☆ご訪問ありがとうございます☆ 

ashiato1-10.gif多頭わんこのプロフィールashiato1-10.gif
[動物の命の大切さを考える部~SWEET HEART~
多頭飼育問題改善活動班・制作]を是非ご覧下さい。
1頭ずつのわんこの詳細が掲載されています。

09.gif 現在のyamanasiwanko全頭数は、3頭 
内、
現地2頭          ヒカリ、エース
預かり1頭        あや (8/30~仮譲渡)
※ミルク 2016/5  正式譲渡


2014年
1月8日  ラン 
1月10日 ポチ 
1月16日 雪
4月16日 アスカ
6月25日 らん丸 
7月27日 カナ 
12月6日 うめ 

2015年
1月21日 コロン
5月22日 ハナ
11月11日 りく 
11月13日 タマル が天国へ旅立ちました
 



09.gif「 山梨wankoチャリティーショップ 
ワンコイン(一口500円です)ご寄付のご協力をお願い致します。
※管理が出来ない状況ですので、勝手ながらショップ運営は休止しています。

09.gif支援物資の送付先はコチラになります。

☆ご協力をお願いします、現在の支援物資の内容です☆

チキンジャーキー 
人用ミネラルウォーター、カセットコンロ用ガスボンベ、
ロウソク(10号)←電気の代わりに使います、
温シップ(主にひざ)など。
※尚、人用の支援物資は小林さんからの依頼ではなく、
私が会話内容から勝手に必要物資と選択しています。
たくさんのご支援のおかげで、
ドッグフードは足りています、とのお話でした。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

09.gif 多くの方に山梨wankoを紹介したくて、ブログ村に登録しています。 
        にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
        にほんブログ村 
   一日一回クリックお願いできると嬉しいです!
09.gif楽天/Amazonからご購入の際は、
  当ブログ右端の「ご協力ください」の
  楽天/Amazonバナーより入り購入していただけると嬉しいです。

  発生ポイントは全て山梨のわんこへの支援とさせていただきます。
  よろしくお願い致します。
  ※会計毎にバナーからの入店が必要なようです。お手数お掛けします。  
09.gif「ご質問やお問合せ」はお手数ですがメールにてお知らせくださいね。
右サイドバーの「メールフォーム」からお願い致します。    
 

h-line5.gif 

※2010年4月末日〆より当ブログで会計報告を行っておりましたが、
しばらくの間 学生さんのブログにてご確認ください。
ご迷惑をおかけ致します。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

つき動かされる想い

IMG_0958.jpg


つき動かされる想いがある。
衝動にかられる、ではなく
促される、でもなく
つき動かされる、そんな想いが押し寄せる。

ほとんどパソコン前には座らないけれど、
時折、しっかりと画像や動画を観たくて、陣取ってみる。
副作用で目がかすむ傾向が強くなり
最新iphoneよりも小さな画面(iphone5)での閲覧には限界があり
そしてやっぱり少しでも大きな姿を観たくて
こんなふうにパソコン前に陣取っている。

つき動かされる想いは、
こちらのブログ 「トトの間へようこそ」
を訪問した直後から心に広がる。
これまで、山梨wankoたちの日々の詳細な部分を、
その生活リズムやふっとした表情や、意外な側面などを
全くと言っていいほどに知らないままに、
遠くから、遠く離れた地から、想いだけで
突き進んできたのだなぁ、と改めて思う。
小林さんの言葉・学生さんのブログでの記事内容、
それが私の知る「山梨現地」のすべてだったような気がする。
今は亡きアスカの遺骨、じいちゃんwankoの伸とさちほ(くん)、
ばあちゃんwankoのすず(さん)、3頭の山梨wankoの日常が
ソコには延々と綴られている。

現地以外で初めて見る犬たちのさまざまな表情に触れる度、
心の一番奥深い個所から、じわ~っとではなく
急速に飛び出す勢いの つき動かされる想い、がある。
どのような命にも「生きる権限」があり、
「幸せになる権利」があり、
天寿を全うする為の寿命が与えられている。
けれども、寿命とは無関係に闇に葬り去られる命の多過ぎる現実で
昨日も今日も明日も私たちは、その同じ現実社会で生きている。
確かに、そのような想い・遺棄され処分される命への哀悼とジレンマが
常に心を過っていたとしても、
現実世界に於いての「実行」には、行動力と判断力、決断力、
そして何よりも不変的な深く大きな愛情が必要になり、
多くの人たちは、ただ目の前のモニターに映し出される不安で
押し潰れそうな命に対して、目を閉じるしかない。
と、自分も含めてそう思う。

けれども、
こんなにも不条理な世界で力の限り闘う人たちがいる。
1頭でも多くの命にやさしく添い、
理不尽な制度に反旗を翻して、闘いを挑み発信し続ける人たちがいる。
頼りなげで不安色した震える命に寄り添い続ける人たちがいる。
そのことに、その現実に、改めて
つき動かされている。

年老いてつかみ取った自由で穏やかで幸せな日々。
ほんとうに、ほんとうに、
よかったね、旧山梨wankoたち。
あなたたちの為に日々奔走してくれる現在のおとうさんの為に
その幸せな日々が一日でも長く続きますように、願っています。

けいせつさん、他力本願な記事内容でごめんなさい。
いつもいつも、楽しい記事を更新してくださり
心より感謝いたします。
ふっくんにも今度こそやさしく責任感の強い、
そして心の豊かな里親さまが見つかりますようにと
祈っています。

遺棄された命たちの為に奔走してくださる
保護活動に携わっておられる方たち、
山梨の支援者さまにも多くおられますが、
みなさまの行動力と包容力、深い深い愛情に対しまして
心より感謝いたします。
ほんとうに、
ありがとうございます。
みなさまの行動力・発信力にいつも頭を深く下げるばかりです。
自分も可能な限り、
せめてコトバで発信していければと思っています。


※最後までお読みくださり、ありがとうございました。


小林さん、おめでとうございます!

                      flower20140311.jpg

今日3月11日は、小林さんのお誕生日です。
少し時間が早いかなぁ、と思いながら
小林さんとの通話専用ウィルコムに手を伸ばし。。
いつもは、お昼頃まで
N地区で犬たちのお世話や作業をしておられるのですが、
今日は9時過ぎにつながりました。

学生さんたちがお祝に来られるので小林さんもお迎えに。
今日明日とお誕生日会は盛り上がりそうですね。
心なしか声が弾んでいましたヨ。
早朝よりお祝メールが続々と届いているそうです。
私は昨日お手紙をポストに投函しました、
少し遅れてしまい、反省反省です。

そして
みなさま、ご心配の積雪状況なのですが、
重機による除雪以降、うっすらと一度だけ積もったものの
四輪駆動車で麓と現場を颯爽と?往復出来ているようでした。
予報でも、いよいよ春の訪れとのことですから
一安心しています。
ご心配下さったみなさまには
心よりお礼申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。

いや~ぁ、年々堪えますよ。
と言われる小林さんは今日72才になられました。
山梨わんこたちのお父さんとして
長年山でがんばってこられました。
感謝の想いしかありません、
どうぞ、お体大切に、いつまでもお元気でいてくださいね。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

大雪災害の山梨現地

とにかく
毎日心配で心配で仕方ありません。
テレビ・ラジオのニュース番組では、
山梨県の大雪状況を伝えるものばかりです。
無力を感じる日々に、
それでも何か出来ることはないかと、
そればかり考えています。

既にご存知の方が多いかと思うのですが、
小林さんの携帯電話の充電が思うように出来ない為、
直接の連絡は控えて欲しいとのお願いが、
学生さんの方からありました。

電気が通っていない場所ですから、
発電機か車を使っての充電と以前お聞きしていました。
そのガソリンも現在山梨全域で不足しているようです。

以下はNHK甲府放送局の災害情報からのコピーになります。

『2月17日 18時33分「山梨県全域がほぼ孤立状態」』

大雪の影響で山梨県では
周辺の県から県内に入るほとんどの道路が通行できず、
山梨県全域がほぼ孤立した状態となっています。

物流などが滞り、県民生活にさまざまな影響が広がっています。
山梨県内では、午後5時現在、
あわせて40か所の国道や県道が通行止めになっているほか、
県内を走る中央自動車道も通行止めの状態が続いています。

また、渋滞で進めない区間も多く、
長野や埼玉など周辺の県から
山梨県内に入るほぼすべての道路が事実上、通行できなくなり、
山梨県全域がほぼ孤立した状態となっています。

このため、物流が滞って、
県民生活にさまざまな影響が広がっています。
このうち富士吉田市の青果の卸売市場では、
東京の市場などから野菜が届かず
17日朝の入荷はふだんの30分の1以下にとどまりました。
また、県内のコンビニエンスストアも、品薄の状態が続き、
大手コンビニチェーンでは
ヘリコプターでパンを緊急輸送したということです。

このほか県内のガソリンスタンドでは
ガソリンや灯油、軽油の在庫が
ほぼ底をついたところも出ているということで、
道志村では、このままでは生活に支障が出るとして、
県を通じて自衛隊に支援を要請しました。


最新の情報としましては、
コチラ でお読みいただければと思います。


県の対応の遅れなどに非難が集中していますが、
まずは国が早急に動くべきではないかと思います。
自然災害に見舞われた時、常に感じるのは
国の対応が遅い、という現実です。

今朝、テレビ朝日の某番組で、
山梨県都留市の住宅街の様子が放映されていました。
住宅街でさえ、家屋を阻むかのような雪の壁が
ぎっしりと立ちはだかっていました。
更に山奥のN地区では、いいえ
N地区へたどり着くまでの道は
おそらく想像を遥かに超えた積雪なのだと思います。

私たちは、写真を見ては「どうか無事で」と祈ります。
せめて祈ることしか出来ない無力を
きっと、私と同じように多くの方が
痛感しておられることと思います。
けれど、小林さんはただ一人で、
写真ではない「現実」と向き合い、
日々、犬たちの為だけに
過酷な重労働に奔走されているのです。
様々な情報を得ながら、学生さんの言われているように
今は直接連絡は避ける、をみなさんと伴に
ご協力しなければ、と強く思うのです。

小林さんとの交流は8年前に遡ります。
その中で、特に印象、いえ、心に残っている言葉があります。
それは、
「山の神さまが護ってくれているから大丈夫!」
そして、もうひとつは、
「僕はいつでも犬と共倒れ、を覚悟してますよ。
犬がいなくなれば僕も山を下ります。」

犬たちの為に、すべてを封印され
山に移住決意をされた小林さんです。
きっと、きっと、
山の神さまが護って下さる
そのように信じています。

どうか、山の神さま
小林さんと犬たちを御守りください。
数日後には、雪もとけて、
再び小林さんの明るく元気な声が聴けますように、と
今はただ、祈るばかりです。

100818_1741~01-1

ポンタ
どうかタロウやカイばあちゃんや
たくさんの山梨wankoたちと一緒に
小林さんを護ってくださいね。

あと、一ヶ月足らずで
小林さんは72歳になられます。
今年は僕、年男なんですよ~。とついこの間
お話したばかりです。
傷めた膝が悪化しませんように。
そして、一日も早く
笑顔で学生さんたちと再会出来ますように。
ご心配のみなさまとご一緒に
山梨に向けて願い続けたいと思います。

最後になりましたが、
仕事上の取引のある翌日必着・宅配業者のドライバーに
聞いたのですが、現在
関東より神戸への荷物は4日遅れとなっているようです。
学生さんからの支援要請があるまで、
しばらく物資送付は控えなければと考えていますので、
その点もどうぞご協力くださいますように
勝手ながらお願いいたします。

小林さん
くれぐれもご無理されませんように。
ご自身の体力を最優先して下さることを
心から願っています。

※想いが募り、支離滅裂な内容・順序の記事で
読みづらいかと思います。
最後までお付き合いくださり
ありがとうございました。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

ブログをしばらくお休みします

大変心苦しいのですが、
ブログをしばらくお休みしたいと思います。

一ヶ月ほど前から、病状の悪化により
体調が一向に安定しません。
心には常に不安材料が多くあり、
現在の状態では、ブログ継続は精神的にも困難となり、
誠に勝手ながら、
しばらくの間、ブログをお休みさせて頂きたいと思います。
本当に申し訳ございません。

又、いつの日かこの場所へ戻ってこれることを願い
何とか乗り越えたいと思います。

尚、先日小林さんにご連絡しました折に
その姫がトライアル中であること、
リクの里親さまが決まるかもしれないこと、を
お聞きしました。
心から嬉しく思います。

これまでご支援頂いたみなさまには
心よりお礼とお詫びを申し上げます。

35頭の山梨ワンコたちの穏やかな日々と、
ささやかな幸せが続きますように。
それだけを日々願っております。

ありがとうございました。


2013年5月14日「LOVE!!yamanasiwanko」管理人 夏ママ

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

家族に見守られて

先日届いた小林さんからのお便りに
2頭の元・山梨wankoの訃報が綴られていました。
「共に三年ほどだったでしょうか。」
そんな言葉が添えられていました。
なので、約三年前の記事を探してみました。

2009年7月26日、
里親様の元へ幸せな旅立ちをした「ブラッキー」
三年と数日…2012年8月4日、
かつての仲間たちのいる空の上へと旅立ちました。


里親さまの元で
「家庭犬」としての幸せな日々を過ごしたブラッキー。
(旧名)ブラッキーさんのご冥福を心よりお祈りいたします。


burakki.jpg


☆・・・・・☆・・・・・☆


2008年11月23日、
リキは、当時預かってもらっていた学生さんに
正式に譲渡され、
新しい生活をスタートしました。
以来三年と9ヶ月以上、リキはやさしい学生さんに
愛情を注がれ幸せな日々を過ごしたと思います。

2012年8月31日、
茶目っ気タップリで愛らしいリキは
お星さまになりました。
幸せだったね、リキさん。
当時のご報告の記事です。

http://tatou0225.blog81.fc2.com/blog-entry-214.html


rikissize.jpg

リキさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

※ 画像は共に学生さんのホームページ内
「新しい飼い主さん決定!」よりお借りしています。


幸せになった山梨wankoたち。
最期の日々を家族に見守られ旅立つ山梨wankoたち。
あなたたちにも、幸せになる権利が
必ず与えられていると信じていたので
例え数年間だったとしても、
人のやさしさを知ることが出来て、
人の温もりを感じられて、本当によかったね。
心から、そんなふうに思うんです。
その一方で、
もぉ以前のように餓えで苦しむことなどないけれど、
精一杯、現地で生き抜く山梨wankoたちがいる、その現実を
知って欲しいと願います。
そして生涯をひっそりと山で生き、
小林さんに看取られ、あるいは誰にも看取られず
永遠の眠りにつかなければならない、そんな
「山梨wankoたち」が今尚、
暑さ寒さに耐え山で暮らしているという現実を
心に留めて頂ければと願います。

400頭以上いた犬たちは
僅か38頭となりました。
すっかり年老いた犬たちが、
少しでも不安や苦しみのない日々を送って欲しい。
それだけが私の願いです。
そして出来ることならば、
せめて余生は「家庭犬」としての幸せを
そのご縁を、一頭でも多くの犬たちに
一日でも長く与えられますようにと、毎日祈り続けています。

私たちは、山に散った数百頭の犬たちを
決して忘れないでいたい、と強く思います。
いいえ、むしろ決して忘れてはいけないのだと。
かつて人に裏切られ苦痛を強いられながら
その生涯を閉じた多くの犬たちの魂に
少しでも寄り添っていたいと、そぉ思います。

非力ではあるのですけれど、可能な限り
犬たちの想いを代弁できればとの気持ちから
このような記述になってしまいました。

どうかお一人でも多くの方に
この猛暑の中過酷な環境で生きる38頭の犬たちへ
お気持ち寄せて下さいますように
心からお願い致します。

山梨wankoたちの幸せな余生を祈っています。


お読みくださり、ありがとうございました。

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

支えられて

最初に
更新出来ない日々が続いていること
心からお詫びいたします、ごめんなさい。
ブログのみならず、『山梨wankoチャリティーショップ』まで
放置に近い状態で心苦しく感じています。

いつだったか、耳に届いた言葉があります。
神さまは、乗り越えられない試練を与えない、と。
そうなのだろうか、ほんとうにそうなのだろうか、
気がつくと心の中身は「その言葉」でぎゅうぎゅう詰めなのです。
今想えば、
相談していたり、愚痴を吐き出したり、
指先に想い込めキーを叩いたり、
それらがデキル時、きっと少しは心に余裕があるんだ、と。

更に、背負う荷物が新たに増え
決して頑丈ではない私の両肩は
鎖骨に触れるだけで激痛が走るほどにぼろぼろな感覚です。
だけど、
そうなんです、このようにパソコンへ向き合う心状態ということは
ほんの少しだけ心に隙間風吹き込む余裕を感じる朝だから、
そんな気がします、空は、どんより灰色の雲に覆い尽くされているけれど。

時々は、
これまで他人事であった介護鬱(のような)状態に陥り、
何もかも嫌になり、そして頭が真っ白になり、
視界には緞帳が下ろされ、鼓膜にも頑強な耳栓押し込まれ、
な日もありました。これからも
そのような感覚が訪れるかもしれません、先は長いですから。
でも、私には犬たちがいて、
そんな時はいつも愛する犬たちに救われてきました。
そして、
日々めまぐるしく変わる現状にぐんと落ち込む時
携帯電話を手に、ブックマークしている管理画面から
支援者の方たちから寄せられたコメントを
私、いつも読み返しているのです。

そのどれもが
あたたかく、心強く、励まされています、ほんとうに
ほんとうにありがとうございます。

それなのに、きちんと向き合ってお返事を、という
融通の利かない点が仇となり、
こんなにも長い間のお返事放置、申し訳ないです、ごめんなさい。
今から、随分独りよがりなお返事書かせて頂きたいと思いますので
又お読みくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。


支えられて


これまで幾度となく聳え立つ壁の前に立ち竦んでいた時
山梨wankoたちの支援者のみなさまに
支えられながら、歩いてきました。
心から感謝しています。
ほんとうにありがとうございました。
どうぞ、私はこんな状態ですけれど、
変わらずに山梨の犬たちを温かく見守ってくださいね。


犬たちの為に
小林さんたちの為に
フードをはじめ、たくさんの支援物資をお送りくださるみなさま、
ありがとうございます。

犬たちの為に
小林さんたちの為に
ご寄付をお寄せくださるみなさま、
ありがとうございます。

楽天・amazon、各アフィリエイトにてご協力くださるみなさま、
ありがとうございます。

ブログをご訪問くださるみなさま、『山梨wankoチャリティーショップ』へ
アクセスしてくださるみなさま、
ありがとうございます。

ブログ村にて応援してくださるみなさま、
拍手にて応援してくださるみなさま、
ありがとうございます。

心の応援メッセージを届けてくださるみなさま、
ありがとうございます。

そして、
じゅんこさん。
変わらずに山梨wankoたちや小林さんたちの為に
さまざまなご協力くださり、ありがとうございます。

【10月16日11時~14時/東京都の中池袋公園で
支援のフリマ出店予定】


いつもご苦労さまです。感謝しています。

みなさまに「支えられて」、山梨wankoたちの「いま」があります。
すべての方たちに、心より感謝申し上げます。
年老いた54頭の犬たちが、これからも
つつましくも穏やかな余生を過ごせますように、
お一人でも多くの方たちにお心寄せて頂きますように
心からお願いいたします。

山梨の山間にてひっそりと生きる老犬たち
1頭1頭すべての犬たちが
2度と苦痛を強いられることなどなく
穏やかな時間に守られながら、静かな寝息を立てられる日々が
いつまでも続きますように。

54頭の山梨wankoたちに
オナカイッパイの小さな幸せを

今後とも
山梨の犬たちを、どうぞよろしくお願いいたします。



最後まで支離滅裂な記事をお読み下さり、
ありがとうございました。        夏ママ




テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

ありがとうございます

山梨wankoたちを応援してくださるみなさま。

大変ご無沙汰してしまいました。
変わらずに「山梨wankoたち」を温かく見守ってくださり、
ご寄付やご支援物資の数々をご協力頂きましてありがとうございます。
心からお礼申し上げます。
そして、励ましのコメントやご心配のメール、お電話…
とても嬉しく幸せに思います、きっと日毎のアクシデントを乗り越えられたのは
みなさまの温かくやさしいお気持ちが支えとなっていたからだと
つくづく感じています。
ほんとうにありがとうございました。

ブログをお休みさせて頂いていた理由(の現状況)の改善は未だ望めないのです。
(手術は無事済みおかげさまで退院しましたが、
以前の日常は取り戻せそうにないのです)
様々な手続きを終え、明日からようやく
自治体の介護サービスを利用出来るようになりましたので、
「山梨へ向き合う」時間も作れるのではないかと思っています。
曖昧な状況での記事更新は、かえってみなさまに失礼ではないかと迷ったのですが
やはりご報告する義務があると考えました。
プライベート的な事情を弁解に使うこと自体躊躇するのですが、
そこに触れなければ前へ進めないような気持ちにかられてしまいます。
押し付けがましく、一方的な内容ですみません。

願っていたような”日常”が戻ってこない現実に
日々自分の人生を嘆き怨むような ちっぽけな人間 のままに
幾度も(目の前の現実から)逃げ出したい、
と心で叫びながら過ごしていたように思います。

決してどのような状況でも忘れてはいけない「人間の尊厳」を
常に意識しながら、その一方で(もう一人の)自分と闘っていました。
まるで試されているかのような錯覚にも陥りました。
本当は「ふり」をしていて、「いい嫁」のお面を被った私を試しているの?
途中、精神的に追い詰められ、それはきっと
過去と現実とのあまりのギャップに、
元々考え方が不器用な為うまく整理できず
過呼吸状態に陥っていたのかもしれません。
そんな自分に 一体この先山梨の犬たちへの想いが貫けるのか、
山梨の犬たちへの愛情を抱き続けられるのか、
と自問を繰り返していました。
今度、戻る時は決して後戻り出来ない、という強い想いと、
命に関わるということへの重圧を今更ながら痛切に感じています。

もちろん
それは私の驕りであると思います。
実質的に犬たちの世話をされているのは小林さんであり、
現地活動のお手伝いをされているのは学生さん達です。
背負う必要のない(誰からも押し付けられている訳でもない)責任感に
がんじがらめになっている道化師のような自分が、
殊更不遜に思います。

それでも、私は「山梨」から離れられないのです。
一袋のフードご支援をご協力して頂きたくて開設したブログです。
あまりの惨状にその命の軽視に身震いして、気がつけば
心ごと「山梨」へ飛んでいました。
いつしか、ご寄付のお願いや会計報告まで担う立場になり
それは「不本意」だと、いつも逃げ道を作っていたように思うのです。

ブログ更新をお休みしている期間にも
『山梨wankoチャリティーショップ』へご寄付して下さる方たち。
更新がなくても、懸命にブログ村で応援して下さる方たち。
大丈夫ですか?とメールを下さる方たち。
いつも私の気持ちの捌け口になってくださる方。
私は、人として、一人の人間として、
人々のやさしさに「ありがとう」と
心の底からささやきたい、大きな声で叫びたい。

ここをご訪問くださるすべての人たちの心が、
人間から見捨てられた命たちに真っ直ぐに向けられている。
その輪の内側で、私は自分を取り戻したい。
以前のように、山梨の山間で生きる犬たちを想っていたい。
その老いた命たちが、
せめて穏やかな余生を生きれるように願っていたい。

正直に言います。
今後、私生活では更に立場は厳しいものになるかもしれませんけれど
ココから離れて私が私でいられる自信がありません。
相手に対する人間としての尊厳を、そして
やさしさを抱き続ける為に、私にはココが必要です。
時間的にご迷惑をおかけすることもあると思いますが
精一杯、山梨wankoたちの為にがんばりますので
どうぞこれからも応援してくださいますよう
心からお願い致します。


いつも
どんな状況でも
犠牲になるのは弱い立場の犬や猫たち。

友人から、某所の崩壊を知らされ
今も信じられない想いでいっぱいです。
こちらでも幾度か記事にて
ご紹介させて頂いたことがありますので
責任を感じています。
そのことにつきましては
何れ想いを綴りたいと思います。
今はまだ崩壊への経緯も詳しく知りませんので
控えさせてくださいね。

ただし。。。
もしも
このブログとの出会いで
「支援」への想いを抱いてくださる方がいらっしゃるのなら
私にはそのお気持ちを決して裏切らないことへの
責任があると思っています。
今後、こういう曖昧な状況で関わることへの不安はつきませんけれど、
自分に出来る限りのことは続けたい、
いえそうしなければいけないと、強く思いました。

大切なことが最後になりました、すみません。
『山梨wankoチャリティーショップ』のご寄付内訳を
コチラへ更新しました。
会計報告は、小林さんから書類が届き次第
なるべく早くご報告させて頂きたいと思います。
犬たちの様子も早々に詳しくお聞きしますので
今しばらくお待ちくださいね、お願い致します。


***

長々とまとまりのない記事内容でごめんなさい。
コメント頂戴しているみなさま。
お返事大変遅くなりごめんなさい。
やさしいお言葉の数々、心から感謝しています。
とてもとても嬉しかったです。
ありがとうございました。

 
   夏ママ


テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

みなさまへのご報告とお詫び

ご無沙汰しています、更新を怠っていますこと
心からお詫び致します、申し訳なく思っています。
ごめんなさい。

個人的な事情になります。
ブログ継続につきまして
毎日毎日ソノコトが心から消えることはありませんでした。
私を取り巻く環境が大きく変化してしまい、
それは居住等の現実的な環境の変化に加え
立場的な環境の変化が想像以上に大きなものになりました。
家庭の事情ですので、具体的な記述は避けたいと思うのですが、
これまでのようにパソコンへ向かう時間は、現在皆無の状況です。
(夜は疲れきって眠ってしまいます)
それでも、出来るならば、との想いから
「山梨」へ向き合う時間的な余裕と
”心の余裕”を探り続けてきました。
けれど、日を追うごとにソレは不可能だと感じるようになりました。

私は今、精一杯向き合わなければならないこと
寄り添い手を握り締め続けなければいけない人、
そして、仕事、愛犬たちへの想いで
毎日、全速力で駆けているような状態です。
そんな中、しばらく「山梨」から離れることへの挫折感と
自責の念との間で、ほんとうに心がきついです。

大変、わがままを言います。
病人が無事に大手術を終え、以前の日常生活に戻れる予定の7月まで
私・夏ママとしてのブログ更新をお休みしたいと思います。

最小限、会計報告とご支援物資のご報告だけでも、と
思っていたのですが、更新出来ません。
ほんとうに無責任でごめんなさい。
4月末日〆でのフードの残量は、
みなさまの温かいお気持ちにて、1000キロ以上ありました。
会計報告、並びに支援物資詳細につきましては
学生さんがブログでご報告されています
学生さんへお願いがあります。
小林さんからのご報告に、フードや缶詰などの在庫量もあると思いますので
そちらもお願い致します、責任逃れでスミマセン。
それから、
フリマのご報告、アフィリエイトのご報告は
これまでどおり、
じゅんこさんが更新してくださいます。

がんばる、という言葉は1・17の大震災以降使用しなくなりました。
だけど
今、私がみなさまに伝えられる言葉は
がんばります。
その一言だけのような気がします。
大変精神的にきつい日々を送っていますけれど
必ず、ココへ戻り
又山梨wankoたちに誠心誠意向き合えるように
”今”をがんばります

みなさまには留守中、ご迷惑をおかけすることも多々あるかと思います。
ほんとうにごめんなさい。

どうか
どうか、山梨の犬たちが元気で日々を過ごしてくれますように。
どうぞ
今後とも、山梨wankoたちを温かく見守ってくださいますように
心からお願いいたします。

とても一方的で無責任なご報告になります、
わがままなのですが、ご理解くださると心が安堵致します。



山梨wankoたちの小さな幸せが
いつまでもいつまでも続きますように。



支援者のみなさまもどうぞお体ご自愛くださいね。

ありがとうございました。



2011年5月20日  夏ママ

テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

誤情報のひとり歩き

ある日、某サイトにて
山梨wankoたちが暮らす現場についての誤った認識を目にしました。
「犬の駆け込み寺」と記されていました。
もちろん、サイト管理者の方の悪意はゼロです。
ご当人も、そのように言われているとかいないとか。。。と、
そのような表現でした。
あるいは、問題視することの方が神経質過ぎるのかもしれません。
ただし、多方面でリンクされているサイトですので、
不安が渦巻きました。

駆け込み寺
という文字を目にした時から、
喉の奥に魚の骨がひっかかっているような違和感を
ずっと感じていました。

なぜなら
現地では”1頭も増やさない”ことを条件に
山で暮らす犬たちの命が保障されているからです。
現地に於きまして
立ち退き、つまり現場の撤去を望む為の署名運動が展開されたことは
以前にもお伝えしましたが、
地元反対住民の方たちと小林さんとの間に
行政が双方の意見を取りまとめる意味で介入してくださり、
結果的に「犬たちを1頭も増やさない」という条件が決められ
現在に至っています。

そういう意味で、山梨wankoたちの現場は
多頭崩壊現場、と言えど特異なケースであると感じています。
犬たちは年老い、譲渡での旅立ちよりも
圧倒的に命を閉じることでの頭数減少が目立ってきています。
時々、
やりきれなくせつない想いにかられます。

学生さん主体で、毎月・第三日曜日、
パクス大和さん主催の譲渡会へ参加させて頂き、
1頭でも家庭犬としての幸せを。と願い
活動されている状況を考える時、
未来を信じ前向きな姿勢を見習わなければ、と思います。

ただ、
私はあまりにも多くの真実を知り過ぎてしまい、
心が落ち込むことも多々あり、正直キツイと感じています。

頭数が減りゆく
どうしてもそこに 老犬の死 を重ねてしまうのです。

せめて天寿を全うするまでは
全頭が穏やかに過ごせますように。
その想いだけで微力ながらも小林さんの、学生さん達の、
サポート役として発信を続けています。

誤った情報のネット社会に於けるひとり歩き。
それは予想外の方向へ突き進む場合があります。

私もネット社会を歩き始めた当初、
未確認情報記載・転載などで
他の方にご迷惑をおかけしたこともあります。
その都度、言葉厳しく導いてくれた友人がいました。
ネット社会に於けるすべてを教わりました。
彼女には多くのことを学び、現在も記事を書く時は
彼女の顔を思い浮かべながら、公開前に読み直します。
私はまだまだ不完全であり、感情論に偏る傾向があります。
なので、こういう類の記事は本来ならば、NGなのかもしれません。
でも
あえて、やはり自分の本心を綴ろうと思いました。

駆け込み寺
もちろん、その表現を使われた方は、
きっと良い意味でそう書かれたのだと思います。
駆け込み寺の崇高な住職さんは、小林さんとの
そんな想いを抱かれているのかもしれません。

なので、決して非難めいた意味合いでないことだけは
どうぞわかっていただきたいと願います。

K地区・N地区の山梨現場は、
行政の管理下にあります。
毎月一度の頭数確認は、市の職員さんが小林さん立会いの元
行われています。
現場に於いて絶対に頭数を増やさない。
これが現在の61頭が穏やかに余生を過ごせる条件です。
支援者さまを初め、このブログをご覧になられた方は
そのあたりの現場の状況をご理解くださいますように
心からお願い致します。

それと
最近某TV番組にて、
タレントの好きなビデオを紹介するコーナーで
「犬と猫と人間と」をあげたタレントさんがいたそうです。
私は観ていないのですが、
番組では、犬好きのおじいさんが犬を増やした挙句
どうにも出来ず若い人たちがボランティア活動の一環として
現場を支えている。とそういう紹介をされたようです。

「犬と猫と人間と」の飯田監督から小林さんにお電話があり、
申し訳ない、映画の趣旨が伝わらなかったのは僕の責任です。と
何度もお詫びされた、と先日小林さんにお聞きしました。
TV番組という最大マスメディアの場でさえ、
このような誤った情報を確認することもなく
全国に流してしまう。
とても怖いことだと思います。

小林さんは、当時設立された「多頭飼育対策本部」の
トップから、つまり市から委託され
現場の責任者になられました。
小林さんが無責任に放棄された犬たちを集めたのではありません。

よほど番組に対して何らかの抗議を伝えようとも思いましたが、
小林さんの本意ではないのでしていません。

誤った情報・間違った認識。
それらが犬たちの穏やかな日々を損なうことがないかと
いつも案じています。

K地区・N地区の山梨多頭飼育現場は
行政の管理下の元、現存しています。
本来ならば犬の飼育放棄は確実な罰則を与えられるべきですが、
実践されていないのも現実です。

犬の駆け込み寺、などでは決してないことを
どうぞご理解ください、お願い致します。

老犬たちに せめて穏やかな余生を。

つつましくもささやかな幸せを見守ることが、
同じ”人間”が犯した罪を背負った私たちに、出来ることだと思っています。




green.gif 

 山梨wankoチャリティーショップ 

「ワンコインご寄付」(500円一口となっています)
のチャリティーショップを開設しました。
みなさまの小さなお気持ちが、
やがて大きな輪となりますことを願っています。
趣旨にご賛同してくださった方は、
ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。


green.gif


hhr08.gifご支援につきましてはお手数ですがコチラでご確認ください。


green.gif


お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
お一人でも多くの方たちに
ほんの少~しお気持ち寄せていただきたくてランキングに参加しました。
応援してくださいねどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 クリックしてくださいね。




テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

ブログ村登録のお知らせ

今日は(あ、日付変更してました、昨日ですね)春らしい陽気となりました。
本日4月7日は寒さが戻るそうですので、体調崩さないように
どうぞみなさまもくれぐれもご注意くださいね。

さて。。。
仕事にかまけて中々更新出来ない日々
じゅんこさんが「にほんブログ村」に登録して下さっていました。
お一人でも多く方たちに
山梨wankoの存在を知って頂く為、
そして、現地でひっそりと生きる犬たちへ
ほんの少しお気持ち寄せて頂く為にランキングに参加していますので、
どうぞ応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


大変嬉しいお申し出がありました。
学生さんから知らせて頂いたのですが、ブログをご覧くださった方から
フリマ出店の為のご支援をご連絡頂きました。
本当にありがとうございます。
まだ3名での「新しいブログ」スタートが馴染んでいないかもしれませんけれど、
個々に直接連絡し合って、
必ず「地に足着いた」サイト運営が行えるものと確信していますので、
どうぞお時間頂ければとお願い致します。
又、何かご質問などございました時には
右サイドバーの「メールフォーム」よりお尋ねくださればと思います。
(出来る限り迅速に対応させて頂く事をモットーに!ガンバリマス)。
試行錯誤の段階ではあるのですけれど、
支援者のみなさまと、伴に力を合わせて
山梨県の山間にてひっそりと暮らす73頭の犬たちを
見守り応援したいと思っていますので、
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

73頭の老犬たちに オナカイッパイの幸せを!!

みなさまのご協力をお待ちしています。


ご支援のお願い

ご支援のお願い・並びにお振込先はこちらでご確認くださいね。




テーマ : ☆動物愛護☆
ジャンル : ペット

ご支援のお願い
お振込先・送付先は コチラ       hhr08.gif 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご協力下さい!
楽天のアフィリエイトに参加しています。
ショップにてご購入の際は、コチラのバナーより入ってご購入していただけると嬉しいです♪
山梨wankoチャリティーショップ
shopbanaresize.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

FJNyamanasi

Author:FJNyamanasi
yamanasiwanko応援ブログへのご訪問ありがとうございます。  

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR