などはその場で火を通されていると思います。
これは長きに渡り、継続して毎月ご支援くださる方がおられるようです。
大変犬たちが喜ぶそうですので、大鍋で野菜くずなどと毎回炊いておられます。
現地の犬たちは老犬が殆どですので、アキレスなどの固いおやつは
食べられないかと思います。
もしご考慮頂いている方がいらっしゃるのなら、
やわらかいジャーキーなどをお願いしたいと思います。
勝手を言います。ごめんなさい。

118頭の老いた命たち。どうかがんばって厳しい夏を乗り越えて欲しいと願います。
譲渡出来る仔には、僅かな間でも愛される幸せを感じて欲しいと願います。
1頭でも多くの犬たちに、いつか必ず幸せの女神がほほ笑みますように。

最後までお読み下さりありがとうございました。


flowerline1-6.gif


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。