スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N地区犬舎の屋根設置作業・ご報告

今日はこちら(関西地方)は、初夏の陽射しです。
5月の会計報告に関する書類一式が、まだ手元に届いていません(郵送)ので
もう少しお待ちくださいね。
小林さんからは5月31日に投函しました旨、ご連絡頂戴していました。
んん。。。む、遠いのですね、山梨。(つくづく痛感)

先ほど、携帯電話の小林さん個別着信音が鳴り響き、ドキッとしました。
最近は、いつもドキッとするんです。
訃報が続きましたので。
現在N地区に於きましての「屋根設置作業」は、雨が続いた為、
あと6犬舎分(全19犬舎)と、敷地の広い「牧場」と呼ばれている箇所にも
犬小屋の上部に屋根を造ってやりたい、とのお話でしたから、
合計7箇所での作業というご報告でした。

今日の時点で「あと僅かになりました!」と画像を送ってくださいましたので
アップしたいと思います。

N地区犬舎屋根1

N地区犬舎屋根2

N地区犬舎屋根3

梅雨入りには間に合わせたい、と急ピッチで作業してくださっています。
犬たちの訃報が続いたり、前月は現地へのお客さまも比較的多く
予定より遅れたと言われていましたが、
あと僅かで「N地区の全犬舎」に雨除けの屋根設置が完了とのご報告。
大変嬉しく思います。
又、先日現地へ行ってくださったトキママさん、そして小林さんご本人のお話によりますと、
K地区の「犬小屋」が老朽化の為、やはり雨が吹き込んだりと修理が必要との事でした。
犬たちが現地にて長い年月過ごしてきた現実が
古く朽ちる寸前の犬小屋に現れている気が致します。
何れは一箇所に統合されるかと思うのですが、
犬たちの暮らす現場は、小林さんたちと地元住民の方たちとの間に
行政の関与がありますので
私たちの理想論に基づく願望を抱くことは不可能だと思っています。
波風立てないように。意思の疎通を図りながら。
官と民の協力の下、犬たちが守られている現実をしっかりと肝に銘じたいと思っています。

現地にはフードなどの支援物資の他に、予期せぬ贈りものが届くことがあります。

ご支援頂いた犬小屋

某ペットショップ関係の方からのご支援とお聞きしています。
お高いんですよね~木製の犬小屋!
さぁ!!一体この新しいマイホームをプレゼントされるのはN地区のどの子かな?

ご支援くださり誠にありがとうございました。
どうぞ今後とも山梨wankoに温かいお気持ち寄せてくださいますように
心からお願い致します。


green.gif

現地では、カセットコンロ用のガスボンベが不足しています。
小林さんたち3名の方たちは、電気・水・ガスが普及していない山での生活です。
自炊生活に於きましては「ガス」は必要ですので
少しばかりのご支援を心からお願い致します。
もしもまとめてのご支援を考慮して頂ける方へは、
トキママさんに教えて頂きました↓

【くらしのeショップ】さんの コチラのページ掲載商品 が最安値です。

そして、お手数なのですが、ご購入の際には、
右サイドバー内設置の「ご協力ください!」の楽天バナーからお願い致します。
発生ポイントは、じゅんこさんが取りまとめてくださり
山梨wankoへの支援金口座に振り込んで頂いています。
どうぞよろしくお願い致します。
(決して強請の意識は微塵もありませんので、その点をご理解くださると嬉しく思います)

green.gif

それから。。。続いてのお願いです

直接的には、山梨wankoとは関係ないのですが
2011年、5年に一度の「動物愛護管理法」が見直し後改正されます。
前回2005年改正時には、動物取り扱い業の規制強化、
虐待などによる動物愛護法違反による罰則の強化、
を初めとする様々な改正案が実施されましたが、
何れも定義が曖昧であったり、虐待の有無の確認が難しい(被害者が物言えぬ動物)為、
そして何より行政は強制捜査の権限がない、事などから
生きた法律として稼動していないことが立証されています。
平成18年度受理された愛護法違反件数の7割が不起訴処分になるなど
動物を守るための法律が、生かされていない現実があります。

個人的には「生体展示販売の禁止」を願うものですが、
まずは※ドイツ、スウェーデンに倣い「8週齢未満の母親からの引き離し禁止」
(※印以下は、同署名プロジェクト企画者の方の記述引用しています)
への改正、違反業者には懲役刑などの罰則を強化する事を、心から願います。
安易に産ませ販売する流通経路を経つことが、不幸な命を減らす事へと繋がると考えます。

オンライン署名へのご協力をお願いしたいと思います。

2011年動物愛護管理法改正の要望書

署名プロジェクトの詳細をご確認下さり、賛同・ご理解くださった方は
是非署名のご協力をお願い致します。

ペットショップで売れ残り処分される哀しい命たちの為に。
ただ産む為だけに過酷な状況で生かされている哀しい命たちの為に。
人間の欲望の為に産声をあげる小さな小さな命たちの為に。
(尚、すべての動物取り扱い業者が上記の記述対象ではありません事を明記致します)

お一人でも多くの方が、動物達の環境改善の為、
その命を守る為の法律改正につきまして、真剣に向き合って下さいますように
心からお願い致します。

green.gif


hhr08.gifご支援につきましてはお手数ですがコチラでご確認ください。
↑ピンクの花アイコンをクリックお願いします。



green.gif


「ご質問やお問合せ」はお手数ですがメールにてお知らせくださいね。
右サイドバーの「メールフォーム」又は、
FormMailサービスからお願い致します。   
icon_mail29.gif ←アイコンをクリックしてくださいね。
ご注意FormMailサービスをご利用頂く場合、
合計「送信ボタンを2度」クリックしなければなりません。
お手数ですが、ご確認くださいね。

green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。







スポンサーサイト

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

N地区犬舎/屋根設置作業の経過報告

今日は絶好の行楽日和ですね。
いよいよ大型連休突入!(と言っても私は無関係なんです)
お出かけのみなさま、どうぞ事故や怪我のないようにお気をつけてくださいね。

えっと、更新を怠っていました「N地区犬舎の屋根設置」の途中経過を
報告させて頂きます。
まずは、昨日届きました小林さんからのメール内容全文です。

なかなか、天候不順で夏狩の犬小屋の屋根造り捗りません。
後2つで半分完成のところ迄来ました。
ステンレスの犬小屋は寄贈されたものを学生に組み立ててもらったもので、
譲渡可能の子を入れ、人慣れさせようと思っています。
候補犬としては
ルビー、雪、ポチ、クララですかね。


100426_1336~01      

100426_1336~02

100426_1350~01         


確かに今年の4月は、異常気象の様子がTVなどでも連日報道されていましたね。
老体にムチ打っての(ココだけのお話ですヨ~、
ご本人達がネット環境にないことをいい事に
言いたい放題でスミマセンm(__)m )
つまり思いのほかの進行具合に 少し驚きました。
この分だと梅雨入りまでには完成しそうです。
又、N地区からの譲渡による頭数の減少を願う者の一人としましては
ご支援して頂きましたスチール製の犬舎、心から感謝致します。
写真に小さく写っているのは「雪」であると思います。
とても人馴れしたおとなしい犬であると聞いていますので
そうかな~って思いながら写真を見ていました。

こちらのメタボwankoは「ポチ」だと確認済み♪

100411_1303~01

同じ日(4月11日※随分前なのに今頃の掲載でスミマセン) の写真です。

100411_1200~01 100413_1311~01

このようにN地区の現場は少しずつ改善されています。
山梨多頭飼育現場は、動物愛護団体による救援活動は皆無であり、
現地参加のボランティアさんも現在のところいない状況です。
地元住民の方たちとのトラブル回避の為
行政が関与、官民一体の下、現地の犬たちは守られてきました。
もちろん日々お世話されている3名の方たちの存在は
犬たちにとってはかけがえのない「飼い主」である筈です。
学業の傍ら、現地にて活動を継続してくださっている学生さんたちの存在も又
小林さん初め犬たちにとりましても大切であると思っています。
そして、現地の犬たちの為にご支援くださる支援者さまの存在が
そのお一人お一人が「山梨wanko」の飼い主さまであると
私はそのように思っています。
小林さんたち初め学生さんたち現地関与のみなさん、
そして山梨wankoの支援者であるみなさまがた。
どちらが欠けても、犬たちの命を守り繋ぐことは出来ません。
どちらの存在も、犬たちにとっては大切なのだと強く強く思っています。
現在応援してくださっているみなさまも
今後ご支援をお考えくださっているみなさまも
どうか犬たちの穏やかな日々が続きますように、
伴に願ってくださいますようにお願い致します。

山梨県T市の山奥で生きてきた命たち。
400頭以上いた犬たちは現在73頭です。
大半が老犬となった今、
犬たちの小さな幸せを守るご協力をお一人でも多くの方に
お願いしたいのです。
フード一袋、お心ばかりのご寄付 で確実に犬たちの食も含めた環境が
改善されていくと思っています。
事実、これまでの多大なご支援のおかげさまで
一歩ずつ生活状況は向上しています。
みなさまの温かいお気持ちで現地の犬たちの命が繋がっている事に
この場をお借りしまして、心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございます。
どうぞお一人でも多くの方たちが「山梨wanko」の幸せの為に
お心寄せて頂きますように、心からお願い致します。

73頭の老犬たちにオナカイッパイのささやかな幸せを

ご協力をお待ちしています。
どうぞよろしくお願い致します。

hhr08.gifご支援につきましてはお手数ですがコチラでご確認くださいね。



green.gif


「ご質問やお問合せ」はお手数ですがメールにてお知らせくださいね。
右サイドバーの「メールフォーム」又は、
FormMailサービスからお願い致します。   
icon_mail29.gif ←アイコンをクリックしてくださいね。


green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。



N地区犬舎屋根 - 第1号設置完了!!

3月22日(月)


N地区の犬舎に、いよいよ念願の屋根の第1号を設置すべく現地へ行ってきました。この日は、K地区のMさん、学生さん2人、主人と私の5人で作業しました(KさんはN地区で、小林さんはK地区で犬たちのお世話)。


当日は、現場に一番近いホームセンターで待ち合わせ、1棟分のみの材料を購入しました。材料の価格は事前に数店で調べてあり、ここは最安値のホームセンターではないのですが、4メートルの単管パイプを運ぶのにお店のトラックを借りるので、時間内にトラックを返却できるところということで、今回はこのお店にしました。


次回以降、ある程度まとめて購入するようになれば、作業日の前までに材料の購入をしておくことができるので、少し足を伸ばして最安値のところへ材料を買いに行く事ができます。今回は、1棟目なので、計画した通りにできるかどうか、今後もそのやり方で行なうのが一番いいのかどうか、チェックの意味あいもありましたので、1棟分のみの材料しか購入しませんでした。今回の材料は、単管パイプ(足場で使うパイプです。長さ4メートルのもの) x 3本、波板トタン(6尺) x 6枚、パイプボルトなどです(購入代金は、4月に小林さんに「犬たちへの支援口座」が移ってから立替精算される予定です)。


N地区第1号の屋根を設置するのは、川側の「ハヤテ」(N地区マップ参照)の犬舎です。川側は、間口が約3.5メートルで、道側の約3.0メートルの犬舎より広い作りになっています。


↓ まずは、パイプを横に渡して、置いてみました(まだ仮置きで水平はとっていません)。

屋根設置1


↓ 勾配を正確にとりながら、3本のパイプを水準器で確認しながら水平に取り付けていきます。パイプを留める両端に都合よく垂直のパイプがあるわけではないので、固定する両端の部分の製作も兼ねてなので、この作業に時間がかかりました。

屋根設置2

↓ トタンを仮置きして、穴あけの位置決めをします。

屋根設置3


↓ 穴あけの印をつけたところを、ハンドドリルで穴を開けているところです(N地区は発電機がないので電動工具が使えません。日頃インパクトドライバーに慣れていると、ハンドドリルでの穴あけが大変だということがよくわかりました)。

屋根設置4

↓ 仮置きしたトタンを一旦はずして穴をあけ、ボルトで留めようとするやり方は、電動工具が使えないための苦肉の策だったのですが、ズレが生じることがわかったので、なんとかはずさずに行なえないかと思い、力がないので使うのを見合わせていた充電式ドリル(Mさんにお持ちいただいたもの)で、かなり無理やり、穴を開けることにしました。

屋根設置5

↓ 穴あけ後、下から、ボルトをパイプにひっかけてトタンの穴に通し、上で留めています。

屋根設置6

↓ この方式で、だいぶ、ペースが早くなってきました。

屋根設置8

↓ 屋根取り付け中の「ハヤテ」です。ずっと、こんな感じでおとなしくしてくれていました。
 ありがとね。   いい子です。

屋根設置中のハヤテ

↓ 完成です!!

屋根設置7

↓ 少し飛び出している箇所があるのは、後方のパイプがあるためで、仮置きしたときに、パイプに当たる部分を切って合わせようか、とも話し合ったのですが、なにせ電動ノコが使えず、サビサビのなまくら金切バサミで手切りしかないので、今回は見合わせました。

屋根設置9

↓ 離れて見たところです。

屋根設置10

↓ もともとN地区は傾斜地であり、犬舎自体が水平をとって建てられていないので、今回設置した屋根が斜めに見えます。でも、それは目の錯覚で、屋根の方が水平なのです。犬舎が水平でなくても支障はありませんが、屋根はきちんとしていないと雨水が予期せぬ方向に大量に流れたりする原因になりますから、今回、水平と勾配は正確にとりました。

屋根設置11

↓ これも離れて見たところ。一犬舎だけ屋根がかかっています。

屋根設置12

ここの犬たちを支援してくださる方々みなさまの思いが屋根という形になって現れたように感じられました。これで、この犬小屋が、雨に直接降られ、ビショビショになることもありません。雪や霜が、直接かかることもありません。夏、真上からの厳しい日差しも遮ってくれるでしょう。みなさまありがとうございました。

なんとか梅雨、初夏までには残りを完成させるぞ~

最後になりましたが、甲府のFと紹介いただいてきました、深沢天瑚(ふかさわたかこ)です。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

N地区犬舎屋根修繕(及びN地区改善)計画の経過報告

green.gif

すっかりご報告が遅くなりました。
実はかなり以前からFさんに
N地区の全体像を写したものを送って頂いていました。
ようやく多忙期も一段落しましたので、
今後は随時更新を心がけていきたいと思っています。

まず、順を追って報告したいと思います。
何故?N地区犬舎(中に犬小屋含む)に屋根が必要なのかと
いう点につきましては、
以前の記事にてお伝えいたしました通りです。

しかしながら、雪が積った状態では状況の把握がし辛いこともありましたので、
Fさんに画像をお願いしたのでした。
偶然にも1月11日Fさんのご主人様が撮影された画像があるとの事で、
すぐにお送りくださいました(Fさんは行動が早い!!のですね~)。
(それなのに、画像掲載が遅れました事、すみません。)

まずは、サイズを500x375に縮小した画像をご覧ください。
(このブログではこのサイズで最大、これ以上だとはみ出します…)
なので、
Fさんが、yahooフォトにアップしてくださいましたので、
原寸大でご覧頂けます。

縮小サイズの画像をFさんの説明文(私個人宛の文章ですが、説明文として
使用させていただきました)と共に掲載致します。

N地区1

「N地区マップ」(「俯瞰図」改め)でいうと、北から南の方を見ていることになります。
川側の犬舎に屋根がないのが、見てとれますか?道側の犬舎は物の影になって写っていません。

N地区2

同上です。

N地区3

犬小屋の上に乗っているのは、チョコ。その囲いが「牧場」と言われているところです。
(余談ですが、主人がこの写真を撮ったとき、
チョコが犬小屋の上に乗って主人の方(カメラの方)をずっと見ているのに、
主人は気づいていたそうです。何かご縁があったのでしょうか。
ご冥福をお祈りいたします)

N地区4

手前に写っている廃屋は、ずっと以前Kさんの住居となっていた所と聞いています。

N地区5

写っているのは、Kさんの後姿です。

オリジナル画像は
コチラです。
「N地区1」などの画像名をクリックして画像が表示された時点で
右上の「オリジナルサイズ」をクリックして頂けると原寸大の画像がご覧になれます。


green.gif


ご覧頂きました「N地区」の犬舎に屋根を設置したいとのお考えをお聞きしましたので、
みなさまにご協力のお願いをさせて頂く事に致しました。
決して強請ではなく、又多くを望むものでもありません。
フード一袋代金分を、犬たちの為にお力を貸していただけないでしょうか。
数件のホームセンター等を回り最安値の材料での見積もりを出して頂いています。
又小林さんやマルコさんが、廃材やリサイクルとして使用可能な材料も
探してくださっています。
もちろん、犬舎屋根設置につきましての材料費は
「山梨多頭飼育における問題の改善プロジェクト」口座から支出されます。
こちらの口座からは、犬たちの医療費を初め、犬舎修繕費、
譲渡会への燃料費などに使われますので、
お一人でも多くの支援者のみなさまのご協力をお願いしたいと思います。

3月22日に、まず一犬舎へ取り組まれるご予定です。
Fさんご夫妻、小林さん初め3名の参加となりますが(現在の予定です)、
男手が必要なことから、もしも現地でのお手伝いが可能な方がいらっしゃれば
是非ボランティアとしての参加をお願いしたいと思います。

私利私欲のない無償の愛を、現地で生きる犬たちの為に捧ぐ。
そのことへの感謝の気持ちを忘れることなく
遠く離れていても私たちに出来ること、応援させて頂けることに
精一杯向き合いたいと、そのように強く思います。
どうぞ、私たちと同じ人間の身勝手により
かつて苦痛を強いられてきた今は老いた犬たちの為に
温かいお気持ちを寄せて頂けますように
心からお願い致します。

※ご支援のお振込先は以下に記載致します。



犬たちへの支援先口座

口座情報: ゆうちょ銀行間
口座番号:10830-6572161
口座名:山梨多頭飼育における問題の改善プロジェクト 

口座情報:他行から
支店名: 〇八八店(ゼロハチハチと読みます)
口座番号:657216
口座名: 山梨多頭飼育における問題の改善プロジェクト


小林さんたちの生活費「労い支援」のお振込先、フードを初め支援物資の送付先は
コチラでご確認くださいね。

sienbussi.jpg

テーマ : ☆多頭飼い☆
ジャンル : ペット

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
10 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。