スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春風へ願うコト

今日は4月最終日です。
3月末日を年度末とし、お役所関係、学校関係、会社関係などでは、
「移動月」でもあります。
山梨県多頭飼育問題の現場を管轄している部署でも移動があり、
先日新しい所長さんが、視察を兼ねて挨拶?顔見せというところでしょうか、
現場へ来られたということです。

多頭飼育現場では、近隣住民とのトラブルは避けては通れません。
謂わば行政は、両者の大切な橋渡しの役目を担っています。
行政を怒らせては、あるいは反感を買うような言動は、断じて控えなければなりません。
小林さんは、地元の人なので顔馴染みの方も多く、
又、そのお人柄なども手伝い、
騒動に至るまで、話し合いが拗れることはありませんでした。
それでも、移動月である3月4月は心穏やかではないと言われます。
すべての権限は所長にあり、新任所長との「人間関係」を如何にスムーズに、
問題を最小限に食い止められるかに、小林さんの心労は続きます。

トップが代われば、当然指針も変わります。
市の動物管理センター所長の匙加減一つで、
市議会議員・市長へとうねり始めることもあるかと思っています。
それを機に、県議会議員が新しい条例案に前向きになることもあるでしょう。
そんなお役人の顔色を窺いながらも、
人生の経験を駆使して、命を守る為の綱渡りを続けている小林さんです。

新しい所長さんは、山へ来られた時に指針を述べられたそうです。
それは、犬たちが今後も山で生きることに、
心ならずも承諾してくれている現れだと、小林さんは言われます。
「まぁ、わからんですがね。何れにしても宙ぶらりんですなぁ。」

けれど、私は感じました。
人には「情け」というものがあります。
犬たちは「宙ぶらりん」な状態で、「現在イマ」を生きています。
長い年月命を繋いできました。
大切なことは「現在を生きる命たち」への「護る」という姿勢。

何故、山梨なのか?
その言葉は自分自身への問いかけではなかったか。と、そう思います。
毎日、その答を見つける為に自分に向き合っています。
いつか。必ず「山梨」を感じる日の為に。
今は準備期間だと思っています。

後になりましたが、フードご支援のご連絡を頂戴しています。
本当にいつもいつもありがとうございます。
フードが到着するまで若干日数がかかるかと思いますので、
追って、必ずご報告致します。
みなさんのご支援が、犬たちの存命の源です。
勝手なお願いばかりしていますけれど、
どうぞフードご支援のご協力を、
よろしくお願い致します。


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。
スポンサーサイト

フード支援のご協力のお願い

夏ママさんよりSOSがでています。
山梨多頭飼育現場にいる120匹のわんこたちのフードが不足気味とのことです。

微力ながらわたしもフード発送の手配をすませました。
わたしは里親になることが出来ないダメダメですが。。。
根本的な解決には遠いかもしれないけど、このコたちはまず生きることが大切だと思うから。

先日の譲渡会で1わんに里親さまが見つかったとのことです。
山梨県多頭飼育問題/近況報告ブログ
みなさんのがんばりに本当に感謝しています。


フードの送付先

〒402-0024
山梨県都留市小野974
小林 昭夫

TEL:090-9386-8528(小林)
   :090-8004-0971(田中)

再び。ご協力のお願いです。

みなさんにお願いがあります。
ご自身でブログなどを管理されている方は、
このブログへのリンク、又はご自分の想いを言葉に託して
「フード支援ご協力」のお願いを呼びかけて頂ければ心強く思います。
2年近く前、有志大学生さんたちが立ち上げられたHPで、
フード支援の公募が始まりました。
以後、みなさんの温かいご支援のおかげさまで、
犬たちの命は現在まで繋がってきました。
山梨多頭飼育問題がマスコミで取り上げられたのが
平成11年。今から9年前のことです。
小林さんは更に遡ること計15年前現地での生活を開始されています。

日本中、「人間から見捨てられた命たち」で溢れています。
生きる選択肢さえ与えられず、処分されていく罪のない命たち。
「幸せな日々」には遥か離れた居場所で、それでも懸命に生きてきた命たち。
何故。彼らは生まれ、苦しみ、息絶えねばならなかったのでしょうか。
あまりに哀しく、あまりにも切なく、幾度手を合わせることでしょう。
謝ることしか出来ない自分。
「収容期限」の氷のような文字は、
まるで悪魔の囁きの如くに、目から心へと貼り付きます。
モニターに映るその哀しげな姿に指を這わせ、
ごめんね、を繰り返すしか出来ない自分。
情けない。。


山梨多頭飼育現場で生を繋ぐ命たち。
同じその場所で空腹に苦しみ喉の渇きに苦しみ、
そして息絶えた命たちの為にも、
どうか。みなさまのご協力で山の犬たちの
「今在る小さな幸せ」を守る為のご協力を、
心からお願い致します。

オナカイッパイさえ守られれば、120頭は。。まだ幸せです。
綱渡り状態の日々であっても、犬たちは「その日その時」は幸せです。
どのようなフードでもかまいません。
どうぞフードのご支援をお考えいただきますようにお願い致します。

日々減り続けるフードの残量に心を傷める人。
その人に力はありません。名誉も地位も関係ない人生を、15年の長い月日を、
犬たちと伴に生きてこられました。
せめて。僅かでも安堵の想いを届けたい。安眠に体を休めて欲しい。
そして何より「犬たちにオナカイッパイの小さな幸せ」を。
そんな自分自身の想いを一方的にお願いすることは
或いは身勝手極まりないことなのかもしれません。
でも、やはりみなさんにお願いするしかありません。
どうぞ。どうぞ。120頭の犬たちへ。温かいご支援をお願い致します。

かつてマルコ・ブルーノさんが表現された
「命の不法投棄現場」で生き抜いてきた老犬たち。
穏やかな余生を過ごして欲しいと切に願っています。
お一人でも多くの方からの、
フード支援のご協力を、心よりお待ちしています。


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

フード残量のご報告とご支援のお願い

ワタクシゴトで申し訳ないのですが、
「母の日」を控え、仕事量が増え毎日更新を怠りスミマセン。
フードの残量をご心配頂いておりますので、
少しの時間を小林さんに拝借して電話にてお尋ねしました。

今月は新たなご支援がやや停滞気味で
残量は一ヶ月使用量に満たない「500㌔」となっています。
老犬が殆どなのですが、
野菜と、鶏の内臓、せせり肉(これ等は商店主の方たちの好意で
無料配布されているようなお話を聞いた事があります)などと煮込み、
フードにかけて与えるのが、
小林さんの長年の「手作り風ごはん」です。
なので、シニア用でなくてもソフトタイプでなくてもていいですので、
例えばバーゲンでお安くなっているフードなどを見つけられた時
ご支援のご協力をお願い致します。
大鍋で何度も炊くので、ガスボンベは使わず廃材を使用しています。
その廃材も手に入りにくくなったので、
現在は「主のいなくなった犬舎」の古くて朽ちかけたものを解体して
薪代わりに使われることもあるそうです。

先日の里親会でケン君が新たな旅立ちをしました。
又参加メンバーのリトルジョン君は山へは戻らず
学生さんが預かりをされています。
なので、現地の犬の頭数は120頭となります。
あっという間に備蓄量が減りますね。
春になりみんな食欲が出てよく食べるのだそうです。

近いうちマルコ・ブルーノさんからのご支援があるそうですが、
どうぞ、フード支援のご協力をよろしくお願い致します。

以前にも書かせて頂きましたが、
犬たちのお腹を満たすことだけを想い、あつかましくも応援blogを開設しました。
みなさんの心のなかに、山の犬たちが堂々と存在を誇示などできなくてもいいんです。
気がつけば、心の片隅に山の犬たちがいた。
大きなフードの袋を見て、山の犬たちを思い出した。
TVニュースで「山梨」という地名を聞いて、山の犬たちへ想いを馳せた。
街中で老いた犬に出会い、山の犬たちへの切なさを抱いた。
それぞれにそれぞれの感覚で感情で、どうか覚えていてあげて欲しいんです。
人間に見放された犬たちのことを。
天にも見放されて息絶えた犬たちがいたことを。

山梨県都留市の山で暮らす120頭の命たち。
120頭の山の犬たちが、2度と再び飢えに苦しむことがないように。
これからの残生を「オナカイッパイ」のままに過ごせますように。
みなさんのご協力をお待ちしています。

いつも一方的なお願いばかりでスミマセン。
フードの残量報告更新も含めまして
学生さんたちを温かく見守って頂けますように、心からお願い致します。
微力で申し訳ないのですが、出来る限り応援させて頂きたいと思います。

どうぞ。。120頭の老犬たちの幸せを守るお手伝いへのご協力、
よろしくお願い致します。



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

幸せを掴んだカマ♪

ベコさんが、先日の里親会の様子を更新されています。

山梨県・犬の多頭飼育問題/近況報告ブログ

里親さんが見つかったケン君は、ベコさんが預かっておられたんですヨ。
(お聞きしていましたケド内緒にしてました、スミマセン)
きっとやさしいベコさんの愛情で「人の温かさ」に目覚めたンだと思います。
とってもカッコイイ。。ケン君ですね。

リトルジョン君は随分印象が違ってちょっと驚きました。
おっとりと物静かな感じがします。
今度はきっといいご縁がありますように。

リキ君も残念でしたけれど、これから気候も良くなることだし、ゆっくりと
幸せ探せばいいンだから。。ね。

そして「カマ君」です。
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますケド、
山で学生さん達のアイドルだった頃のカマ君です。

emoji06.gif

kama.jpg

emoji06.gif

そして、里親会に里親さんご夫婦と遊びに来たカマ君。
コチラへGo!!

何だかとっても嬉しくてつい目尻が下がってしまいますね。
山で暮らしてきた1頭の仔が、
こんなにやさしい顔で飼い主さんに甘えています。
みんな、幸せになる権利。あるんだな~って改めて思います。
嬉しいです。ただ、嬉しいです。

現場で活動されるみなさんに、改めて感謝致します。
本当にありがとうございます。
(その言葉しか浮かばなくて。薄っぺらくてごめんなさい。)

1頭の命の重みを、お一人でも多くの方に感じて頂ければと思います。


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

嬉しいお知らせ

amaenboken.jpg


学生さんに甘えるケン君。
昨日の里親会で「新しい飼い主さん」が見つかりました!!
今朝、小林さんからお電話がありました。
詳しいご報告はベコさんから本サイトにてあるかと思います。
本来なら本サイトご報告後に書くべきなのですが、
ご心配されているみなさんに一時も早く。と思いました。

ケン君は長い間人里離れたN地区で暮らしていました。
「赤ちゃんの時から知ってたんですよ」と小林さん。
不憫に思いK地区に連れて来られたそうです。
その後学生さんが一時預かりされて
里親会への参加となりました。
学生さんにも心から感謝致します。
本当にありがとうございました。

ケン君。本当によかったね!やっと出会えた家族の人たち。
可愛がってもらってね。
いつまでもいつまでも幸せに…☆

ケン君が生涯幸せな日々が過ごせますように。。
神戸の地より祈っています。



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの支援物資の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

山の現実

julia.jpg

何度かアップしている一番好きなバラ「ジュリア」です。
迷いや行き場を失った時、この花に向き合います。
そして決めます。
言葉がうまく伝わらず、又言葉が足りないばかりに方向性を見失うかと
随分悩みましたが、やはり現場の事を少しでも知って頂きたくて
記事にすることにしました。
これまでも、いろいろなご意見・アドバイス、届いています。
その都度、落ち込み立ち止まり、膝を抱えては座り込んでしまっていました。
でも、今、自分自身がぶれなければそれでいいと思っています。

私は、山梨の犬たちのささやかな幸せを守りたい。その想いだけで
このようなサイトを立ち上げました。
他意はありません。
現場は遠く、
現場を知らない者が情報のみの発信をするべきではないのかも知れません。
メールに書かれた学生さんの想い。
この耳で聞いた小林さんの想い。
山梨県庁、及びT市の公式HPから得る情報。
それを元になるべく個人的な感情は控えてお伝えするように努力はしています。
それでも、時に気持ちが強過ぎて心の内側をすべて曝してしまう場合もあります。
ネット社会の怖さは、知っています。充分知っています。
気をつけなければと、襟を正す日々です。

小林さんの苦悩はフード不足だけではありません。
地域住民の苦情は当然だと思う面もあります。
犬が好きな人ばかりではありません。
小さな子供さん。お年寄り。家族を守る立場の人なら
当然何らかの苦情があるかと思います。
1頭や2頭ではありません。
今では日本各地に於いて、カラスの問題は深刻化しています。
山梨でも同じです。
電話中にもカラスの鳴き声が騒音となり受話器からも聞こえています。

小林さん担当のK地区は比較的民家に近い場所にあり、
N地区は徒歩40分ほど奥地にあります。
K地区には老犬を。人里離れたN地区には比較的若い犬を。
N地区ではほとんど人の出入りがなく、
犬たちは本当にひっそりと暮らしています。
小林さんは、K地区で1頭亡くなると
N地区から1頭連れてこられます。
人との触れ合い(学生さんも含めて)を少しでも、との想いが強いと聞いています。
しかしながら、民家に近いK地区では
「1頭も犬を増やさない」というのが行政側との確約です。
今年に入り3頭亡くなりました。
ハナちゃんはN地区だったので、
K地区で亡くなったモモちゃんとベスちゃんの代わりに
2頭がN地区からK地区へ移りました。
それを戒められています。
「全然頭数が減らないじゃないか」と。
増やさないとの約束イコール頭数が減ることへの期待がアチラにはあります。
行政側の立場もわかります。
小林さんのお話では8割が老犬であるということです。
増やさない。何れ減っていく。その「現実」で反対住民を納得させているからです。
感情のみで事は進んではくれません。
こういう騒動の時常に感じるのですが、
立場を変えればどちらの言い分にも納得する事があります。
けれど、一番大切なことは、

どのようにして「犬たちの命を守る」のかに尽きると思います。

犬たちの立場は弱く、存命への確約はありません。
小林さんの苦悩の果てのさまざまな努力により、
122頭の命たちは守られているのです。

私が一番伝えたい事。
それは決して感情重視で現実を受け止めないで欲しいという事です。
これまで、どれほどの感情を押し殺して犬たちの為に一人の人が
がんばってこられたのか。ということを本当の意味で知って欲しいのです。
もちろん、学生さん達の支援活動は、そんな小林さんの心の支えになってきました。
学生さん達の来られるのを、何より楽しみにされているのではないでしょうか。
はじける笑顔とひたむきな姿勢。孤独な日々への安らぎの時間は
小林さんにとって大切なひとときだと思います。

「いい加減に山から降りろよ。」
親族からの言葉に背を向け続ける人。
小林さんのタカラモノ。
それは犬たちの命と
段ボール箱いっぱいのみなさんからの励ましのお手紙。
「ぼくが生きている以上は、裏切れんですよ」
と受話器から聴こえる老いた声。
倉庫に積まれたたくさんのフードと
人用の僅かな食糧。
それらに毎日手を合わせておられるとおっしゃいます。

フードのご支援と共に、小林さんへのご支援もどうぞよろしくお願いしたいと思います。
様々な苦悩と日々向き合われる山の人・小林さんに、
どうぞ温かいご支援を、心よりお願い致します。


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援・小林さんへの食糧などのご支援の送付先はコチラ」でご確認ください。
*冷蔵庫がありませんので、米・缶詰類・乾燥類などが助かります。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。


この記事を読まれて、
行政サイドへのご意見・ご要望は謹んで頂きますようにお願いします。
山梨の犬たちの問題は非常に繊細な側面を抱えています。
決して、独断で行動されませんように、ここに重ねてお願い致します。

(ご意見は、右サイドバーのメールフォームより管理人へお知らせください。)

4月20日 里親会

4月20日。神奈川県大和市・市役所正面玄関前(駐車場)にて・1時~3時・
パクスやまとさん主催「大和市どうぶつ里親探し会」に、
リキ・リトルジョン・ケン、君3頭が参加します。

連絡先などは、大和市広報<情報のページ>中央あたりの
市民の掲示板」でご確認くださいね。
(↑表示を100%にしてお読みください)

*PDFファイルで表示されます。
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、リンク先から無料ダウンロードしてくださいね。
Adobe Reader



停滞する低気圧も明日には関東地方から遠ざかる予報です。
お天気に恵まれ、山梨の仔たち以外にも1頭でも多くの犬たちが
新しい家族に巡り会えますように願っています。

山の犬たちを代表して参加するメンバーのみなさん


riki02.jpg
  ☆.。*・゜゜・*。.★.。*・゜リキ君゜・*。.☆.。*・゜゜・*。.★.。
ritoruzyonn.jpg
☆.。*・゜゜・*。.★.。*・゜リトルジョン君゜・*。.☆.。*・゜゜・*。.★.。
amaenboken.jpg
☆.。*・゜゜・*。.★.。*・゜ケン君゜・*。.☆.。*・゜゜・*。.★.。

いい報告が出来ますように…☆


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください

山の時間

山にも、時間が流れている。同じように流れている。
山での時間。犬たちにも、少ぅし「春」が訪れ、ようやくほころぶ体と心。
嬉しかった。やさしい顔たち。
嬉しかった。ベコさん、みなさん。本当にありがとう

この仔たちに流れた山での時間に心を馳せて、
2枚の写真を並べてみました。(写真掲載はベコさんのご了承済みですので)
*クリックすると写真が大きく表示されます。

s-line5.gif

夢ちゃんです。とっても臆病だった夢ちゃん。本当に本当に、よかったね。
yume.jpg
  
yume2.jpg


ロン君です。すっかり甘えん坊になりました。凛々しい表情のロン君。賢そうですね。
ronn02.jpg

ron22.jpg


先日犬舎の屋根から落っこちたマロンちゃん。目の見えないマロンちゃん。
ブラウン君とはとっても仲良し。穏やかな日々が続きますように。
maronn.jpg
マロンちゃん
buraunn.jpg
ブラウン君。
bramaro.jpg
ブラウン君&マロンちゃん。おじいちゃんとおばあちゃんの名コンビです。

せいこちゃん。きれいなワンちゃんです。でも、不安そうな顔がずっと心にありました。
とってもやさしい表情になりました。学生さんたち、ありがとうございます。
seiko.jpg

seiko2.jpg



テツ君です。穴掘りが日課のテツ君ももぉ落ち着いたのかな。
tetu.jpg

tetu3.jpg


犬たちに流れた時間。決してやさしい時間だけではなく。。
お腹が空いてカラッポだった時間。
足元がぬかるんでフルエタ時間。
いつも誰かと誰かが争ってコワカッタ時間。
たくさんのツラカッタ時間が通り過ぎ、
小林さん初め学生さん達のおかげで、こんなに幸せな時間に包まれています。
そして。
何より嬉しいのは、この仔たちを見捨てずに
オナカイッパイの小さな幸せを守る為、ご支援頂いた方たちのこと。
どうか、この小さな幸せが続く為のご協力を、心からお願い致します。
山の犬たち。122頭のいい仔たち。みんなみんな幸せに…。
みなさんの心に、いつまでもいつまでも天使たちの居場所がありますように願っています。


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

幸せ探し

whitestar.jpg

☆ホワイトスター☆

来週の日曜日・4月20日。里親会へ参加します。
お話では「リトルジョン」と「ポンタ」が参加予定とお聞きしています。

*訂正です。(今日お便り届いていました、スミマセン)
↓里親会に参加するのは。。。

「リトルジョン」
どうしても画像がアップロード出来ませんでした。
なので、コチラの「NO,73」の仔がリトルジョン君です。

「リキ」 見上げた瞳が愛らしいですね。
riki02.jpg


「ケン」 学生さんに甘えていますヨ。
(画像は編集しない方がいいかと思い修正していません。ご了解は得ていますので)。
ken.jpg


誰が参加するのかは、犬の状態などから決められるとか。。
まるっきり犬舎から出ない仔や、首輪やリードをつけさせない仔は
やはりお留守番組ですね。

現在隔月に参加している里親会は、
地元の主婦の方たちが里親募集のみに限り運営されている
小さな団体さんだと聞いています。
先月もシニア用のフードを数十キロを運んで下さり(神奈川県Y市から)、
犬たちの様子を視察?されたようでした。

12月の里親会で幸せを掴んだウルフ君です。
uruhu.jpg


記事はコチラのご報告でご覧くださいね。

ふぅむ。。この写真のウルフと里親会のウルフ、まるで別犬ですね。
きっと、ワクワクしていたのでしょうか。
ウルフのように1頭でも多くの仔たちに幸せになって欲しいと願います。
現在の生活でも充分犬たちにとっては幸せなのでしょうけれど、
やはり、愛情を独り占めしたい時もあるかと思います。
4月20日。春の陽ざしに恵まれますように。。☆


老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

ハガキに託す想い

ハガキ一枚。

買うのに躊躇われたことありますか。

財布に50円硬貨、ありますね。10円硬貨、5枚ありますね。

ハガキ一枚。

買えない記憶ありますか。

最近直筆のお便り書きますか?届きますか?

小さな文字で手紙を書くの…好きでした。

ここ数年、まるで書きません。ペンすら握りません。

いつしか手は、指は、書く作業を止めキーを打つ。

そんな時代。ハガキを必要とする人が遠い山で暮らしています。

もし。もしも。空白のハガキが引出しの奥。本棚の隅っこ。に眠っているのなら、

どうかご寄付をお願い致します。

「せめてもの感謝の気持ち」だと言われます。

匿名希望さんからのご支援には、どなたか思い当たりませんか?

そんなお尋ねコールがかかります。

今朝も携帯着信音が鳴りました。(合図でコチラからかけ直しますので大丈夫ですヨ)

ハガキ一枚が、見えない交流を継続させるのかも知れません。

おかげさまでフードご支援も順調に増えているとのご連絡です。

みなさん。本当に温かいご支援ありがとうございました。

今日は思い切って、いろいろとご質問や

ご自身の(支援についての)考え方などをお尋ねしました。

30分以上、いえ、もっと話したでしょうか(ちょっと遅刻気味になりました)。

人が人と出会うということ。私たちが命と出会い、共に生涯を暮らすということ。

その意味の大切さを感じています。


眠っているハガキありますか?

「ハガキ一枚」は、貴重な生活費の一部です。

「ハガキ一枚」で、少し食卓が贅沢になります。

そんな暮らしをしている人がいるんです。

犬たちの為に、いいえ、或いは自分自身の為だったのかもしれないと言われます。

それでも、私たちには想像すら出来ない生き方です。人生です。

みなさんとの大切な「ハガキの懸け橋」。

途絶えない為にもご協力をお願い致します。

あなたは。。ハガキ一枚。買うことに躊躇われたことありますか。


*いつもお願いばかりで、申し訳ありません。

ご協力をお待ちしています。

どうぞ、よろしくお願い致します。


追記:4月20日神奈川県Y市にて開催される譲渡会へ2頭。或いは3頭。参加予定です。
近々本サイト「近況報告ブログ」にてご報告があるかと思います。
こちらでも追ってご報告致します。
やさしい里親さんと巡り合えますように。



老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!

ご協力をお待ちしています。

「フードご支援の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

樹々の沈黙

VFSH0061.jpg

この樹の根っこ凄いナと感じました。地上に張ってるから枝ではないのに
まるで四方に伸びた枝のようです。
「気根」と呼ばれる根っことは少し違う気もします。
土の中の酸素が不足している場合に伸ばすと言われていますが、
ココは沼地ではありません。
まるで、何かを訴えているようにも見えてきます。
ウチの夏とよく行くちょっと遠い公園の主。
樹を見ると「生きているんだな~」って感じます。
つい、幹肌に手を当ててみたり、ず~っと上を見上げてみたり。。
「樹は立ったまま眠っている」と、かつて寺山修司は表現しました。
「樹にも赤い血が流れている」と。
樹は生きている。樹も生きている。
排気ガスに耐え、地震にも、台風にも、じっと耐えた樹が、
街の美観の為、道路事情の為、いとも簡単に伐採されてしまいます。
何十年、百年以上の樹だって、あっさり倒されてしまうんですね。

山の樹々…多くの命を守る精霊が宿っている。
半月ほど前、突然受話器から聞こえてきた犬たちの吠え声。
けたたましく何頭もの声がぶつかり合い、重なり合う。
1頭の山に生きる野犬が時折、紛れ込むのだそうです。
きっとフードの匂いに釣られるのでしょうか。
1頭も増やさないとのセンターとの約束です。
あれから。。あの犬はどうしているのだろうか。
ふっと心を過ります。
大木を見る度に、その樹々に守られ生き抜く命たちを想います。
冬には葉を落とし陽射しを招き、
夏には若葉を茂らせ日陰を贈る。
樹々と山で生きる命たちとの共生共存の世界。
私たちもそうありたいと願います。

老犬たちにオナカイッパイの小さな幸せを!ご協力をお待ちしています。

「フードご支援の送付先はコチラ」でご確認ください。

「フードの残量報告はコチラ」でご確認ください。

support-blogのお引っ越し

山梨県多頭飼育問題の犬たち/support-blog
こちらへ引っ越すことにしました。
yahooジオログは残念ながら、エキスポート機能がありません。
もっと調べればわかるかもしれませんケド…。


mirukii.jpg
ももちゃんも一緒にお引越しです。

2月21日開設より2か月近く出来る限り記事更新してきました。
フード不足の問題を、何とか少しでも解消したいとの想いが日に日に強くなり
無謀にもsupport-blogなどとタイトルつけてスタートしました。
けれど、
現場から遠く離れた地での発信には限界を感じています。
今年中に山梨の現場へ行きたい!そう思いました。
そんな望みは、実現してから言うべきなのです。
それに気付きました。
「にほんブログ村」への登録にプレッシャーを感じ、
一年で最も仕事が多忙な時期にも
更新するように心がけていました。
私が最も怖れること。それは…
「風化」の二文字です。
今もその気持ちに嘘はありません。
でも、急ぎ過ぎて「発信」の方向性を見失う自分に不安が募りました。
これからは、思い出の詰ったこのブログで
自分なりにゆっくり考えながら時間をかけて
更新していきたいと考えました。

どうぞよろしくお願い致します。

コメント欄は、これまで同様。しばらく非表示に設定させてくださいね。

管理人:夏ママ
ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。