スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の山梨

更新が遅れ気味でごめんなさい。
連日関西地方は梅雨空が続いています。
山梨県都留市・現場の空模様をご心配くださる方もいらっしゃり、
記事更新が出来ずで申し訳ないと思っています。
犬たちは全頭元気で、この蒸し暑い季節を乗り切っているとお聞きしました。
以前にも書きましたけれど、現場はとても水はけが悪い為
土地がぬかるみ、お世話にはかなりの重労働が課せられると思います。
小林さんを初め、大雨予報の今日も学生さんが現地での活動に参加されるとの事。
本当に頭が下がります。

6月30日〆のフードのご支援・使用量、のご報告を明後日ご連絡くださると
お忙しい中、小林さんからメールを頂戴いたしました。
追ってご報告したいと思いますので、今しばらくお待ちくださいね。

1頭の命。120頭のそれぞれの命。そしてその生涯。
神さまは、何をもって命の線引きをされるのでしょう。。
それは人間界でも同じ事が言えるのですけれど、
生かされている事に感謝をしながら、
現実に背を向けず向き合えるように、少しずつ努力しています。
私の大切な小さな命は戻りませんけれど、
宙に浮いてしまったその愛情を、
精一杯。せめて目に触れた仔たちへ注ぎ続けたいと思います。
一人の力がやがて大きな渦となり、
哀しい目をした弱い立場の仔たちへと届きますように。
それだけを切に願っています。

かつて「犬捨て山」と呼ばれた場所がありました。
人間の驕りと身勝手が産み落とした、あまりにも酷い現実が、
山梨県の山奥で繰り広げられていました。
2008年6月29日現在。
生き延びた犬の頭数は120頭。
120頭の犬たちが生きる土地で、飢え、渇き、苦痛に息絶えた多くの命たち。
私たちは罪を犯した同じ人間として、
せめて出来る限りの支援をしていきたいと思います。
ご賛同頂ける方は、どうぞ120頭の犬たちの
オナカイッパイの小さな、小さな幸せを守る為、
ご協力・お手伝いをお願い致します。
人も犬も、幸せな日々を過ごせますように。

flowerline1-6.gif



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
スポンサーサイト

フードご支援のご報告(6/1~6/16)

6月16日までにご支援頂いた物資のご報告がありました。
(本来は15日・月末で〆ておられますけれど、
16日到着分のフードを加算されたとの事です)

フード    1006,95㌔

ジャーキー   7,5㌔

6月16日、現在のフード残量は   1000㌔強! という事ですので

しばらくは安心ですね。

みなさま。多くのご支援いただきまして、本当にありがとうございました。

*支援物資のご参考になれば。との想いから掲載していますから、
随時本サイトでご確認いただければ、と思います。

例えば。。 今月はフードは大丈夫かな。レトルトタイプがゼロなんだ。。
        おやつなどもいいかもしれない。。等々デス(あつかましくてスミマセン)


暑い時期は、やはり犬たちの食欲が落ちるようです。
(うちのは一年365日食欲旺盛で、
一度もごはんを残した記憶ないんです。)
老犬ということもあるのでしょうけれど、冬にはたくさん食べて脂肪をつけ、
暑い時期には脂肪を減らす。寒さ・暑さ、対策が自然におこなわれているのでしょうか。
これからの季節は、蚊・蠅・蜂、などに悩まされますね。
小林さんは大変皮膚が弱く、飲み薬&塗り薬には、
アレルギー症状をおこす場合もあります。
なので、虫よけスプレーなどはどうなのかな。と思いながらお聞きするのを忘れました。
時々。集中出来ずでごめんなさい。

犬舎は、*ぬかるみから床上げした状態で置かれていますから、
*現地は水はけが悪いので雨が降ると即ぬかるみます。
取り合えず、ノズル式のジェット殺虫剤を少し用意しましたけれど、
大量には送れませんでした。
ご協力頂けると、感謝致します。
お願いばかりで申し訳ないのですけれど…。

偉そうに、ご支援のご協力を募りながら
気がつけば今月は未だフードの定期便を発注していません。
反省、反省。

決して強請ではありませんので、お心寄せていただいた折に
犬たちの為に。小林さんたちの為に。
「小さな幸せ」のおすそ分けをお願いしています。
どうぞよろしくお願い致します。


flowerline1-6.gif



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

6月15日里親会のご報告

更新を怠り申し訳ございませんでした。
ワタクシゴトなのですけれど、愛犬があっけなく旅立ち、心がソコで凍りついていました。
4才6ヵ月という若過ぎる突然のお別れに、ただ泣き続ける日々でした。
とても元気な仔だったので、今でも信じられません。
こちらへご訪問下さる多くの方たちから
愛犬・夏へのお悔やみの言葉をお届けいただき
本当にありがとうございました。
心から感謝しています。

又、この2週間、小林さんから幾度も励ましやご心配のメールを頂戴致しました。
6月15日の「父の日」、山梨の120頭のお父さんである小林さんに
お手紙などの贈りものを呼びかけるつもりでいたのですが、
私自身も何も出来ませんでした。
多くの方たちに支えられながら少しずつ現実と向き合う事ができるようになりました。
そんな自分を顧みる時、
お一人でも多くの方たちに「小林さんと120頭の犬たち」を
支えて頂くことの重要さを改めて痛感しています。
夏が私に託した想いを裏切らない為にも心を強くもち
天国にいる8頭の犬たちとともに、日々を過ごしたいと思います。
至らない点もたくさんあるかと思いますけれど、
これからもどうぞよろしくお願い致します。

今朝早く小林さんからご連絡を頂戴しました。
詳しいことは学生さんからのご報告があるかと思いますけれど、
みなさんへご報告ください、との事ですのでお知らせしたいと思います。
参加した犬たちは、「どんちゃん、チャーリーちゃん、リキちゃん」の3頭です。
残念ながらご縁は繋がりませんでした。
昨日は、小型犬たちの参加が多く、そちらに人気が集中しました。とのお話でした。
けれど、代表ベコさんのお友達がリキちゃんを預かられることに決まり、
現地で暮らす犬たちの頭数は118頭になりました。
(リトルジョン君は代表ベコさんのお家です)

毎月開催されている「里親会」なのですが、
何しろ移動に4時間もかかるので、犬たちへの負担を考え
隔月参加とされています。
慎重に犬たちの終の棲家を探したいと小林さんは考えておられます。
どうせ、雑種だから。どうせ、老犬だから。
とそのような気持で虐待にも似た飼い方をされる仔もいるかもしれない。
いえ。実際にいました。情報を得た小林さんが連れ帰る為に車を飛ばされました。
「1頭の命の重み」を重々ご承知の小林さんから頂戴しましたお悔みの言葉には
感慨深いものを感じました。
小林さんのお人柄に、より一層身近な想いを抱き、
愛犬が導いてくれたと信じる出会いに感謝しています。

里親会には、週末ボランティアとして現地へ行かれているFさんも参加され、
若い男性の存在は小林さんにとって心強いかと思います。
じん帯を痛めている小林さんに毎回湿布のお土産。
犬たちにはおやつのお土産。
又、小林さんのお留守であった昨日は、
4名の学生さんたちが犬たちのお世話に汗を流されました。
誰がどうだった。誰を散歩した。などというメモ書きが残されていて、
そういうお話をとても楽しそうにされる小林さんです。

学生さんたち。Fさん。。
若い方たちが、このような問題に真剣に取り組んでおられることに
心から、敬意を抱きます。
私たち大人は、若い方たちの後方支援に参加させていただき
これからも応援させていただかなければ。と強く思いました。

それから6月15日までのフードのご支援量・残量につきましては
後ほど小林さんからご連絡くださるそうですので、
追ってお知らせしたいと思います。

ご迷惑をおかけ致しました。
これからもなるべく現地の様子などをご報告させて頂きたいと思いますので
お付き合いくださるようにお願い致します。


「せめて目に触れた命だけでも救いたい!」

私の心に生き続ける言葉です。
哀しい命たちの為に奔走されている、真の活動家の方の言葉です。

せめて。目に触れた命だけでも救うお手伝いをしたい。

この信念を貫き通したいと思います。
小さな愛犬が私に託した「メッセージ」を守るのが
残された私の役目だから。。

大切な命。かけがえのない命。輝く命。ひっそりと佇む命。。
1頭でも多くの哀しい命たちに、幸せが舞い降りることを心から願っています。


flowerline1-6.gif



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

5月/支援物資とフード残量のご報告

VFSH0021.jpg


いつも温かいご支援本当にありがとうございます。
今朝、小林さんよりご連絡いただきましたのでご報告致しますね。
(*こちらでは「犬用支援物資」のみの報告とさせていただきたいと思います。)

学生さんたちは現場のお手伝いでお忙しいので
出過ぎた真似かとも思うのですが、現状況をお伝えくださっている限りは
ご報告する義務があるかと考えましたので、ご理解くださいね。

堅苦しい文字列ばかりの記事ですから、久々に花の画像をアップしてみました。
人気No1の「パリ」という品種名のスプレーバラです。
可愛いですね


flowerline1-6.gif


     5月のご支援いただいた物資の内訳

フード~ 939,62 ㌔

ジャーキー~ 22,25 ㌔

ほねっこ~ 24 袋

レトルトタイプ~ 56 袋

冷凍肉~ 15 ㌔  
(↑おそらく近くのお店から犬用に頂いている月合計量かと思うのですが、
今度お聞きしてみます。)

在庫量は5月31日現在「約800キロ」です。


flowerline1-6.gif



みなさまのご協力のおかげで、6月分のフードは確保出来ました。
小林さんも大変安心されているご様子が、文面からも感じられます。
本当にありがとうございました。
現在現地にて暮らす犬の頭数は120頭。
リトルジョン君は学生さんのお家で。
又あと1頭(小林さんはリキ君をと考えておられます)、
別の学生さんのお家へ移動する予定だそうです。
とは言え、一ヶ月のフード使用量は約720㌔です。
日々、ズズン。。ズズン。。と音を立てて袋が減りますね。
お一人お一人の、一袋・1キロ、のフードのご支援が必要です。
毎月でなくてもいいんです。ふっと山梨県の山で暮らす犬たちへ想いを馳せて頂いた時、
どうぞフード一袋のご支援のご協力をお願い致します。
いつもお願いばかりで心苦しいのですが、どうぞよろしくお願い致します。

現地の犬たちは、愛情を独り占め出来ません。
小林さんが毎日120頭ずべての仔を見て回る時間もありません。
最近センターの所長初め管理職の方数名が頻繁に現地視察へ来られるようです。
この状況は犬たちにとっては良いことだと小林さんはおっしゃいます。
対応はすべて小林さん一人でされています。
それでも、不慮の事故が起きない為に、時間の許す限りは
1頭ずつ様子を見て回る仕事も加算されました。
犬は感情の豊かな動物です。
人が大好きで、人に愛情をかけて欲しいと、
本来ならすべての仔が思っている筈です。
犬舎の隅で今尚心を閉ざす「ひとりぼっち」の老犬もいます。
この仔がもしも、幸せを感じる瞬間があるのなら
それはオナカイッパイになった時だと思うのは
あまりにもこじつけでしょうか。。
申し訳なくも現地で何一つお手伝いが出来ません。
せめて後方支援としての責任を精一杯遂行したいと思っています。
至らない点がたくさんあるかと思います。
何かお気付きのことがありましたら、
どんなことでもいいですので、お伝えくださると嬉しいです。

だらだらとまとまりのない記事を、最後までお読み下さり
ありがとうございました。


flowerline1-6.gif



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。